スティングの作品情報・感想・評価・動画配信

スティング1973年製作の映画)

The Sting

上映日:1974年06月15日

製作国:

上映時間:129分

4.1

あらすじ

「スティング」に投稿された感想・評価

KUBO

KUBOの感想・評価

5.0
私が「生涯で一番好きな映画は?」と聞かれた時に答えるのが、本作「スティング」。

1973年の作品。私は当時、中学一年生。昨年亡くなった母といっしょに、これも今は亡き「渋谷パンテオン」で見た覚えがある。

一番脂がのっていた時代の「ポール・ニューマン」と「ロバート・レッドフォード」のコンビ。マーヴィン・ハムリッシュとスコット・ジョプリンによる誰もが知る「エンターテナー」を始めとする名曲の数々。古き良き時代のシカゴの街並み。そして、何より一分の隙もない完璧な脚本。

誰が誰を騙しているのか? 幾重にも張り巡らされた伏線を追いかけて、最後に「hook」されるのは、見ている我々、観客だ。

あまりにも鮮やかなどんでん返しを楽しめるのは最初の一回切りだが、2回目以降はアートを見るように楽しめる。

これぞエンターテイメント!
これぞ「映画」!
粋でおしゃれな永遠の名作です。
元祖コンフィデンスマン。

演出と音楽と衣装のレトロな感じが、温かみがあってほっこりした。
たまにcmとかで何気なく耳にするピアノの旋律も、ここ発祥だったのね。

ポール・ニューマンの飄々とした余裕のある雰囲気が、イケオジさに磨きをかけてた。
詐欺は復讐ではなく楽しむ手段ってのが沁みた。

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ大掛かりな詐欺映画だったけどしっかり面白い!
FBIも仲間だと言わないだけでどんでん返しにできてしまうのがすごい
岸尾

岸尾の感想・評価

4.0
こりゃ、名作と言われるだけある。

ドキドキする場面の連続で飽きさせないし、ラストはとても爽快な終わり方。
詐欺師映画のお手本みたいな作品だった。

あと、好きだったのは音楽。
ラグタイム系の音楽が多く、子気味いいリズムで物語を彩ってくれる。
凄く個人的なことだけど自分が一番好きなゲーム作品『bioshock Infinite』と同じ楽曲が使用されていて地味に感動した(笑)

豪華な役者、爽快なストーリーに加え、レトロなアメリカを存分に楽しむことが出来て大満足な1本。
ピアノのイントロから始まる音楽はジ・エンターテイナー(スコットジョプリン作)。音楽が洒落ている。音楽が映画の雰囲気を作る

詐欺師のコンビが復讐する。騙しで復讐するからエンターテイメントとして観れる

これほどの娯楽作がオスカーを受賞しているのも今となっては驚き
Piano

Pianoの感想・評価

3.8
確かに元祖コンフィデンスマンJPだ。
50年近く前に、こんなお洒落な詐欺映画があったなんて新しい。
子供の頃に、従兄弟のお兄ちゃんがスティングにはまった影響で、観てもいないのに私もこの映画のファンだった。特にテーマ曲が好きで、楽譜買って弾いてたな。
タタラたんたたん、タタラたんたたん、タタラたんタタタタん、チャンっ てね。

昔から上空を走るシカゴの鉄道あったのね。街並みもファッションもレトロで感慨深いし、ポールニューマンが洒落カッコいい。
NOB

NOBの感想・評価

4.2
NHK-BS録画視聴。
REY

REYの感想・評価

3.2
#2-6
凄く古い作品ですが
オススメされたので鑑賞してみました。
最初もチョイ騙されたw
聞いた事ある音楽がバックに流れる中、テンポ良く話は進み
最後は思いっきり騙された(笑) 
ペテン師集団の
アッパレなプロの仕事ぶりと
ラスト20分どんでん返しを楽しむ
騙される為にある不朽の名作!!
JEDI

JEDIの感想・評価

4.2
ずっと観たかったやつ。
最高かよ…騙すの観てる側ってこんなに楽しいのか笑

最初の騙しとポーカーのシーンがめっちゃ好き。
>|

あなたにおすすめの記事