タップスの作品情報・感想・評価

「タップス」に投稿された感想・評価

軍人になる、とは。

トムのプリプリ感。
ショーンペンいいね!
内容とか全然知らずに、ただのトム・クルーズ目的の鑑賞。
軍隊学校っていうのかな?
日本にはあまり親しみのない施設の為序盤若干乗り遅れる。
エリート街道を進む主人公がいきなり閉校になってしまう事に戸惑い、同校の学生だけで武装蜂起を起こし学校に籠城する。

こんなギラッギラなトム・クルーズ見た事ない!ってくらいの存在感で、それだけでも観る価値はあった!
ショーン・ペンと供にこの2人の助演が若々しくも周りのキャストと大きくオーラが違うのが分かる。

脚本は古臭いけど、全然期待してなかった分楽しめる作品だった。
かやこ

かやこの感想・評価

5.0
とてもつらい、悲しいラスト。それでも大好きな映画。年を取った今は、もうつらくて見れない……(涙) でも、やっぱり大好き。
おいも

おいもの感想・評価

3.3
トム目当てでみた。若くてまだ声が高い。
籠城ごっこのようにして始まる対立が徐々にエスカレートしていく。かと思いきや終始緊張感がない。いつでもやれちゃう危うさ、未熟さは出てた。
馮美梅

馮美梅の感想・評価

3.0
姉と映画を観に行こうということで、梅田ナビオの前で「エレファントマン」そしてこの作品「タップス」どちらを観るか悩んで、ジャンケン三回勝負で勝った方の映画を観ようということで(2人ともどちらもいいなと決めかねていたので適当にそれぞれの作品に振り分けて)で、結果見ることになったのがこの作品。

でも、なんでこの作品が観たかったのかいまいちわかんないんですけどね(笑)

今思うと、ティモシー・ハットン、ショーン・ペン、そしてトム・クルーズなど実力派の俳優さんが出演してて、(ほぼみんなデビューしたてって感じでしたが、この作品を観て、私はトムが好きになりました(トップガンの頃には卒業しましたが)

軍事学校が突如廃校になるということが決まり、それを阻止しようと若き指揮官候補生徒達が籠城を始める。そしてそのことで悲劇が…

兎に角、軍服にベレー帽姿のトム・クルーズが超〜カッコよくて、この俳優さんはこれから人気が出るだろうなと目をつけたくらい本当にキラキラしてた。ショーンも地味な役回りだったけど、それがかえってよかったようにおもう。

まあ、軍の学校だから武器は色々あるだけに、一旦暴走し始めたら、どんな冷静でリーダー的だったブライアンでも狂った仲間を止めるのは難しかったんだろうね。こんなことで命をなくすなんて本当に切ないな、そしてディヴィットもこんなことで無差別に銃をぶっ放して自分の人生棒に振ることになるなんてこれまたなんとも言えない気分になったね。(でもそんなディヴィッドを演じたトムはやっぱかっこよかった(笑))

2人とも思いがけずチョイスして良かったという思い出の作品でした。
『普通の人々』で好演したティモシー・ハットンの主演作。
…やったのに、今ではS・ペン、T・クルーズの出演作品として語られる事が多い。
いつ暴走するか分からない危うい緊張感の中、ハットン君は頑張って統率しとったのにね…。
もう少し彼にも目を向けてあげよう。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2017.9.3 BS

忠誠、名誉、友人を守るべく巨大な権力に立ち向かっていく少年兵たちの青さと虚しさ、やがて迎えるその代償を丁寧に描出していく展開の積み重ねが良い。パレードや隊列の反復により語らずして語る演出の巧さ、門の前での整列の構図の確かさにも唸らされるし、美徳と紙一重の狂気を宿らせたトム・クルーズ、捻くれキャラのショーン・ペンが魅せるラストシーンも素晴らしい。
Nina

Ninaの感想・評価

-
ちょっとした陸軍の青春て感じ
そしてトムちゃんの坊主触りたい

このレビューはネタバレを含みます

ジョージ・C・スコット将軍経由ぼくらの籠城作戦。

今の目から見ると、ショーン・ペンがやりそうな短気キャラをトム・クルーズが、トム・クルーズがやりそうな優等生キャラをショーン・ペンがやってる面白さがある映画。

今のショーン・ペンの干からび具合を考えるとトム・クルーズのアンチエイジングはスゲェ!
え

えの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後に狂っちゃう感じ嫌いじゃないけれどなんだかこれは納得できない展開、、
将軍の存在もいまいち?

それにしても若いころのショーンペンほんとうに、、
>|