ジェシー・ジェームズの暗殺の作品情報・感想・評価

「ジェシー・ジェームズの暗殺」に投稿された感想・評価

かりん

かりんの感想・評価

3.0
評価があまり高くないのは何故かなと思ってた。観てわかった。つまらん…。
ダラダラ長いだけ。
ブラピの演技は…。ジェシージェームズに魅力が無く、ストーリーに抑揚がない。
後半はよかった。何故ならフォード兄弟の追い詰められ方が観てて辛い。兄弟を演じたサムロックウェルとケイシーアフレック目当てで観たけど、2人の演技は本当に良かった。彼らのやつれ方を観るためだけにあるような。2人が最後のまで出てこなければすぐ消してたなあ。
Santa

Santaの感想・評価

3.3
ブラピもとても良かったし、助演のケイシー・アフレックが素晴らしかった🌟
しかし描写がクールと言うか淡々とし過ぎというか、興味をそそられ面白い、とは言い難い作品。また、ストーリー上仕方ないのかもしれないが、終始うつ病的だと感じた。
正月に見る映画ではないな、と思いつつ(じゃあ何が相応しい映画なのか)鑑賞。
久々に美しいブラピ!というよりかは、ケイシー演じるボブの哀れみを際立たさる為の説得力みたいなものか。ケイシーも二十歳って役柄には少し無理あるけど、二十代には見えてしまう、向こう見ずで傲慢な態度や言動、焦燥感、浅はかにニヤつく表情や青さが凄く上手い!
DVDで観たにもかかわらず映像の美しさ(ちょっとあざとさもあるが)にも驚き。全編セピアがかった色数を抑えた渋さでも、木々や灯、水、雪など自然の生々しさが伝わる。サム・ロックウェルやジェレミー・レナーも出てるし、配役が先見の明ありすぎ。

ニック・ケイヴも出てます!
没入するにはテーマが、ちょっと…ちょっとちょっとだった😅

後にオスカーを獲った、ケイシー・アフレックの方に目がいった👁️
1127sn

1127snの感想・評価

3.3
終始緊張感はあるが、銃撃戦はかっこわるいし、台詞はダラダラと、不器用で妙な余白は、ブラット・ピットの持つ「間」につうじるのかな、と思いました。
felicity

felicityの感想・評価

3.9
マンチェスター・バイ・ザ・シーを見てすっかりケイシー・アフレックの作品を追ってて、その中でもずっと見たかった映画。

アメリカ人はきっと日本の「忠臣蔵」みたいに全てわかって見てるんだろうなと思うけど日本人の私にはジェシー・ジェームズのすごさがあまりわからない。でも憧れの人を前にしてキラキラした目を向けたり、その人に蔑ろにされて腹が立ったりする気持ちはわかるし、そういう若者心理の演技は凄いなと思う。ちょっと痛々しさすら感じるし。
そして周りにたくさん人はいても誰も信じられなくて孤独な英雄のジェシーも悲しい。

映像も音楽も綺麗だけどやっぱりちょっと長いかな…。サム・ロックウェルのお兄ちゃんも良かったし、ジェレミー・レナーも出ていて今見ると豪華!
Keita

Keitaの感想・評価

3.5
とにかく静かで暗い
集中して見るのが大変だけど、心理描写がすごくて俳優さんたちの演技もいいし、いい映画なんだろうと思う
もう一回見てみたい
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

4.5
映像がすごい!!ケイシー・アフレックはじめ、演技もよいし、すごくいい映画だった。
日本人には感情移入しにくかったですね。
誰?感が半端ないです
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2017.11.5 GYAO!

時代に取り残されてしまった西部劇。ロジャー・ディーキンスのカメラが切り取る陰影、構図、ロングショットの視覚的な豊かさも尋常じゃない。ブラッド・ピットが見つめる馬の絵…
>|