ボディ・パーツの作品情報・感想・評価

「ボディ・パーツ」に投稿された感想・評価

tukukake

tukukakeの感想・評価

3.5
脳や心臓が身体を乗っ取るのはよくある話。本作では移植された身体の一部分が御本尊を乗っ取り気味に。しかも移植されたポディパーツは殺人を犯した死刑囚のもの。

死刑囚のカラダを切り刻んで、いろんな人に移植したら…あれ?手が勝手に動いたり残虐なシーンが見えたりするぞ?移植された他の人に聞こう!→2人とも喜んでるじゃん。しかも画家になって成功してるよ→でもやっぱり……

後半は死刑囚だったフレッチャーが大活躍!涙ぐましくも、手足を回収し完全態になろうとしてる。そうよく考えたら彼も身体を刻まれた悲しい被害者なんだ!(今も昔も加害者です!)

ところで、顔を移植されたフレッチャーの身体の部分は誰のものだったのかな?その持ち主が一番の被害者じゃね?

身体を回収するフレッチャーがコミカルです。
Enoch

Enochの感想・評価

4.5
事故によって一度片腕を失った男はドナーバンク提供により奇跡的に移植を受ける。しかし、その腕は凶悪殺人鬼のものだった…

『ヒッチャー』脚本家による佳作アクション・ホラー!
音楽がやたら怖い!
アクションの撮り方が凝ってる!
俳優が良い!
とテンポ良く観れる安心設計。

ブラッド・ドゥーリフはやっぱり映画の顔って感じで、この人が出てきた途端に自分が映画を観てるのを再認識させてくれるとこが好き。

スカパーで鑑賞。


え、これVHSしか無いの!?もったいない・・
dude

dudeの感想・評価

3.6
殺人鬼の腕を移植したらアラ大変という話にも適性があるエリック・レッド。前の車のタイヤがおかしいぞというところから追突事故で始まり、手錠カーチェイスなども非常にらしい。両腕両足の移植者たちが揃って酒飲んでるところ妙に仲良くなっててウケた。邪悪は肉に宿っている?というのは分からずじまい。

youtubeに本人がアップしてる初期短編2本もおもろかった。曰く「TELEPHONEはファイトクラブに15年先駆けていた」バッド・コートが知らない女から電話で自殺宣告を受ける話だが、似てるってよく言われるのかな?

LD整理で再視聴👀
ネトフリの「失われた体」を観て本作のことを思い出し、LDライブラリーを漁ったら出てきました🤗

これは傑作だと思うのですが...😃
劇場公開時に劇場で観て、気に入ったのでLDソフトを購入していました📀

死刑囚の右手を移植された精神科医が体験する恐怖譚です😱

精神科医のビルは交通事故み巻き込まれて右腕を切断🥶
ウェッブ医師(女医)の執刀のもと、死刑囚フレッチャーの右腕を移植されてしまう💪
体の異変に気づいたビルが調べると、フレッチャーの他のパーツを移植された者たちが次々と怪死していて....🤭

冒頭の自動車事故のシーン💥
異変に気づき始めたビルが遭遇する恐怖体験😨
左腕や両脚を移植された、他の者たちがたどる末路...と短い尺の中にテンポ良くまとめられている🎬
切断された手脚に、殺人鬼の人格が乗り移っているというのがポイント✋🦵

グロさは十分、アクションシーンもそこそこで好みです👍
特にアッと驚いたシーンは、信じられない状態で二台の車が並走して暴走するシーン...言葉で説明するのが難しいのですが...見ればアッと驚きますよ🤭(当時ビビりました😨)

女性医師と殺人鬼の関係が不明瞭などの、ツッコミどころがあるのですが、それを帳消しにするだけのものがあるスリラー仕立ての作品です😱

Blu-ray化を希望します🤗
寂々兵

寂々兵の感想・評価

2.7
未DVD化も納得のグラインドハウス映画だが、殺人鬼の片腕を移植されたことで芸術の才能が開花してしまったブラッド・ドゥーリフ先生がたいへん素晴らしい(この演技でファンゴリア・チェーンソー・アワードの助演男優賞を取ったのもウケる)。手術室のくだりはショックシーンのはずが、吊り下げられた胴体がピコピコ動いててなんか可愛い。あと小島よしおのパチモンみたいな殺人鬼が運転ミスって派手に爆発するシーンで笑い転げた。無敵だと思うじゃないすか……。
まい

まいの感想・評価

3.0
臓器ではなく体のパーツを移植する新しいパターンの作品!心臓だと、ドナーの影響がでるのもなんとなく理解できるんだけど、手足まで影響がでたらお手上げでしょww。ってかそもそも他人の腕を移植とか気持ち悪い😩右腕と左腕で手の大きさとか色々違うわけでしょ(°_°)
設定は面白かったし、前半いい感じだったけど後半だらけて残念だった。


【ストーリー】
主人公のビル・クルシャンクは、犯罪心理学の教授で、刑務所で囚人の心のケアをする仕事をしていた。ある日、ビルは仕事に行く途中で交通事故に遭い、右腕を切断するほどの大ケガを負う。担当医師のアガサ・ウェブは、匿名のドナーから右腕を移植する事を提案するのだが…
移植された右腕は、死刑囚の右腕であった。決して声を荒げたり暴力を振るったりしない温厚な人物だが、移植手術を機に、無意識に暴力を振るうようになってしまう。そんな中、同じ死刑囚から移植された患者が次々と殺され始め…。移植をきっかけに恐怖に巻き込まれていくホラー作品。
gori

goriの感想・評価

3.2
普通に面白かった。
展開がスピーディで、適度なグロさもGOODでした。
EDM

EDMの感想・評価

3.2
終盤の展開とグロさ。設定は面白いから演出次第では名作になったかも。
移植されたボディ・パーツにドナーの猟奇殺人鬼の記憶が残っているお話し。
2回目の鑑賞でしたがこの映画思ったよりグロいんですよね笑
バラバラになった肉体が吊り下げられる手術室のシーンが印象的👍
msp

mspの感想・評価

3.0
FOXにて観賞
ストーリーはあららな面もありましたがスプラッター要素もあり意外と楽しめた。
奥さん役の女優さんが良かった🙆
>|

あなたにおすすめの記事