歌え若人達の作品情報・感想・評価

「歌え若人達」に投稿された感想・評価

あまり観る気が起こらなかったので、本作の出演者に岡田茉莉子がクレジットされていたので観てみたら「特別出演」だった(汗)

冒頭、銀座ビルの屋上から見渡す1962~63年の東京の風景。アドバルーン懐かしい。
そして東大、早稲田、慶応の各大学などの風景を映しながら、この映画の主人公となる学生たちにスポットあてて物語が進んでいくのだが、如何せん面白くない。

カラー映画なので当時の風景を観られるのは楽しいが、物語が全く面白くないのは致命的。
ただ、岩下志麻や倍賞千恵子は若くて綺麗。
しかし、タイトルどおり若者歌うシーンなどは「何を描きたいのか?」と思いながら観ていたが、松竹「新春スターパレード」で佐田啓二まで歌うとは(笑)

観るのがツラい駄作であった。
小林正樹監督の『まごころ』が脚本の木下恵介によって乗っ取られた作品であったように、本作は脚本の山田太一に乗っ取られた作品だと思いましたけどどうでしょう?

『ふぞろいの林檎たち』の原型になったとかならなかったとかという男女の物語ですが、山田太一ドラマをあまり知らない私でさえも台詞回しがなるほどでした。いくつか特徴的な台詞があったけど忘れてしまいましたが…。

パッと出のスターを皮肉ったような主人公・松川は木下恵介自身が抜擢したらしいけど、あんまりキャピキャピしていなくて、木下恵介のアッチ方面の衰えも感じずにはいられませんでした。一応、入浴シーンは残していましたけど。『まごころ』での石浜朗の足下にも及ばず。

松川がテレビ俳優として有名になっていくことに本人は気恥ずかしく思うものの、本分の学業でもないのに母親は誇らしげに思いタクシー運転手(渥美清)とかに自慢げに話すのにはホッコリ。…親が子を想う気持ちが分かる年齢になってしまいました。自分の子が認められることは自分が認められるようだということも。

岩下志麻がファンからのサインを断る松川に対して「私はそう(=ファンからサイン下さいと)言われたくて頑張って来たのに…」と言うのは台詞なのかリアルなのか。

「木下恵介に撮ってもらえよ」とかの楽屋オチは、リアルタイム当時ではアリでも、今見るとちょっとツラいですよね。。

総じて珍品ですがかなり好きな作品でした。
山田太一大いに木下恵介を揶揄する。
木下がスカウトしたというイケメン主役・松川勉が偶然グラフ雑誌の表紙に。あれよあれよとテレビドラマの主役から松竹映画デビューへ。
「木下恵介に撮ってもらえるといいな」にのけぞる。
松川のテンポゼロの大根ぶりに苦笑失笑、脱力必至の90分。