デモリションマンの作品情報・感想・評価・動画配信

「デモリションマン」に投稿された感想・評価

TB12

TB12の感想・評価

3.3
子供の頃大好きだった映画。
多分地上波とかビデオとかで何度も見てる。

んで改めて見るとまあくだらないのなんの(笑)
こういう映画見て育ったから嫌いにはなれないけど。

若きスタローン、サンドラ、ウェズリー、ロブ・シュナイダーってメンツが物凄く90年代を感じられて好きっす。
ちづ

ちづの感想・評価

3.4
冷凍された警官と凶悪犯が再び未来で解凍される!
笑った。コメディ?と思えるところ多々あり。未来のアメリカでは犯罪がなくて車も自動運転、リモート会議、トイレットペーパーを使わない(貝殻を使う←この使い方教えて欲しかった🤣)みんな着物着てるし、手にICチップ埋め込まれてて、他人と手を合わせることもしない。汚い言葉を使ったら罰金🤣
サンドラ・ブロックが出てるとは知らず可愛いかった😍
デモリション(破壊)だけあり、破壊しまくる。やっぱりコメディ?コメディなのか??🤣🤣
魂コシ

魂コシの感想・評価

3.8
デモリションマン

幼少期に金曜ロードショーで観た気がするけど、全然覚えていなくて20年以上ぶりに鑑賞。

90年代の感覚の未来世界が懐かしい雰囲気好き。
犯罪のない世界は、何でもかんでも禁止されてて自由なさすぎて逆にデストピア。
バーチャルセックスは、社会問題のあれこれ解決するのにアリなんじゃないかと思った。
貝殻の使い方が結局謎で気になる。

唯一モヤッとしたのは、「これだけ社会が変わるのには30〜40年じゃ足りないだろ」ということ。そんな最近なら前時代を知ってる人がいないのに違和感だし、これだけの変化ならせめて100年の時差が欲しいと思った。
Yu

Yuの感想・評価

3.5
突っ込みどころ満載、シュワちゃん大活躍SFアクション映画🎬
軽〜く見れる。
みんなのお行儀の良さ(?)や反則内容にクスッと笑えるとこもある。

設定とか発想が面白いから、もっとシリアスで濃い感じのSF映画があったら絶対好きな映画の1つだったかも。

最後まで貝殻は気になる🐚
シルヴェスター・スタローンにウェズリー・スナイプスにサンドラ・ブロック、まさにザ・90年代アクション映画といった配役。

デモリション(=破壊)とわざわざ名付けなくても、この暴れっぷりはスタローンの通常営業。殴る・蹴る・撃つ・相手は死ぬ。スタローンの鋭い眼光に対峙するスナイプスは若干ビビってたんじゃないか。冒頭の本物のビル大爆破はCG全盛期の今じゃノーラン映画くらいでしか見かけなくなったなーと思ったり。

未来世界はわりとありがちなディストピア社会。Fワード発言で罰金なんてやってらんないよな。あの世界ではヒップホップは絶滅してるに違いない。

もっと未来のガジェットを用いたアクションを期待してたんだけど、残念ながら9割方は肉弾戦。そうしないとスタローンの持ち味が活かせないだろってその通りではあるんですが。
タイムリープ系映画。
平和ボケした犯罪のない未来に、過去冷凍保存されたスタローン演じる警官がタイムリープして同じく冷凍保存されていたライバルである犯人と未来で闘うアクション映画。会話がシュワちゃんイジリ他ユーモアでコメディタッチ。アクションは爆破シーンなど、凄まじいお金が掛かっている物が多く、非常に楽しめる。絶対主人公に当たらない弾など、オーソドックスな何でもありの90年代あるあるが楽しめる娯楽アクション映画。
XXXXX

XXXXXの感想・評価

3.6
シルベスター・スタローンの名作。
これぞスタローン活劇!

