龍拳の作品情報・感想・評価

「龍拳」に投稿された感想・評価

Aya

Ayaの感想・評価

3.0
恩師の仇討ちに出た若者が村民を苦しめる輩を成敗するおはなし
ストーリーがあまりに普通すぎて全然頭使わないでみた
たぶん若きジャッキーチェンの、まるでダンスの様な華麗なるカンフーを拝むために見る作品なんだろうな
ジャッキーチェンファンは必見
ReN

ReNの感想・評価

3.2
Blu-ray Box購入し鑑賞。

個人的にユニークな彼の映画も好きだが、今作のようなシリアスな作品も好き。
行き場のない復讐心に葛藤しながらも肉親の為に戦う姿がとても印象的でラストの戦いもすごく良かった!
小結

小結の感想・評価

3.0
終始じめっとした話だけど展開はおもしろい。やっぱりいつも悪い役な人は悪い役なんだな!
最後、キレてからのジャッキーの殺気がよかった。ズババババーって殴るとこ、笑っちゃった。
ジャッキーの若い頃のカンフーがカッコイイ!
ただ、ちょっと強すぎるかな。

酔拳や蛇拳のほうが好き!
Bondrake

Bondrakeの感想・評価

4.2
 悲劇! これはおもしろい。小さい頃に何回か観てから久しぶりの観賞です。今観てみると印象も変わりますね。
 とにかくジャッキーが凄い!あの拳の速さといい、悲しみの表情・怒りの表情といい、ジャッキーが輝いています。
 物語の方は少し雑なところもありましたが結構楽しめました。なによりジャッキーチェンさんの演技が凄まじいのでね。あのようなジャッキーをみると、もっと演技が試されるようなシリアス系統の映画にも出てほしいなあなんて思ったりします。
師匠を殺され復讐に燃えるジャッキーが3年の修行を積みついに仇と相対するが、そこにはもう復讐に値する男の姿はなく両道場の確執もなくなった。
しかしそこへ別の組織がジャッキーの弱みにつけこみ再び確執を生み出そうと画策し…。
ここまでコメディ色のないジャッキー映画は初めて観たかもしれない。
友達はでてこず女にめっぽう弱くないタイプのジャッキー・チェン、勧善懲悪、目には目を歯には歯を、故意でなくても罪は罪
MJ

MJの感想・評価

3.4
シリアスなジャッキー映画。
師匠が殺される→赤鼻仙人の修行→敵討ち
っていう黄金パターンではない!
修行シーンは一切無しなのにジャッキーが無茶苦茶強い!
その分ストーリーが凝っている珍しいカンフー映画。ラストは悲しく突然。
アクションの演出はジャッキー本人ぽい。
組手は明らかに下手な方いるがジャッキーの動きはキレキレ。若さって素晴らしい。
~拳シリーズでは1番見ごたえあるかも。
\\伝説の成龍(チェンロン)波、炸裂っっ!!!!!!!//

師匠を殺され、猛修行の末に仇討ちの旅に出る青年を描く、シリアス路線の正統派カンフーアクション☆

私の中の「拳」シリーズ最終章*☆

先月から観始めたジャッキーチェン様の70年代の作品たち。『クレージーモンキー/笑拳』からはじまった拳シリーズもついにクライマックスを迎えた。そして、絶対に最後に観ようと決めていたのがこちら、ファンの間で最高傑作だと言われている『Dragon Fist/龍拳』だっ!!

ドラマ性のある物語の中、終始 真剣な顔つきで純粋で心優しい主人公を演じきるジャッキー様、もの凄くカッコイイ。もうね、これでもかっていう程に半端なくカッコイイ!!!!!

今まで見たことのないような演技に瞬き厳禁なカンフーアクションの数々。ほんと、どこをとっても絵になる彼のカッコ良さは想像以上でしたよ。それはそれは、魂に響くものだった…♡

この作品を最後にとっておいて…本当に良かった!!!! 涙涙涙♡

毎回楽しみな主人公が拳を習得するための荒修行シーンが全く無しで話が進むんだけど、今回ばかりはそれが無くて大正解!そこが省かれた分、ドラマ重視の物語を丁寧に描くことが出来ていて、より深みが増している。

そして…なんといっても"龍拳"のキメポーズがいちいちカッコイイのよ~!!!!!  手のひらを相手側に向ける時、あれ絶対に手から"波動"でてるってば…!!! うん、私には見える…

\\名づけて【成龍波】!!!!!//ハッ!ハァァァ~ッ!

北京語読みで"チェンロン"波でも、広東語読みで"センロン"波でも、日本語読みで"せいりゅう"波でも、どの語呂合わせでも素敵な響き…*☆そもそも「成龍」という漢字のお名前が最高にカッコ良くてたまらないっっ!!!!!

