シンシナティ・キッドの作品情報・感想・評価

「シンシナティ・キッド」に投稿された感想・評価

もん

もんの感想・評価

3.7

スティーヴ・マックィーン演じる凄腕ギャンブラーのキッドがお金と名誉を賭けて名人ランシーに戦いを挑む。
名人との戦いというクライマックスに向けて、キッドの恋愛模様や戦いまでの紆余曲折を描いた作品。

かなり前に観たので始終記憶は曖昧です。
ただオープ二ングが超オシャレだったのは覚えてます。
楽隊の演奏と踊る人々、銀髪碧眼のマックィーン!


マックィーンは寡黙でクールな役が似合うし実際そういった役が多いですが本作はそれに加えて若さというか青さも目立ちました。
というのも、名人役のエドワード・G・ロビンソンの迫力が半端ないんですよ。笑
この二大俳優の駆け引きが見れただけでも私的には大満足です。

ラストはちょっと意外。
マックィーン主演のポーカー映画。

スタッドポーカーに絶対の自信があるキッド(マックィーン)が30年も君臨するポーカーの名手に対戦を挑むギャンブラーのドラマ。
ノスタルジックな雰囲気が最高にいい。

マックィーンといえば「大脱走」や「タワーリング・インフェルノ」のイメージが強く非日常的な役が多いが、本作では街の1人のギャンブラー演じ、少し柔らかい雰囲気の彼を楽しめる。

メインのポーカーはカード勝負の演出を控え、あくまでもギャンブラー達の駆け引きを軸にしているのでポーカーのルールを知らなくても、役者の演技で良い緊張感が伝わります。

もちろん、ポーカーが好きならより楽しめる1本で、更にマックィーンも好きなら、この映画はあなたのお気に入り間違いなし!?
NAO

NAOの感想・評価

2.8
2018.05.24 on dvd
-----------------------------------
なんで中肉中背の年増と浮気したの?
-----------------------------------
ポーカー関連4作目。
AbemaTV poker x pokerでTexas hold 'emに興味を持ち鑑賞。ただ残念ながら、今作は他2作と違いTexas hold 'emじゃなくスタッドポーカー。

これまでのポーカー関連作同様終始淡々、しかも今作はラストバトルまで淡々、これは作品の問題じゃなくポーカーの種類の問題かな、スタッドポーカー 盛り上がらね〜。それとマックイーン作品観たことないからか、主人公含め誰にも感情移入できなかったのもあるかも。ラストも嫌い。でも、時代的にあの年代の人が山(?)、野原(?)でデートしてるシーンは新鮮だった。

とりあえず、『大脱走』『タワーリングインフェルノ』あたり観てみるか。。
TakuPan

TakuPanの感想・評価

2.6
テーマが限定的で変に話が広がらない&浅いため見やすい。
ギャンブラーのポーカー対決。


ただ古臭さは否めない。
家族との意気投合が唐突だったり、浮気がバレた伏線は回収されてないなど。
今の映画ならもう少し伏線はって話を膨らませるか深みをもたせるだろう。
カマ

カマの感想・評価

4.0
エンディングテーマの格好良さ。シンシナティキッドのテーマ(仮)格好良すぎか。
スティーブ・マックイーン主演のカジノ映画。

主人公がポーカーで長年の経験者と戦う様子を描いていますが、それに至るまでにそれぞれの駆け引きや主人公の挫折というものがあり、飽きずに楽しめました。
終わり方は人それぞれ思うところはあるけど、個人的にはこれでもいいのかな。

コイントスの練習しなきゃ。
太郎

太郎の感想・評価

4.2
映画中の雰囲気が凄い好き。
若い主人公と年配のザ・マンがポーカーで勝負する。お金と名誉を賭ける男と男の勝負って感じだった。
ポーカー中のトランプの扱い方や賭け金の数え方とか細かいところではあるがカッコいいシーンが多かった。勝ち逃げする時の捨てゼリフとかどれを取っても渋くてカッコよかった。
主人公は物静かな感じではあるが、若いがゆえに慎重さに欠け無鉄砲な感じだった。その感じが緊張感を生み出していたし、緊張感を味わうだけでなく恋愛や友情などの視点もあり退屈しなかった。
オススメした友人が最後のシーンで少し拍子抜けしたと言ってたが、全然あれでよかった。あの黒人少年が少し煽ってるように感じまたお金を借りてでも勝負にリベンジするのかと思いドキドキした。あそこで主人公が少し大人になったようにも感じたし、ラストのシーンだけでも多くのことを感じ取れると思う。
なかなか一筋縄ではいかないところが面白い。
ポーカーは精神も体力も削られるのだろうか。見終わって、少し疲れた。

自分には全く馴染みのない世界だし、みんなタバコ吸ってばっかりだけど、孤独感がなんだか心地よさそう。
たく

たくの感想・評価

3.3
2大ギャンブラーの世紀の決戦。
往年のハリウッドスタイルでちょっと古臭さを感じたけど終盤の緊迫感は良かった。
カール・マルデンの人間的な弱さ、カードさばき、アン・マーガレットの色気が見どころ。
マサ

マサの感想・評価

3.0
まさかタイトルがそのまんま主人公の名前だったとは…。ポーカーでの大勝負だけど、イカサマをせずにあそこまでの手が舞い込むなんて恐ろしい人たち。ジャックとは最後縁が無かったんだね。唐突に登場する子供のドヤ感とキッドの絶望感とそこで終わるかという演出!
>|