オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの作品情報・感想・評価・動画配信

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」に投稿された感想・評価

作品全体を通したスローさと、映像や音楽の美しさがマッチしててとても綺麗な作品。
Meri

Meriの感想・評価

5.0
ゆったり流れる時間と登場人物達の人生観みたいな、長く生きてるヴァンパイア特有の雰囲気が素敵
ロキとエンシェントワンがヴァンパイアになって共演すんのめっちゃアツいな。

ジャームッシュは幼心の代弁者ですね。

現代社会に対する何とも言えない若者の閉塞感、今のおっさん達には絶対に伝わらないだろうし変化なんて全く期待してない。

ザフーとか60-70年くらいのモッズ文化にも「大人なんか信用しねえ」みたいなのはあるけど、時代も風土も全く違うのでどこか他人事で聞いてしまう。

そんな中、現代を生きる我々にドストレートでブッ刺してくるジャームッシュ作品はかなり効くものがある。

というよりメインのキャラクターが完全にジャームッシュの生き写しというか、思想を憑依させてるように感じるので、キャラクターを通してジャームッシュの思想が感じ取れる。

諦念と失望で他者との交流を積極的に避けるノーリスクノーリターンの生活を送る者にとって希望になること間違いなし。

こういうジャームッシュの作品を通して日常生活に小さい光を見出せる。

その小さい光こそ大切にしようよっていうのがジャームッシュなんだなって最近殊に思います。

生きづらい世の中だけど、大人なんか信用しないで、自分の小さな世界を大切にしてこうぜってことです。

他者(大人)ですら自分の中のクリエイティブなコンテンツにしてしまおうということであって決して、他人に排他的に好き勝手してしまおうぜということではないんだけども。


パターソンを見た時と全く同じ感想を抱きました。

というよりジャームッシュ作品全般的に同じような感想を抱いてしまう。
うた

うたの感想・評価

3.5
二人とも美しいからヴァンパイアが違和感無さすぎて

ジム・ジャームッシュのこういうアンニュイ映画は夜にぴったり

【opening】
レコード アダムとイヴがそれぞれの家で
ほたて

ほたての感想・評価

3.3
雰囲気抜群。
今日から2連休だから夜観るのを楽しみにしていたのに、1時間だけ観て爆睡かまして朝4時。
カナエ

カナエの感想・評価

5.0
kuuさんレビューで予習して見ました
お洋服とか部屋の家具とか高級そうなものに囲まれていて羨ましい😂
みんな大好きジムジャームッシュ監督作品です!

吸血鬼のカップルが織りなす穏やかでどこかシリアスな雰囲気にとても惹かれます!

舞台であるタンジェが醸し出す独特の街並みやロックなテイストのミュージック、車全てがカッコいいです‼︎
ロックやパンクが好きな人はぜひ見てみてください!
BOB

BOBの感想・評価

3.7
ジム・ジャームッシュ監督のヴァンパイアロマンス。

🩸🍷🍦🎸

ジム・ジャームッシュ監督らしいオフビートで芸術的なヴァンパイア映画。真夜中に、美形のヴァンパイアと、ヴィンテージ&ロックンロール。抜群に雰囲気が良い。全編夜なのも特徴で、真夜中に趣味に没頭したり、ドライヴに出掛けたりするような高揚感もあった。

現代の人間社会を憂うアンダーグラウンド音楽家アダムと、小説をこよなく愛するイヴの、何世紀にも渡る真実の愛の物語。トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンが美しい。血で濡れた口元がとてもセクシーだった。

ヴァンパイアの設定が興味深い。ヴァンパイアは人間社会に溶け込んで暮らしている。教養のある気高きヴァンパイアは人間を襲って血を吸うなんて野蛮な行為はしない。血液サンプルを買ってワインのように飲み干すのだ。人間の歴史にも数世紀に渡って、深く関わってきた。歴史に残る著名人の名前が数多く出てくる。

ジム・ジャームッシュ監督らしい皮肉もある。科学者はヒーローで、人間は教養のないゾンビ。汚染された川で死体を処理。

タンジールと廃墟化したデトロイト。パッカード車。

俯瞰ショット。

417
shooooo

shoooooの感想・評価

3.7
オシャレで艶やかな映画だった。

何百年も生きてる吸血鬼の夫婦ってだけでなんかクール。
ティルダ・スウィントンもトム・ヒドルストンも吸血鬼の役にすごくハマっていて、妖しく色っぽかった。

黒い長髪にサングラスを見ると、どうしても疑惑の作曲家がちらついてしまう笑

現代に吸血鬼がいたら直面しそうなトラブルを描く展開も、プロットとしては悪くない。
あまりユーモラスではないけど、夜中にボーッと見ていたい緩慢さは、ジャームッシュの味というべきか。
プロットも、音楽も、映像も、台詞も、間合いも不健康なトムヒドルストンも全てが完璧な映画。
現代に対する風刺が効いていて最高。
絶対に夜見ろ。
>|

あなたにおすすめの記事