1996年、ロス市警の敏腕刑事スパルタンは、巨悪犯フェニックスを逮捕するも、人質が全員死亡してしまう。その責任と罪を背負ったスパルタンは冷凍保存される。
目が覚めたら、2032年だった...。

『クリフハンター』と連続公開された作品で、今作もなかなか面白かった!
マンガチックな作品であり、かなり荒唐無稽極まりないんだけど、これぞスタローン節!
近未来は、呑気なディストピアになっていて、トイレットペーパーが貝殻になっていたり、過激な音楽や運動は法律で禁止されています。そして、何よりショックなのはSEX全面禁止の時代です!爆笑

VRによるSEXのみの時代となり、スタローンは、いざサンドラ・ブロックと❤️❤️❤️と言う時に心底ガッカリしちゃいます。笑

他にもコメディ寄りの作品なので、かなり笑いに溢れた作品でした。凶悪殺人鬼のウェズリー・スナイプスが大怪演でした。

実は、今作スタローンはウェズリーの役を
ジャッキー・チェンにやらせたかったらしく、かなり熱烈にオファーしたそうですが、正義の味方しかやらないマンの、ジャッキーは激しく拒絶したそうです。笑
ただジャッキーは、一応セットには遊びに来たみたいで、スライとジャッキーの友情を感じましたね。
サンドラ・ブロックのセリフで、ジャッキー・チェンに対する言及のセリフがあるのは、その名残だと思います。

その後もスタローンとジャッキーは、共演の噂はあったものの、その後実現せず...。『エクスペンダブルズ』にも結局出演しなかったなあ。(涙)

スタローンとウェズリーの迫力の対決も良かったし、90年代ハリウッドアクション映画としては、なかなかの作品だったと思います!

追記:とても仲が良かった、フォロワー様の窓マックスさんがフィルマークスをご卒業されました。とても悲しく寂しいですが、窓マックスさんのご多幸を祈りたいと思います。
ROY

ROYの感想・評価

3.8
極悪犯を捕まえたが、人質を救えなかった罰として、極悪犯とともに冷凍保存の刑を受けることになる。それから36年後、仮釈放の審査の為解凍された極悪人が隙をつき脱走。今は犯罪もほぼ起きず、自然死以外の死も10年以上もない為、警察が犯人逮捕に関してまともに動かない。警察は極悪人逮捕の為、彼を解凍することにする。

SFサスペンスアクションといったところか。
いかにも90年代って感じで個人的にはどストレート。
10年以上自然死以外の死がない未来でみんなのほほんと暮らしていて、目の前で暴れる奴がいたら、どうしました?とか普通に聞いちゃうくらい。
あとトイレットペーパーがなかったり、言葉遣いが悪かったら罰金取られたり、塩は体に害だから食べてはいけなかったり。
しまいにはシュワちゃんが大統領になっていた世の中らしく、でもそれはあながち間違いでもないね。
冷凍保存中に更生プログラムを脳に与えるというアイデアは新しかった。
実現しているものもあったが、未来の面白アイテムがたくさん出てくるのは結構楽しめた。
そんな世界観も楽しめて、かつ派手目なアクションも楽しめる一石二鳥のような作品でした。
てか本当にトイレの貝殻はどうやって使うんだ?

20211009.0424.866
蟹

蟹の感想・評価

3.4
近未来が舞台のSFアクション。
ツッコミどころも多々あるが、アクションシーンの迫力が凄まじいので良しとする。
syuhei

syuheiの感想・評価

3.5
こないだランボー最終作を観てまたスタローンブーム来てる。1993年のマルコ・ブランビヤ監督作品。

スタローンとブレイドのウェズリー・スナイプスが激突。90年代にたくさん作られたアクションSFの1つで、当時はあんまり興味なかったけど今観るとけっこう面白いなー。

https://twitter.com/syuhei/status/1443945794122305539?s=21
>|

あなたにおすすめの記事