アマデウスの作品情報・感想・評価

「アマデウス」に投稿された感想・評価

Coco

Cocoの感想・評価

4.0
胸が震えた。
えりか

えりかの感想・評価

4.0
面白い。
モーツァルトの笑い方がすごく耳に残る。
どうしようもない人だけど、なんか応援してしまう。
時代の描写が真摯で好き。
bluefilmr

bluefilmrの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

モーツァルトと彼の才能に憧れ嫉妬していたサリエリの話
サリエリの神父への独白回想でストーリーが進んでいく

ラストの2人でレクイエムを書くシーンが良かったし、切ない

サリエリの行動のエスカレートと
モーツァルトの天才と変人紙一重的な所
どちらもおいおい!と突っ込みどころもあるけれど笑

神がモーツァルトを愛したのか、
モーツァルトが音楽を愛したから音楽に愛されたのか

魔笛の夜の女王シーンを思いつくのが印象的でしたが
ここから来てたらほんと、音楽しか毎日考えてないんだなと思いつつ、どこにもヒントはあるんだなと
夜の女王が恐ろしいのも納得でした笑

オーディオコメンタリーも面白かったです
ひとみ

ひとみの感想・評価

4.0
韓国でミュージカル モーツァルト!鑑賞後、モーツァルトについて知りたくて見た映画。

ミュージカルが好評で、映画化されたものとどこかで見た気が。

モーツァルトの才能に良くも悪くも感化されるサリエリの姿がかなり印象的。そして堕落していくモーツァルト、最後まで作曲活動をする姿がミュージカルでも同様に描かれていて、良かった。
破天荒なモーツァルトの行動言動には信じられなかったけど、ヨーロッパらしくて良かったです!
DVD 、地上派深夜、CS BS
大好きだ。才能、嫉妬、孤独、妄想
多くの人は凡人であるサリエリに共感すると思う
けど、見ていくほどにアマデウスの孤独をひしひしと
感じることができる
天才には天才なりの苦悩があんだよね
俺やっぱ凡人でいいやってなるかも
主演のトマスハリスが破天荒なアマデウスを演じているが
素晴らしいの一言
時間の長さは全く気になりません
3時間…うん、長かった。
こういう手の映画はだいたい淡々と続くので退屈でニガテ。だけど名作だし、いつかは絶対観ようと思っていた作品。これは意外と飽きずに観れた。長かったけど。
モーツァルトの曲は個人的に好きじゃないけど、彼も結構ぶっ飛んでたんですね。あの笑い声、狂気を感じる。
これはあくまでサリエリ目線で描いたストーリーであって、それを語るサリエリ自身は自殺未遂で精神病院にいるという、そんなわけで、ストーリーは事実に基づいてはいるけども異なる部分もあるという。ただモーツァルトは実際にこんなキャラだったらしい。「俺の尻を舐めろ」って曲作るぐらいだしね。
モーツァルトが作ったレクイエムを、サリエリが書き出すシーンは震えた。
作ったレクイエムが自分の遺作になるなんてなんとも皮肉だよね。
YAMADA

YAMADAの感想・評価

4.0
まず、SIDE A終了…ん?
カセットテープかのようなA面B面がDVDにもあるなんて!(笑)
DVDを裏返して見れる事にまず驚いた。

終始モーツァルトの音楽、オペラに浸れる素晴らしい映画!
サリエリのモーツァルトへの愛ゆえの憎しみ…そして、モーツァルトがあんな下品な人だなんて(笑)
天才って頭おかしいと言うか、才能が先をいってしまい、そりゃ頭おかしくなるよね。
精神をコントロールするのは大変な事なんだろうなあ。そしてその天才を支える周りの人も大変。

食い入るように見ちゃった!
とっても面白かった!
>|