アマデウスの作品情報・感想・評価

アマデウス1984年製作の映画)

Amadeus

上映日:1985年02月16日

製作国:

上映時間:160分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「アマデウス」に投稿された感想・評価

「死ぬまでに観たい映画1001本」

名作なので視聴したが、自分の好みの映画ではなかった。
Mariko

Marikoの感想・評価

3.5
モーツァルト!酒好きで、女好きで、仕事が進まない人間的なモーツァルト。イメージ変わっちゃうかも。主人公は実はモーツァルトじゃなくて、彼に嫉妬する同僚のサリエリ。サリエリとモーツァルトのやりとりは好きだった。この映画、セッティングが古いのに、登場人物がみんな人間的になんだな。表紙がミステリーぽくて観るのをずーっと避けてたけど、その心配は取り越し苦労だった。
とも

ともの感想・評価

-
お堅い古典映画かと思ってたら結構好きな感じやった
サリエリのモーツァルトに対するクソデカ感情よ、、、
Adela

Adelaの感想・評価

3.6
執念を感じる語り手の口調。モーツアルトの子供らしさがとても可愛い

モーツアルトの最期のシーンは魅力的。衣装、セット、音楽、芸術家を取り上げるだけあって、素晴らしかった
太郎3号

太郎3号の感想・評価

4.2
その場にいるような圧倒される臨場感のある映画
小物やセット、演技力と衣装がずば抜けて良い
ただ歩いてるだけのシーンでさえ何故か惹き込まれる

音楽家の半生としてのストーリーも良く出来ている
BOKUMA

BOKUMAの感想・評価

3.0
音楽に愛されたかった男の凄まじく生々しい執念が良い。モーツァルトが音楽に生きた理由があまり見えなかったけど、終末はただただ憫然。
ヴィーナスの乳首美味しそうやったなぁ。サリエリさんのお菓子がどれも魅力的やった。
まる

まるの感想・評価

4.2
モーツァルトとサリエリの話。

あれだけヴォルフィーに心底深い嫉妬心を感じながらも彼の作品に触れている間は純粋に一個人として感動に浸れるサリエリすごいなー
私だったら自分のことが心底ダメ人間に思えて作曲家として諦めちゃうかも

「私だけがあの音楽を理解したのだ」
モーツァルトの半生。嫉妬するサリエリによる語り、回想。
長かったけど、圧倒された。
素晴らしい。
その一言に尽きる。
何もかもが圧倒的。
演技力、衣装、セット、音楽…。
もう3度目の鑑賞だか、3度とも心が震えた。

変人と呼ばれた音楽家、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
彼の謎に満ちた半生を描く名作だ。

しかし、主役はモーツァルトではない。

誰よりもモーツァルトに嫉妬した男。
誰よりもモーツァルトを憎悪した男。
そして誰よりもモーツァルトの音楽を愛した男。
アントニオ・サリエリ。
そう、彼こそがこの物語の主人公。
ライバルである秀才サリエリ。
彼の目に天才モーツァルトはどう映ったのか。
そこにあるのは、ただ嫉妬と憎悪しかない。
身悶えするような彼の心の叫びを、ぜひ多くの方に堪能してほしい。

最大の見所は、モーツァルトとサリエリの共同作曲シーン。
瀕死の状態のモーツァルトが口ずさむ曲をサリエリが写譜する。
圧巻だ。
このシーンだけで星5つ付けてもいい。
息が止まるほどの緊迫感。
そこから生まれる美しいメロディ。
これこそまさに天からの授かりもの。

神に愛されたのはモーツァルトだったのか、それともサリエリだったのか。
それは神にしかわからない。
Shin

Shinの感想・評価

4.1
才能があっても、幸せになれるかどうかはまた別の話なんやなぁって。
>|