スティングの作品情報・感想・評価

「スティング」に投稿された感想・評価

KUBO

KUBOの感想・評価

5.0
私が「生涯で一番好きな映画は?」と聞かれた時に答えるのが、本作「スティング」。

1973年の作品。私は当時、中学一年生。昨年亡くなった母といっしょに、これも今は亡き「渋谷パンテオン」で見た覚えがある。

一番脂がのっていた時代の「ポール・ニューマン」と「ロバート・レッドフォード」のコンビ。マーヴィン・ハムリッシュとスコット・ジョプリンによる誰もが知る「エンターテナー」を始めとする名曲の数々。古き良き時代のシカゴの街並み。そして、何より一分の隙もない完璧な脚本。

誰が誰を騙しているのか? 幾重にも張り巡らされた伏線を追いかけて、最後に「hook」されるのは、見ている我々、観客だ。

あまりにも鮮やかなどんでん返しを楽しめるのは最初の一回切りだが、2回目以降はアートを見るように楽しめる。

これぞエンターテイメント!
これぞ「映画」!
粋でおしゃれな永遠の名作です。
あやと

あやとの感想・評価

4.0
おれも詐欺グループに入れてほしい
信用詐欺もののはしりのようです。敵を騙すだけではなく、観ている私たちをも騙します。心地よい騙されに拍手をおくりたくなりますね。詐欺は悪いことなのですが、さらにその上をいく悪でかつとても強い人を騙すので嫌味なく後味のよい映画でした。
悟

悟の感想・評価

3.6
面白い古典。って感じ。

出てくる詐欺師の様に義理堅く、そしてふらふらと漂って生きたいなあ。
不覚にも詐欺師をカッコよく思ってしまう。あの研ぎ澄まされた一挙手一投足なに????
Tomoarch

Tomoarchの感想・評価

4.9
私にとっての「映画」とはこれです。これを見ずして何を見るんだ!明快そして、ベタベタにお洒落。お芝居を見に行った気分です。時代を全く感じさせないテンポ感。列車内のポーカーをはじめ、雰囲気がしっかり描けていて、どの場面でも乗せられてしまいました。
Yuya

Yuyaの感想・評価

4.2
何もかもが 小粋に洒落てやがんの
レッドフォードのザ・ハンサム然り ポール・ニューマンの燻し銀なニヤつき

そこへ 音楽とデザインと展開の 完璧な遠心力でもって 映画という基軸から飛び出した ザッツ・エンターテイメント!

もはや感想語るなんて ナンセンス
黙って観ときゃ 2時間後には軽快なステップ踏んで テーマ曲の口笛吹いてっからさ
はとこ

はとこの感想・評価

4.6
騙し騙される鮮やかなやり口にしてやられます。これぞまさに天才詐欺師!画面も同じように鮮やかで綺麗ですね。最初の30分ほどは台詞パートで、色々混乱しそうになったのですがそれからは流れるようにテンポ良く見れます。気持ち良い終わり方でした。
6 . 15

どひゃー最高
石橋を叩いて渡ろうと思いました
>|