結婚のすべての作品情報・感想・評価・動画配信

「結婚のすべて」に投稿された感想・評価

デビュー作から既にこの作家性とばきばきの演出は天才。しかも脚本は白坂依志夫でちゃんと面白い。
ウエディングケーキを上から下に断絶するタイトルバックからラストの道路を下から上に縦断する縦の動きのシンクロがすごかった。
当時の先進的女性像な雪村いづみがヤリ目インテリや一見冷めた姉夫婦を通過して結婚観を更新。ホームボディ的な新珠三千代としがない大学教授の上原謙が胸の“呼び鈴“を鳴らすまでの数々の仕込みが見事。
「お2階へどうぞ」やローラーと雑巾掛けなどカットの繋ぎ、感情とリンクするカメラの動きや音のシンクロなど、徹底して“映画”を意識して作っている。好き。
さまざまな結婚観と形が提示されるが、お見合い結婚でも恋愛結婚でも大切なことはただ1つと分かる岡本喜8の秀作。
まず、パスタをかぶっても動じないこと。


新珠三千代さんとても上品で落ち着きがあるのに笑うととってもキュート。本作の新珠さんかわいすぎます
ジェンダー的価値観含め思いの外、古臭くなくスクリューボールコメディーのようでめちゃくちゃ楽しめました。
一見、真逆のような姉妹だが、似たもの同士。

新珠三千代が可愛すぎる。

私の呼び鈴だって
鳴るのよ
鳴らそうと思いさえすれば
いくらでも

岡本喜八監督のデビュー作。
音響効果に合わせたカットも、スクリューボールコメディのような小気味よい会話も、文句なく最高。
喜八デヴュー作がアマプラで観られるとは。
リズム(音)に合わせた演出や、場所も時間も異なるシーンを似ている構図や行動を関連づけてつなぐ「ダジャレつなぎ」(※呼び方がわからないので個人的にそう呼んでるだけ)もすでに使われていることが驚き。
展開と台詞の速さや、ごちゃごちゃして活気のある舞台は、スクリューボール・コメディのようで、三橋達也が受話器を2個持って話すシーンとか好み。
新珠三千代も艶カワイくてよかった。
も

もの感想・評価

3.5
ラストの高速切り返し→クラクションなりまくる通りをものともせず歩く男女のロングショットが◎
哲学科講師(職位は何だっけ)について「先生も結婚してなきゃ、とっくに博士論文通ってる」と陰で吐き捨てるのが最前列熱心学徒なのも笑えるし、インテリかと思えば突き詰めれば結局ただのヤリ目的軽薄ペテン口先野郎なのが面白すぎ。

2021/01/09
デビュー作にしてこのテンポ!
その源は何なんだろう?
キハチはこれを撮る前に
例えばどんな映画を見ていたんだろう

貞淑すぎる姉とは
すっぱすぎる妹が居て
2人とも最終的に
ハッピー・ミディアムへ向かう感じは
ベタと言えばベタだけど
昔の日本のリアルな恋愛観を知れる、
豆知識的な面白みもアリ
   
2020.12.27
こづ堂

こづ堂の感想・評価

3.3
ベタだけどいい話。

こういう男女の問題の議論や
結婚相談所や花嫁学校を見学の
シーンの尺が長いのがこの時代
らしくて好き。
書庫番

書庫番の感想・評価

4.2
2020年12月6日 Amazon prime videoにて鑑賞。

レビューは後ほど。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
▪️JP Title :「結婚のすべて」
Original : ※※※
▪️First Release Year : 1958
▪️JP Release Date : 1958/05/26
▪️Production Country : 日本
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record : 2020-737 再鑑賞
🕰Running Time : 84分
▪️Director : 岡本喜八
▪️Writer : 白坂 依志夫
▪️MusicD : 馬渡誠一
▪️Cast : 雪村いづみ、山田真二、上原謙、新珠三千代、三橋達也、仲代達矢
▪️Review
オープニングからめっちゃ刺激的、岡本喜八監督の才気が溢れきっています!!SEXの氾濫、スピードの時代。。。でも結婚は社会的な結合。。。
名匠・岡本喜八監督のデビュー作なんですね。当時アイドル・スターであった雪村いづみを主演に据えた恋愛結婚に憧れる若い女性を描く風俗コメディで、そのテンポの速さが評判になりました。1950年代のファッションや時代感覚も実にモダン。たたみかける会話の速さや当時の街並みをも詰め込んだ斬新なカット割も凄いですね!
内容は、貞淑な若妻の新玉三千代と跳ねっ返りの現代娘の雪村いづみの対照的な姉妹の恋愛観を対比しながら、1958年当時の結婚観をコミカルに描いた良作です。デビュー作でも、やはりもう岡本喜八監督ですね。
その出演陣も素晴らしいですが、岡本喜八監督のために参加したゲスト出演が出色。特に三船敏郎がエッという役柄で魅せてくれます。仲代達矢も若いっ!!
音楽と映像のシンクロやリズム感覚や大胆な構図など作品に引き込まれてしまいます。ミッキー・カーチスの歌う「結婚ロック」も良いですね!!

“私の呼び鈴も鳴るんですのよ。”しごく名言。

岡本喜八監督のデビュー作、面白いですっ!!

▪️Overview
「新婚七つの楽しみ」の白坂依志夫の書き下ろし脚本を、新人第一回の岡本喜八が監督し、「二人だけの橋」の中井朝一が撮影した風俗喜劇。主演は「大当り狸御殿」の雪村いづみ、山田真二、「氷壁」の上原謙、「葵秘帖」の新珠三千代、「女であること」の三橋達也、「母三人(1958)」の仲代達矢など。(引用:映画. com)
>|