ジェシー・ジェームズの暗殺の作品情報・感想・評価

「ジェシー・ジェームズの暗殺」に投稿された感想・評価

ジェレミーレナー目的で見たので…
すみません途中寝ました。
ジェレミーがまた1人死にました。
主人公がなんか生理的に無理でした。
そもそもこの画が美しいとは思わんのだが、たとえそうであったとしても美しいだけでは映画にならない。
ぽんた

ぽんたの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

プラピとケイシーアフレックが出てるという理由で観たけど、ジェレミー・レナーもサム・ロックウェルも出てて嬉しかった。

静かで物悲しい映画だったなあ。静かなんだけど、常に薄っすらと緊張感が漂う。プラピ演じるジェシーの存在がそれを漂わせてる。そして基本的に誰かしら銃を手にしてるし、「う、打つのか!?」「ば、ばれた!?」みたいな一触即発なシーンが結構あっていつバンッと銃声がなるかビクビクしながら鑑賞。

そうは言いながらも、序盤〜中盤は似たような雰囲気や景色が続き、盛り上がりどころがあまりないまま話も静かに進むので少し気が散っちゃった。
ジェシー・ジェームズの事もよく知らないで見たから、カリスマ的だけど情緒不安定で何考えてるかわからないやばい人って思っちゃったし……ボブに関しては熱烈なジェシーファンで、「憧れ過ぎて自分も彼のような英雄になりたいという願望」と「周りに軽く扱われているという不満からわく自己顕示欲」を持った、自分は特別なんだと信じ切ってる平凡だけどやばい人……。でも後半から終盤にかけて、もう少しちゃんとふたりの行動の理由や心情を理解できた気がする。とにかく終盤が気に入った映画だった。

ボブがジェシーを裏切りはじめてからはいつ殺されるか、裏切るかの疑心暗鬼合戦が加速してスリリング。(銃を持った人と同室で眠るなんて無理……)
且つそれぞれの心情や思惑が入り乱れはじめて、ここにきてプラピやケイシーアフレックの演技が更に際立ってくる。サムロックウェルも!一番まともなキャラクターだった気がするな。

絵画にうつる、自分に銃を向けたボブを静かに見つめるジェシー……あのたった数秒で色々な考えや思いが巡ったように感じられる、胸にくるシーンだった。

ジェシーは暗殺された事でよりはっきりと人々の記憶に英雄として刻まれ、憧れの人を殺してまで賞賛を得ようとしたボブは愚かで結局彼に成り代わることなんて出来なかった。英雄は生まれつき英雄なんだろうな。
つよ

つよの感想・評価

3.0
静かな映画でのブラピの存在感。
俳優が良くて、ケイシー・アフレックの助演男優賞候補も納得。

このふたり、オーシャンズシリーズで一緒。
YellTao

YellTaoの感想・評価

3.5
憧れと嫉妬は紙一重。
誰かに憧れ、その人のようになりたいと全てを真似ても、その人にはなれない。

アメリカ史上初の銀行強盗ジェシー・ジェームズ。
子供の頃から彼に憧れるボブが強盗仲間にしてもらい、アメリカ南部の人たちの裏切者へと変わるまで。

You want to be like me?
Or do you want to be me?
伝説となる者、歴史に葬られる者。その心にリンクできちゃう演技が素晴らしいーー。

そして敬愛するロジャー・ディーキンス氏の撮影。漆黒の闇の中、対象を照らす光と計算されたシルエットにジェシーの栄光と疲労、ボブの羨望と転落を感じる私は、ロジャー氏を崇拝してる。…私もボブ⁉︎
hk

hkの感想・評価

-
この映画、なんでこんなに評価されてるんだろうと思いながら観てたけど、ラストで納得。
「裏切り者」に対して人々が抱く印象は重く、共感や称賛を伴うことは滅多にない。
Hanare

Hanareの感想・評価

3.7
寂しいストーリーなのだけど、音楽や風景などが穏やかで心地よかった。どちらも死なずに済んだんじゃないだろうかと、余韻の残るラストシーンだった。
MeKono

MeKonoの感想・評価

-
顔とか手の汚しが無くキレイ過ぎて。そこばかり気になってしまった
あの絵、ほこりが。
naokit

naokitの感想・評価

4.2
とても静かです。そして、光を、風景を上手に使った美しい撮影。

ケイシー・アフレック、サム・ロックウェルをはじめ役者が良かった。その中でもブラッド・ピットの狂気をはらんだ演技が素晴らしいのです。

ちと、上映時間が長く感じられたが、丁寧に作られているからしょうがないか…
noriko

norikoの感想・評価

1.0
身から出た錆についての物語か。

なのに、雪パラパラするだけの埋葬…。ウッドさん(泣)メンバーの中で割と仲間想いだったのに。
あ、そんなメンバーを想ったことが錆ってことか…。わーお。
>|