銀座カンカン娘の作品情報・感想・評価

銀座カンカン娘1949年製作の映画)

製作国:

上映時間:68分

ジャンル:

3.9

「銀座カンカン娘」に投稿された感想・評価

この映画を観るまで、「銀座カンカン娘」の歌は笠置シズ子の歌だと思っていたが、なんと高峰秀子が歌っているではないか。
しかも、歌詞を変えて何回も。
これを観られただけでも良かった映画。

ただ、冒頭は、銀座とは程遠い田舎の家で貧乏暮らしをする女性二人(高峰秀子、笠置シズ子)が居候しているが、犬を捨てようと出かけた高峰秀子が突然映画に出演させられるがエキストラ。
そこで出会った太った男の誘いで銀座で唄うこととなり……

余談だが、なかなか捨てられない犬を二階の窓からカゴでやりとりする場面は、映画『トリュフォーの思春期』みたいだ。
また、当時公開されていたはずの映画(ダナ・アンドリュースの『鉄のカーテン』)の大きな広告が時代を映している。

また、笠置シズ子は、黒澤明作の『ジャングル・ブギ』まで歌うサービス。

古今亭志ん生の落語まで見ることが出来る贅沢な娯楽映画であった。
この時代の新東宝映画は、内容はおいといて、昭和史の貴重な資料としての面が大きい。

歌謡映画は戦前・戦後のスター歌手の全盛期の歌声が聴けるわ、「エノケンのホームラン王」は、三原監督以下、中島、川上、千葉、青田といった第二次黄金期の巨人軍が勢揃いするわで、まさに文化遺産レベルの貴重映像が残っている。

前置きが長くなったが、そんな新東宝の作品群のなかでも、内容、映像の貴重さ、いずれにしても抜きん出ているのがこの「銀座カンカン娘」だと思う。

デコチャン、ハイカツ、岸井明、笠置さんのエンターテイナー四人の歌や芝居が非常に楽しく、さらにその脇を固めるのが昭和落語界の最高峰・志ん生師匠という豪華さ。

お馴染みの「銀座カンカン娘」や「ジャングル・ブギ―」も聴けるし、「替り目」も見れると、まさに正月のおせち料理のような作品である。
耀西本

耀西本の感想・評価

3.5
こういう女性のお茶目さを今となっては想像するのすら難しいと思うのですが…何なんでしょう、僕が男子校だからでしょうか
yuka

yukaの感想・評価

3.9
これだけ歌で盛り上げておいて最後は落語?反則だろ!と号泣する映画
oekoju

oekojuの感想・評価

-
毎日聞いてる銀座駅の発車メロディ。
高峰秀子の愛嬌が絶好調。
話自体は何と言うことはないけれども笠置シヅ子の歌や5代目志ん生の落語等々芸能のショールームのごとくバラエティ豊かなコメディ。
畑だらけの東京と犬に和まされる。
「女優は踊る 素敵な『ダンス』のある映画」@神保町シアター
9

9の感想・評価

-
頭が痛い♪お腹が痛い♪お家にいたい♪(かわいい)
戦後の大変さも垣間見えるけど元気が出た
N

Nの感想・評価

3.5
金がなくても、家がなくても、笑って歌っていれば人生楽しいもんよと言われているような気がした。
1949年の東京が田舎過ぎ!。銀座の英字看板が魅惑的。

この銀座カンカン娘という楽曲は小学生の時に母が好きだった「オールスター家族対抗歌合戦」で好んで歌われていて憶えていたが公開当時に本作を見た(映画評論家以外の)人はいっぺんで好きになったのだろう快作。
人畜無害の娯楽作のつもりで見てたら無抵抗非暴力の描写がありやっぱり戦後だなと思う。

噂の志ん生師匠は座ってるだけかと思ったら立って歩いたので驚いた!浦辺粂子よりチッセーし。
菩薩

菩薩の感想・評価

4.2
文句のつけようがありゃしない。味噌汁茶碗にご飯ぶっ込んでかき込む高峰秀子の可愛さが尋常じゃない。ポチに追われる高峰秀子の可愛さも尋常じゃない。なにより志ん生がこうかはばつぐんだ!過ぎる。銀座駅の発着メロディがなぜ?と何度も疑問を抱いたが、こういう訳か、面白すぎるからそりゃしょうがない。笠置シヅ子も、うん、声がいい!(無理矢理)銀座パンパン娘て。カルピス飲みたい。
>|