アマデウスの作品情報・感想・評価

アマデウス1984年製作の映画)

AMADEUS

製作国:

上映時間:160分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「アマデウス」に投稿された感想・評価

才能は人生の障害だからどっちが良い人生なんて分からないわよね。。。
生まれた運命に逆らわずに、嫉妬せずに、ただ自分と向き合って生きていけたら素敵よね。。。あ〜〜〜佐々木希に生まれたかったなぁ〜〜〜〜!!!!!!!
こなつ

こなつの感想・評価

3.9
天才をこれでもかというほどに見せつけられる。あんなのが身近にいたらそりゃ一人くらいおかしくなるわ
果てしなく良かった。
冒頭の神父とのやり取りから既に彼の内にある劣等感や羨望みたいなものが見て取れて胸が締め付けられた。

惨めで恨めしくて憎いと思いながらモーツァルトの音楽に惹かれずにはいられないサリエリの心の葛藤が観ていてとても苦しくて辛くて最高だった。
この複雑すぎる内面が彼の一見すると矛盾しているように見える行動の数々に表れているような感じがした。

あと神父役の人が本当にすごい。あの人はほとんど話さないしほとんど動かない。ただ座って彼の話を聞いているのみで、表情も大袈裟に動くことはない。
微細な変化だけであそこまで内面を表現できるのがすごすぎる。

サリエリはモーツァルトの音楽を最も憎み、最も愛していたんだということがセリフの節々からわかった。本当に良かった。

ラストシーンも圧巻というか、劇薬というか、うまく言えないけどとにかく壮絶だった。
mitchy

mitchyの感想・評価

4.0
プードルみたいなカツラは時代遅れになっても、モーツァルトの音楽は古びない
日央

日央の感想・評価

4.2
誰もが想像するモーツァルトとは、天才肌でデリケートな作曲家のイメージ。だがこの作品では程遠く、自由奔放な人間性、品のない青年と大胆に解釈した演出。

この作品の成功はそんなモーツァルトに対し、嫉妬に打ちのめされるサリエリを主人公にした事ではなかろうか。
るむ

るむの感想・評価

5.0
モーツァルトとサリエリ、天才と凡人。
それぞれの苦悩を描く。
モーツァルトの才能を人一倍認めているからこそ膨れ上がるサリエリの執念。
憧憬と嫉妬は紙一重だということ。。
丁寧に再現された当時の宮廷の映像や役者の素晴らしい演技、長尺を感じさせない巧みな構成、どれを取っても一級品の永遠の傑作。
れら

れらの感想・評価

3.0
ちゃんと観るのは初めてだけど、うっすら知っていたので、あまり新鮮味はなかった…。

サリエリは、神様は何も言っていないのに、勝手に解釈してキレてるように感じた。
無邪気なモーツァルトが可哀想に思える。

それほど、サリエリが打ちのめされるような才能だったということなのだろうけど。
m

mの感想・評価

4.0

3時間もあるのかと思ったけど面白くて時間がたつのが早かった。むしろモーツァルトの人生を3時間で話せるなんて凄いよな。

神童と言われたモーツァルトの人生がサリエリによって語られる。
モーツァルトはやっぱり神童ですごいと思っけど、努力をしてもそれに敵わないサリエリの苦しさが凄く伝わった。

自分のことを馬鹿にされてもモーツァルトの才能を認めていたサリエリは凄くかっこいい。いや、認めざるを得ない程の才能をモーツァルトが持っていたんだな、すごい。いや、お互い本当にすごい。
feem

feemの感想・評価

4.2
無邪気なモーツァルトというキャラクターが新鮮だった。
己の才能のなさを知るのは辛い。
ryodan

ryodanの感想・評価

5.0
2006-07-13

傑作の一言。ストーリーにほころびがない。申し分のない作品。
未見の方は見るべし!!!
>|