オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの作品情報・感想・評価・動画配信

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」に投稿された感想・評価

deniz

denizの感想・評価

3.7
「まぁよろしく伝えてくれ。あの自滅的なロマンチストのろくでなしに。」

トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンによるビターなラブストーリー。
ひとつ特異なのは、ふたりが吸血鬼であること。
激しくお話が動くわけでもなく、「吸血鬼」という設定に付き物なバトルアクションもなく。
長く永い時の流れに身を委ねながら、人間の社会の中で、淡々と、ひっそりと、日々を生きるふたりの様子が描かれる。
互いしか見えない、互いがいないと生きてはいけない。
を、苦しいほどに感じさせてくれる映画。

メインふたりがとにかく浮世離れしている。黙って佇んでいるだけで、確かに人間じゃないと納得出来てしまう、妖しくも温度を感じさせない美しさ。
そこに飛び込んでくる妹役のミア・ワシコウスカは好んでひとを破滅させていくタイプの魔性美女。
画面の顔面偏差値が、いつだって振り切れてる。

舞台は異国情緒溢れるモロッコに、廃墟だらけのデトロイト。
最新とは言い難い日常品や、使い古されたレコード盤が奏でるメロウな音楽。

いよいよ本格的な熱帯夜が始まったこの頃。
心地良くも非現実なひんやりさを与えてくれる、大人の深夜の映画鑑賞にお薦めの一作。
ヒガシ

ヒガシの感想・評価

4.7
この世の何にも勝る美を見た…イブを愛おしげに撫でるアダムの手の優しさが泣ける。ふたりぼっちだね…いっつも折り重なるようにひっついてて、本当にお互い無しじゃ生きられないんだなって…
yunkmr

yunkmrの感想・評価

5.0
最高に素敵でクールな吸血鬼カップルだった!
セリフとかもほんと素敵💕
永遠に続く愛と芸術。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.5
現代社会でひっそりと生きるドラキュラの恋人たち。
思った以上に現実的な、地に足ついた世界観だった。さすがジム・ジャームッシュ、ファンタジー過ぎずシュールに落とし込んで、オフビートに仕上げられている。


ドラキュラの習性や習慣に則って彼らは生きており、人間にバレないように、なんとか社会に適応して生きている工夫の数々が面白い。
You Tubeを利用してカリスマアーティストになったり、外出にはサングラスが必須だったり。

うまい血を飲んで高揚するドラキュラたち。彼らがエクスタシーに浸る様子を、上からゆっくり、背景だけ変わりゆく映し方によって、その興奮ぶりを効果的に見せている。

ドラキュラジョーク(?)もあったりして、あまりダーク過ぎないゆるい雰囲気を保っている。
Dr.ファウストはあからさま過ぎて笑った笑

彼女の住むモロッコの街並みが、ドイツ表現主義のサイレント映画のような、遠近感を感じる。非日常感を我々はどうしてもこの異国の地から感じてしまう。

ミア・ワシコウスカ演じるイブの妹は、アダムとイブの穏やかな日常のクラッシャーであるが、彼女の存在によってもこの作品の揺るぎない軸である、気だるい空気感は変わらない。

ブラックユーモアの効いたちょっぴりビターな展開と、夜風のような心地よい映像の連続で、気負わずに楽しむことができた。
ahira

ahiraの感想・評価

4.0
おしゃれすぎるヴァンパイアの話。
小さなワイングラスで血を飲むシーンも、アイスキャンディを食べるシーンも好きだった。
世界観、音楽、衣装全て好き。
griefly romantic

みんなが夜夜って言うから夜になるのを待ってから観たけど、ちゃんと夜だった
けど寝付きの良くなる映画ではないな〜

ジャームッシュまだ4作品目とかだけど多分間違いなくこれ程に日本語字幕の似合わない作品はない
音楽感覚でジャームッシュ作品ずっと流してたい、でも平日にそれやったらイライラしそうだから休みの日だけ
nodoka

nodokaの感想・評価

5.0
キャストも音楽も雰囲気も設定も、目に映るもの耳に入るものがわたし好み
ありがとうございます
深山充

深山充の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録用。

好き
血のアイスシャーベットをむしゃむしゃしてるシーン
「テムズ川に投げてればなんとかなった」とか文句言いながら人を始末しているシーン
このカップル感すごい理想かも知れない。
アダムがひねくれ者でイブが引っ張り出す。手を繋いでもイブは先に歩く。アダムはイブに寄りかかる。
ずっとイチャイチャしてる。なんか良い。

つーかミア・ワシコウスカが可愛すぎる。

このゆるさとお洒落なところはナイトオンザプラネットっぽい。さすがジムジャームッシュ。
Rio

Rioの感想・評価

-
初めて観たときよりずっと良かった あとアダムの精神的性質が自分と似てる
って、見たことある映画まとめて残そうとしてこの映画のページひらいたらいつだかに投稿しようとした下書きがでてきた そうだっけ
>|