覚悟の上、敵を怖れず、真の悪に動じず、肝を据えた主人公の人格が恐ろしくカッコ良い!!! そのカッコ良さに魂が震える。

(もうカッコイイって言葉しか出て来ない。だってカッコイイんだもん♡笑)

シリアス流で一度も笑顔を見せてくれないジャッキー様が最高にCOOL!!!!!  仔犬みたいに可愛らしい瞳の彼が仇討ちに命を捧げる様は、見ていて心が痛み切なくなる。

杖を武器に戦うラストバトルが凄かった。早すぎて良く見えない!瞬きすると2手3手は見逃しちゃうほど。あまりに凄かったんで、後でここの部分をもう一回見直した。杖を地面についてそれを軸に宙返りするの、めちゃくちゃカッコイイ!!あのワンカットすごくお気に入り♡

あと、白色の衣装が良い!私がそう思う理由は、ラストバトルを見れば自ずと気づかれる事でしょう。あの2色のコントラスト、儚げで美しい。

ジェームズ・ティエンさんが出演してくれている事も嬉しい♡ジャッキー様と一戦交えるシーンが凄く印象的。薄暗い庭で戦う2人の画がまた良いんだ、これが…っ!!(商品パッケージのジャケ写はこの時のだね。)

またジェームズさんは、期待を裏切らないお方ですね~♪ますます大好きになりました♡

"真の悪は一体誰なのか…"

ストーリー展開も予想がつかず楽しめた。
良心をたぶらかされて葛藤する主人公が最後にとった苦渋の決断に心動かされること間違いなし!!

怒りを爆発させ、悲痛な心の叫びを相手にぶつける彼の刹那的美しさ…ラストは自然と涙がこぼれた。

物語の主人公が主人公らしく誇らしく感じられる、映画として完成度の高い作品。

さらには、同時進行で撮影されていた方向性の違う作品『酔拳』と観比べて観ると、演技の種類も異なることから、ジャッキー様が持つ魅力要素を余すことなく感じられるようになるのではないかなと思う♪

この『酔拳』撮影時についたと思われる?頬のアザが『龍拳』でも見てとれるのも、味わいの一つですね♡体をはったリアルな痛さが、彼の並々ならぬ役者魂を象徴しているかのよう。

拳シリーズ最終章ということで、どうも感傷深くなり、想いが溢れて出してしまった♡

ジャッキーチェン様、心揺るがす名作がここに!!
大変素晴らしかったです!!
猛烈に感動した*☆

Blu-ray購入してマイスクリーンで改めてまた観直したい♡♡♡

*☆Keyword*☆
『心・戦・龍の勇義』

───────────────────

2018.7.24
日本劇場公開版 Blu-rayを購入して今度は吹替で鑑賞♡

テーマソング「ドラゴン・フィスト」良いねっ!!

そういうことか~♪劇中で日本独自のオリジナルBGMがかかって、よりドラマちっくになるんだ♪

ジャッキーファンの皆様が日本劇場公開版を欲してらっしゃるのが良く分かりました。また一味も二味も違う!!これはこれで良い♡♡♡『龍拳』のシリアスさがカッコ良くスタイリッシュに変化するね!きらめく哀愁…*☆

でもね、戦う時にBGM無い方が感情移入しやすかった!音楽あるとそっちに意識がいっちゃった(笑)

シリアスなセリフ回しのクールな感じの石丸さんのお声がイケボすぎて、萌え死にました…♡♡♡♡♡ほんっとカッコイイったら…!!!!!!!!

やっぱりいいわぁ~龍拳!!

ジャッキー様、愛してる❤❤❤❤❤

───────────────────

2018.7.25
日本劇場公開版 Blu-ray 字幕 鑑賞☆

これで3回目w

昔って字幕が右位置の縦書きだったんですね!ときおりジャッキー様のお顔と被る位置だったりして勿体ないなぁと思ったり。

あと、ジャッキー様の顔の怪我だけど、右頬だけじゃなく、右目まぶたに切れた後と、右あごにもアザがあるね!まぶたもちょっと腫れぼったい。DVDじゃ気づかなかったけど、ブルーレイだとくっきり見える!なんかね、リアルに痛々しいの…超萌えちゃってキュンキュンしちゃうんだけど…そういうのだめ?…♡

やばいな…龍拳♡萌♡萌♡萌♡

ラストで武器として使う杖が摩擦と衝撃でだんだんと削げていくのたまらんなぁ…このシーン何度観ても瞬きする事でどこかのシーンを見逃してる気がする。華麗な速攻技がほんと凄すぎて…!!

最後、全身全霊で戦いきったホオウァンを見ると必ず泣けちゃう…

はぁ…龍拳にこんなにのめり込むとは思わなかったなぁ。ジャッキー様、世界一♡
おこめ

おこめの感想・評価

3.6
コメディチックないつもの作風とは異なるシリアスなジャッキーのカンフー映画。

タイトルが『龍拳』だけど、高速パンチを繰り出していて詠春拳を彷彿とさせるような戦いのシーンがありかっこよかった
『ドラゴンフィスト』や『DO OR DIE』などの挿入歌が好きなので今度は吹き替え音声のやつで観たい
>|