トゥルー・グリットの作品情報・感想・評価

「トゥルー・グリット」に投稿された感想・評価

観た後にかなり余韻に浸っておりました。

西部劇の世界観良いですよね、善と悪が良くも悪くも共存してる感じ。
pier

pierの感想・評価

4.2
勇気ある追跡。
悪しき者は追われなくても逃げるー。
ジェフ・ブリッジスの佇まいや雰囲気が、ジョン・ウェインとは違った味があって良い。
pooralien

pooralienの感想・評価

3.8
"勇気ある追跡"よりも"許されざる者"の血が濃いような気がする
単純なリメイクではなくて古典を経て許されざる者を経た今の時代につくられたコーエン兄弟の真っ当な西部劇という感じ
マティのように口が達者で勝気な少女とコルトドラグーン(勇気ある追跡ではコルトウォーカー)のバランス好き
こんなに悲しいマット・デイモンは珍しい。コーエンブラザーズのB面
正当な西部劇です。
アクションも派手さは無いですけど、グッとくるものがありますね。
メタ

メタの感想・評価

3.4

おっさんと少女


おっさんと少女という属性好き人には、とてもおすすめ。レオンしかり、ローガンしかり。

あの『ノーカントリー』のコーエン兄弟監督作!!

少女が父の仇をうとうとする話。
そして、その少女に雇われたのが保安官コクバーン(ジェフブリッジス演)。

コクバーンの訛りがすごい。
アメリカ人でも分からないほどらしい。その訛りのおかげで、これまたいいおっさん感が出ている。そして、強者の風格も。もごもご喋ってるのに、なぜかかっこいい。

少女は、勇気があるけど生意気で、まだ子供なのに一生懸命になっている姿は応援したくなる。聞き分けの悪いおっさんたちを動かすことのできる強さ、魅力があった。


少女が復讐を果たすその先には...
そして、真の勇者とは...

ただの西部劇で終わらないラストがいい。意外に考えさせられる展開だった。

テーマに、「代償」というものが見え隠れしていた。キリスト教に詳しいと、よりわかるのか。


あのマッドデイモンも出演。
seppa

seppaの感想・評価

3.4
コーエン兄弟の作品が見たい!と台風の夜に思いいたり、鑑賞。
コーエン兄弟らしさ、というと少し物足りないかもしれないが、最初から最後まで意志の強い主人公が素敵。

またマッドデイモンの作品見てしまったな。笑
悪役の俳優たちも出演シーンは短いのに印象的で好きだった。
ナイトホース病か。
tanaka

tanakaの感想・評価

3.5
コーウェン兄弟の西部劇。ストーリーは結構淡々としてるかな。でもキャストが良いので飽きずに観れた。
フミオ

フミオの感想・評価

5.0
どことなくコーエンブラザーズぽくにゃあけどやっぱコーエンブラザーズ☆

いつの時代もかっけー男は最後までかっけーのよ~
F

Fの感想・評価

4.0
父を殺された娘が保安官を雇っての復讐へ向かう話

視点が女の子なので冒険感もあり西部劇に馴染みがなくても分かりやすく見やすいのではないかと思う。

一貫した意思を持っている主人公に好感しかない
>|