沖縄を変えた男の作品情報・感想・評価

沖縄を変えた男2015年製作の映画)

上映日:2017年08月05日

製作国:

3.6

あらすじ

沖縄水産高校に赴任した栽弘義(ゴリ)は、廃部寸前の野球部の監督を務めることになった。荒れ果てたグランドを見渡す栽の視線の先にあるのは、“甲子園優勝”という目標だけだった。 徹底したグランド整備から始まり、容赦のない過酷なトレーニングと苛烈な指導方法で鍛え上げていくうち、次第に選手たちだけでなく周囲の教師たちからも反感を買う ようになっていく。そんな中、琉水に天才ピッチャー太田(田中永一)が入部し…

沖縄水産高校に赴任した栽弘義(ゴリ)は、廃部寸前の野球部の監督を務めることになった。荒れ果てたグランドを見渡す栽の視線の先にあるのは、“甲子園優勝”という目標だけだった。 徹底したグランド整備から始まり、容赦のない過酷なトレーニングと苛烈な指導方法で鍛え上げていくうち、次第に選手たちだけでなく周囲の教師たちからも反感を買う ようになっていく。そんな中、琉水に天才ピッチャー太田(田中永一)が入部してくる。試練に耐え抜いた部員たちは、優勝も夢じゃないと思い始めるのだが・・・。立ちはだかるライバル校首里学園の壁、太田のケガ、部員たちの反乱、さまざまな困難を乗り越え、栽と球児たちは、やがて沖縄の希望となる。

「沖縄を変えた男」に投稿された感想・評価

甲子園で優勝してこそ戦後の沖縄の戦争が本当に終わる。
そう思っていた時代に熱血指導した栽監督の実話に基づく話。

劇場は満員で期待は高まりましたが、期待以上に見応えがある作品でした。
ガレッジセールのゴリが芸人より俳優としてめちゃくちゃいい演技をしているだけでなく、生徒たちも素晴らしい!
今の時代なら完全にアウトな殴る蹴るの指導。
あんな練習やこんな練習まで…。
選手を使い捨てにしてまで優勝にこだわる鬼のような監督。
確かに酷い指導なんだけど、笑える要素もたくさん含まれていて、ずっと肩を張って観てなくても大丈夫です👌

ただ、栽監督はなぜここまで優勝にこだわるのかバックグラウンドが曖昧だったのが残念…。
黒猫式

黒猫式の感想・評価

4.0
題材としては良いが映像としてのインパクトは若干弱く荒らさもある。だが日本の戦後の中でも最も過酷な歴史を辿ってきている沖縄を少しでも理解する為には目を背けてはいけない作品。
ant

antの感想・評価

3.0
沖縄のチームが、甲子園で優勝する事に意味あると、スパルタ指導に打ち込む高校野球の物語。沖縄水産高の実話ベースをガレッジセールのゴリが監督役でシリアスに演じて深みある味わいだった。
Pica

Picaの感想・評価

3.1
ウチナーンチュとして色々考えさせられる映画でした。
この方、偉大ですね。
まつ

まつの感想・評価

4.1
ちゃんと作られてる。田中永一さんは本当に初演技とは思えない。地元に貢献してるなぁ
MatKen

MatKenの感想・評価

4.0
甲子園で勝てば、沖縄が変わると思っていた時代。その想いを背負って叶えるためには、多くの犠牲もあったのだろう。今となっては栽監督のことをいろいろいう人もいるようだけど、あの時代には必要だったのかもしれない。
sets

setsの感想・評価

3.9
1/115
大変良い作品だと感じましたが、
世間受け、批判を考慮すると
全国メジャーでなく、沖縄県限定が放映限界なんでしょうかね。
高校野球好きの一部では観たいと思いますけど。