ベッドかざりとほうきの作品情報・感想・評価・動画配信

「ベッドかざりとほうき」に投稿された感想・評価

きりこ

きりこの感想・評価

3.0
曲もいいし演出も面白くて悪くなかった。家族の絆の描き方も素晴らしかったし、信じる大切さみたいなものも描かれてた。
時代背景的に仕方ないけど、戦争を娯楽として扱っていて飲み込めないものがあったため☆3。
ナチスを悪者にして、(まあ実際敵国ではあったんだけど)爆破して滑稽に吹っ飛ばしてスッキリした!みたいな終わり方、プロパガンダ映画作ってたディズニーらしいと思ってしまった。
すん

すんの感想・評価

3.6
すっばらしくて大好きな作品なんだけど

「戦争が背景にある」は「戦争について深く考えさせられる」とイコールではないし

ディズニーにとっての平和が、
「自分が信じる正義の側から悪をぶっ倒して勝ち取るもの」
であることが当然のように表現されてて
ちょっとしんどい


無意識だからこそのエグさ
決してナチスドイツを肯定するわけじゃないけど、
敵軍を面白おかしく描いてたり、
植民地支配したインドやアフリカの人々をあくまでも好意的に「イギリス軍」として描いてたりとか

まだサウンドオブミュージックの方が戦争の怖さを描いてると思う

それでもAges not believingとかポータベロ通りとか好きな曲多いし、
アニメーション部分は最高

戦局を変える最大の魔法が、無生物に命を吹き込む魔法なのはなんかマクゴナガル先生を思い出した
ベッドにゴロゴロしながら移動なんて、夢がありすぎます!私もやりたい!
この海の歌のシーンを、他の映画のおまけ?みたいな感じの歌あつめたやつで子供の頃みて(VHSの時代)本編観てみたいな〜とずっと思ってた!
可愛いくて良かった。
時代が時代なだけにそう終わるのね…ってなってしまったけど
ゆ

ゆの感想・評価

2.5
人気児童文学作家メアリー・ノートンの「空とぶベッドと魔法のほうき」を、「メリー・ポピンズ」のスタッフが映像化したミュージカル作品


なんだかメリーポピンズっぽい感じがして鑑賞しました!
こちらが本当はメリーポピンズで出来なかった事を詰め込んだ作品だと聞いてより楽しめました!
ぜひメリーポピンズを観てから、こちらを観るとより楽しめることと思います。

作画合成が、絵本のような作品の雰囲気を支えている感じでした。

イギリスを舞台に、見習い魔女と3人の子供たちが繰り広げる冒険。
魔法学校の通信教育というのがまた面白い設定だなと思いました。

チャーリー可愛げない…笑
でもそんな年頃だから難しいんだろうなと思いました。

あとちょいちょい出てくる兎が可愛い…!
鼻のヒクヒクが止まらないってところ笑いました。笑

あとベッドを道に置いてどっか行っちゃって大丈夫なのか心配になりました。

ただベッドで移動というのがまたいいなと思いました。
物が一人でに動き出すというシチュエーションに並ならぬロマンを感じる性分なので…

あと、海の中のシーンは元祖アンダ・ザ・シーって感じで楽しかったです。

まって、ブラウンさん靴脱いだら穴だらけじゃん…

どうして誰もポールの話しを聞かないのさ!!
信じないのさ!!ふん!

あと猫ちゃんが、みんなが帰ってくるまでベッドがあった場所で寝ていた姿…愛しかった。
TK

TKの感想・評価

3.7
初めて観たのはのディズニーチャンネルのマジカルワールドオブディズニーだったと思う。
これが気軽に観れる時代になったの本当に最高。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.6
実写✖️アニメーション💖💖
🛏🧹🐟🦁👑
魔法を勉強中の新米魔女プライスさん
すぐうさぎに変えちゃうの笑笑🐇
ユウユ

ユウユの感想・評価

3.5
水中のシーンは元祖アンダーザシーって感じで世界観にものすごく引き込まれたし愉快だった!

サッカーのシーンは同じアニメーションを何回も使っていて飽きてしまったが、ライオンの王様もいい感じのキャラで良かったと思います。

ラストあたりの戦いはやはり時代を感じるものがありますね。
年代がわざわざ指定してあったのもそのためというかそもそも疎開してきた子たちでしたもんね。

メリーポピンズより少し現実味がありますがおすすめです!
Mii

Miiの感想・評価

-
楽しい!好き
チャーリー役の子がかわいい
メリーポピンズ、リターンズをもう一度見直そう
曲が懐かしい!ウォークマンで聴いてたな〜
mLuc

mLucの感想・評価

-
イギリスの歴史も色々あったろうにバグパイプも王国近衛兵も中世のナイトも魔女もサッカーもみんな一緒くたになって人類敵ナチス粉砕す!という映画製作的にも幸せな伏線回収の時代だったよなと思った。通りで躍り狂い失った本の巻末を探し当てるまでの序盤がとても面白くて、アニメシーンからが特に増長に思えた。街や風景を引きで見た時の手描き絵の背景の美しさは写実以上に見事だった。古城の保管物に命を吹き込むのが当初の目的でないとしたら彼女はあの呪文でどう戦況を変えるつもりだったのだろう?
ベッドでの移動シーンは想像以上にサイケで、ドラえもんのタイムマシーンでこっから来てるんじゃないかなとふと思ったよ。