蜜蜂と遠雷の作品情報・感想・評価・動画配信

蜜蜂と遠雷2019年製作の映画)

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「蜜蜂と遠雷」に投稿された感想・評価

コントラストが強く深めで印象的だった。冒頭のグノーのアヴェマリアがかかった時点でピアノ弾きたくなりすぎる。松岡茉優ちゃんが美しすぎる。ストーリーはトラウマを克服するラインだけど、それぞれの曲を聞かせる感じもいい。
さきこ

さきこの感想・評価

4.1
演奏家の映画ってよく見飽きてしまうシーンが多いけど、そう感じることはなかった。大きな波はなかったし、ピアノ全く知らないけど、没入できた。
松岡茉優の演技は全て同じに見える気がする。かじまじんの目つきが時々変わる瞬間が好きだった。
ayamon

ayamonの感想・評価

-
観たよ〜!原作読んでないけど、こういうピアノ人生な小説ってどう表すんだろう、音とか表現力とか、
anna

annaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

やっと配信されて楽しみに観たけど、イマイチだった。

小説では言葉で表現しているものを映画だと音と映像だけで表現しているから、完全に感じとる映画だった。

海辺のシーンが綺麗だった。
松岡茉優のショートカット、カットラインが綺麗。

鈴鹿央士初めてみたけどすごいハマり役だと思った。
カシス

カシスの感想・評価

3.4
ストーリーは単調で物足りなさはある!(原作読んでみたい)
セリフ少なく映像の美しさを楽しむ映画だな〜月の光に照らされながら連弾するシーンが美しすぎた
Kurokawa

Kurokawaの感想・評価

4.7
原作読んでないけど、素晴らしかった。
無駄なシーン、カット、秒数が一度もなかった。

各キャラクターの説明も多くないが、演技と演奏などで十分に伝わる。
松岡茉優の憑依は本当素晴らしい。

最終シーンは全体的に青み(緑)が深く、栄伝が直前まで来ている薄ピンクとの対比で、奥行きを感じた。
音の立体感もすごくて、映画館で見ればよかったと後悔。
映像作品として素晴らしかったけど、小説を読んだ人は違う感想をもったりしているので、それは別として楽しもう。

恩寵、春と修羅
miu

miuの感想・評価

3.5
1年ぶりぐらいに邦画を観ました。
高校生の時に映画館で観て.とても印象に残った作品だったのでもう1度鑑賞しました。
プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番はいつ聴いても胸が高鳴ります。
追い詰められていくような迫力があり.だけどどこかお洒落で品があるところがこの曲にはあり.素晴らしいなと思います。
小学5年生までは本気でピアノを練習していた自分が懐かしくなりました。
沢山のコンクールを経験して.もう限界かなと思ったのが11歳でした。
コンクールがない今の方が自由にピアノを弾けるけどこの作品を観て.もうあの空気感の中で弾くことはないんだなと思うととても寂しい気持ちになりました。
ピアノ工房で栄伝亜夜と風間塵が2人でピアノを弾く場面がとても好きです。
あんな風に自由にピアノを弾く時が1番自分の音を出せるような気がします。
ストーリーに波があるような作品ではありませんが.個人の葛藤や情熱が静かに表現されています。
邦画を観るのが好きではない私でも好きになれた作品でした。
音楽をする自分とまた改めて向き合えたような気がします。
taotao75

taotao75の感想・評価

3.3
原作がとても好きだったのでこちらの映画は物足りなく感じた。
塵も私の中のイメージではこんな上目遣いうるるんぶりっ子男子では無かったんだけどな…。うーん違和感。。

しかしながら松岡茉優ちゃんは流石でした。ラストのコンチェルトのシーン圧巻です。完全に栄伝亜夜が憑依してる。
momo

momoの感想・評価

3.5
この映画はクラッシックを聴くように観なくてはならないのだろうな。音楽に造詣が深い人ならもっと理解できるのかな。演奏場面が結構長尺なので、演奏の巧拙や情意的なものを汲み取れたら、より感動できるのだろう。亜夜と塵の連弾のシーンはとても美しかった。天才同士の交信みたいで。俳優の演奏技術の程度は分からないが、吹き替えに見えないくらい巧みに演技していてスゴい。物語自体は起伏のない広漠とした心象風景を見せられているよう。バイエル低飛行のトーシローには踏み込めない領域かも。途中飽きました。「のだめカンタービレ」あたりが私には優しい。宮沢賢治が好きなのと、「のだめ」に出ていた外国人俳優さんを見つけたので、スコアは+0.5。
けぬ

けぬの感想・評価

-
ストーリーは ん〜…ですが、ピアノの音が気持ちよく聴けたので良きです。
>|