昼下りの決斗の作品情報・感想・評価

「昼下りの決斗」に投稿された感想・評価

金山に登りそして下るというイメージはまさに西部開拓時代の興隆であり凋落だろう

ペキンパー印の西部劇として観てしまうと、はっきり言って凡作じゃないだろうか。

全編にわたり、眠気との決斗。
おっさんがかっこいい。
パリを舞台としたオードリー・ヘップバーンとゲイリー・クーパーのロマンティック・コメディ。って、昼下がりの情事じゃねーっ!

山中で採れた金塊を運搬するかっての名保安官とガンマンの両ジジイ+若い衆の3人。皆が狙う金塊が絡むだけに仲間の連帯も何やら怪しい臭いが。そして、道中、出くわした魔性系天然娘、エルザのせいで、とんでもない事態にっ!オッパイも見せないくせに。そして、娘のフィアンセと愉快な仲間たちも相当ゲスい!

あたい、結婚するのっ。ギャーッ!イャーッ!早くスッポンポンにならんかいっ、ゴルアーッ!ビシッ、バキッ、バキャーッ!兄貴っ、俺達にもおすそ分けをーっ!

ふぅ、もう収拾つかんがな…
2018年2月14日

WOWOWに録画していたのを見ました。
なかなか面白かったです。
若さと、老獪の比較が良かった。
YY

YYの感想・評価

3.5
ラクダの背に乗って、濃い赤い服を揺らしながら砂埃を巻き上げて疾走してくる最初のレースのシーンでやられた。
あとは、クライマックスでギルが斜面を馬に乗って駆け下り、銃を撃ちながら煙を切って走ってくるところもすごく良かった。
空や雲の感じが良い。
dude

dudeの感想・評価

3.7
ドライな世代交代の物語として特筆すべきことはないものの、さすがに見所を抑えた良質な仕上がり。ヒステリックな空気感はお手の物。
この時期はまだスローモーション使ってないのか。ラストのたけし映画みたいな銃撃戦。
昔は渋くて魅力的な役者さんが大勢いました
ジョエル・マクリーもランドルフ・スコットも、彼らの後継者となるウォーレン・オーツも、みんなカッコいい
良く見ると、小道具や衣装に至るまで、結構作り込まれていて、リアル感を醸し出す
ロケーションは素晴らしい、ルシエン・バラードのカメラは、雄大な屋外の景観に於いて真骨頂を発揮
絵画のような山々や森林の美しさ、そして抜けるような青い空
西部劇らしい、多分最後の方の西部劇

小娘のみ、ちょっとイラっとする(笑)
nago19

nago19の感想・評価

3.5
これで引退というのを読んで納得。わがまま娘のせいでと思ったけれどそういうのがカッコいい時代なんだろうな。
紫色部

紫色部の感想・評価

4.0
2018.1.11 BS

黒い帽子、黒いカラス、握り拳のショット、崖と斜面の構図、真正面からの銃撃戦の切り返し…
84g

84gの感想・評価

4.5
 金鉱から金を持ち帰る仕事を受けた三人の男たち。
 それぞれに小さいが確かなプライドを持ち、それが途中で出会った結婚騒動に巻き込まれ、例によって銃撃戦になっていく。

 本当に『なんでもないプライド』の話。
 巨悪が出てくるわけでもなく、ちょっとした苛立ちやエゴ、時代の歪みのようなもので出てくる軋轢が主人公たちを襲う。

 ちっぽけなプライドで生きてきた男たち。
 器用でもキレイでもないが、それでも彼らは激動の時代を生き延びてきた。
 チーム編成の年齢設定が上手く機能していました。

 圧倒的なヒーローが痛快に蹴散らす類では有りませんし、どのキャラクターの行動理念も利己的な部分が垣間見えます。
 ただ、それが厚みを生み、面白い。オススメです。
>|