トイ・ソルジャーの作品情報・感想・評価

「トイ・ソルジャー」に投稿された感想・評価

Melko

Melkoの感想・評価

3.3
3連休引きこもり映画2本目。
割と昔の映画だからか、相当凄いことが学校内で繰り広げられてるのに、ゆったり進行の内容。

落ちこぼれが集まる全寮制男子校生vs
メキシコのテロリスト

時代もあるのか、落ちこぼれたちがやってるヤンチャなことといえば、
校門に落書きしたり
校長室の家具を全部そのまま校庭に出したり、
テレフォンセックスするために電話線勝手に使ったり、ウォッカを混ぜたうがい薬を友達に売ったり、と、とてもかわいい内容。
主人公と、同室の親友は、そんなことをしょっちゅうやってる悪ガキ達だけど、
自分の保身のために仲間を売ることは絶対にしない、とても仲間思いの良い奴ら。
そんな悪ガキ達が、それぞれの得意なことを活かし、知恵を絞ってテロリストに立ち向かう。
その内容、やり方も、ヤンチャなことをやるために校内中を知り尽くした悪ガキ達ならでは。そこを見てるのが面白かった。

自分だったら、後半で起こる悲劇に打ちひしがれて戦うのを止めてしまいそうだけど、、

主人公役が、ロードオブザリングのあの人と最後にわかってビックリ。!
こんな時代もあったのか、、

序盤で落ちこぼれたちにうっとうしがられてた先生が、実は生徒思いの行動派な熱い人で、全編通して良い仕事してた。
この先生への恩は一生忘れちゃいけないよ、悪ガキ共。
Nina

Ninaの感想・評価

5.0
悪ガキvsテロリストっていうストーリー設定が斬新でとても面白かった
同じく全寮制いまを生きるのヤンチャ版みたいな学園青春アクション映画で結構楽しめた!
ジョージペリッツ、ハンサムすぎ♡
91年の作品にしてはやっぱりまだ80年代の懐かしい残り香があっていいねすきすき
血気盛んな男子諸君なら誰でもが妄想したことがあるであろう、授業中にテロリストに襲撃されて好きな女子を守りいい感じになる

女子こそいないものの、本作はまさにそんな妄想を思いっきり映画化してやったぜ的な作品

ジャケットで思いっきり悪役面してる黒人のおっさんは実は先生。生徒にいたずらされて思いっきり怒るんだけど、生徒が出ていったあとに吹き出したりして本当良い先生なのが伝わる

トイ・ストーリーとは全く関係ありません
まこと

まことの感想・評価

3.9
「グーニーズ」のショーン・アスティン × 「スタンド・バイ・ミー」のウィル・ウィートン

80年代を代表する二大青春映画でそれぞれ活躍した二人が共演したこれもまた学園青春映画

ストーリーはテロリストに占拠された学園内で巻き起こる騒動といったものですが、敷地が広大なため様々な場所で巻き起こる様々な人間たちの様々な攻防戦がラストまで緊張感を切ることなく巧みに引っ張っている

TSUTAYA発掘良品コーナーでたまたま見つけてレンタルしてみたんですが、やっぱりちゃんと精査されて厳選されたコーナーなんだなということを改めて実感しました
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.6
まず子供VSテロリスト集団という構図が面白い。 生徒の半数は他校から退学して引き取られた問題児だが石油会社の社長の息子だったりマフィアの息子だったりと錚々たるメンバー。笑
子供達は『グーニーズ』のショーン・アスティンに『スタンドバイミー』のウィル・ウィートンという布陣。

軍隊を率いる将軍にはリー・アーメイ、教頭にはルイス・ゴセット・ジュニアという豪華キャスト。

ほぼ寮付きの学校という空間のみで広げられる学園アクションだがドキドキしながら飽きることなく楽しめる。

テロリストが来ても怯えずに部屋でプレイボーイなんか嗜む所はさすが悪ガキ達といった所で逆に大人達と違い柔軟性があるのがまたいいね。
隠れ名作。
悪ガキVSテロリストっていう構図的に、ホームアローンのような、派手で笑えるイタズラで撃退するのかと思いきや、本格的な内容で良かった。教頭と生徒たちの関係性がすごく良い。
ぺ

ぺの感想・評価

3.8
悪ガキ集団VSテロリスト
ガッチガチの重装備で生徒を人質に学校に立てこもるテロリスト。
見つからないよう行動する緊張感はなかなかのもの。
大人顔負けの行動力で子供ならでは感はあまりない。
もう少し軽いタッチの部分があってもよかったとも思う。

ジュブナイルアクションの隠れた名作。
80年代の残り香を伴った懐かい雰囲気がたまらない青春アクション映画。未見だったのですが、ようやく鑑賞!!

全寮制の高校に通う判事の息子の命と引き換えに獄中の仲間の釈放を求め、コロンビアから来たテロリストグループが学校を占拠。外部との接触は断たれ、爆弾も仕掛けられた校内で彼らは生徒たちを人質に取るが、リーダーのビリーをはじめとする悪ガキ集団は決死の覚悟で戦いを挑むことに...。

皆さん書いていらっしゃるようにまさに『ダイ・ハード』と『グーニーズ』の融合!とはいえ、後者よりももっとシリアスな描写も多く、手に汗握る展開にハラハラドキドキ。主演のショーン・アスティンはじめ、『スタンド・バイ・ミー』でおなじみのウィル・ウィートンも出ていたりと、80年代映画ファンにはたまらない取り合わせ。脇を固める大人の俳優さんたちもこれまたすごくて、『愛と青春の旅立ち』のルイス・ゴセット・ジュニアと『フルメタル・ジャケット』のR・リー・アーメイの元祖教官コンビも登場(笑)。

一見悪ガキに見えるビリーたちが、いざとなったら正義に燃えて、子供達らしいユニークな方法でテロリストグループを撃退する姿は清々しいし、笑えるところもたくさんありました。
それだけでなく、ホロリとなるシーンもあって、観終わった後に心洗われる映画でした。青春映画もアクション映画も好きな人にはとってもオススメ!

リメイクしないかな〜。
はろぅ

はろぅの感想・評価

3.0
友情などの爽やかな雰囲気と、割と容赦ないテロリストの不穏な感じがバランスよく思った以上に楽しめた。

子供達を信じてる大人。
パンツ姿で作戦会議する男の子達。
マフィアの復讐(これをテロリストの息子が知ることはなかったね)
男の子達最後は仲間増えてた!

娯楽として見て良かった。
913

913の感想・評価

3.8
「学園ダイハード!」

どっかで面白いという話を聞いたからTSUTAYAで見つけることに。なんでもBlu-rayどころかDVD化すらつい最近までされてなかったらしい。

悪ガキたちが学校を占拠したテロリストと戦うべく計画を練るというのだが、俺は結構好き。子供たちで活躍する系のやつは大体面白いと思ってる。まさにダイハード。ダクトを這っていくとこはまさしくそれ。
>|