裸体の作品情報・感想・評価

「裸体」に投稿された感想・評価

大した筋もなくて、瑳峨三智子の魅力だけで勝負してくる作品。ある意味潔い。

「女優 瑳峨三智子」@シネマヴェーラ渋谷
CTB

CTBの感想・評価

4.5
船橋の汚ない風呂屋、船着場、浦辺粂子の適当に湿布貼られた背中が見られただけで満足。立ちんぼ婆の本物感が凄い。
序盤、連れ込み宿での玄関からスーッと二階まで昇るカメラワークに、同監督の後(次作)の傑作『四畳半物語 娼婦しの』を思い出してワクワク。監督はこういう感じが好きなんだなあと。

嵯峨美智子は、下品な言い方をすれば単体では難しいAV女優みたいな安い感じがして時にマイナスになるけど本作にはその感じがぴったりフィット。

ゴチャゴチャした路地で若造を客にしようとまとわりついたものの突き飛ばされて汚い路上にふせてしまったりするのは、同じ頃(ですよね?)製作の「ひも」などいわゆる東映二文字シリーズ(成澤脚本)を思わせてグッときた。

救われようとも思いもせず、むしろ救われることを拒むようにして夜の女へと堕ちていく女性を描いた大好物な映画。
ほぼ同じタイプの女性を描きながらアプローチが全く違う傑作『夜の片鱗』と二本立てで再び観たい佳作でした。新文芸坐さんか、ヴェーラさんか、どちらか宜しくお願いします。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.0
嵯峨三智子がめちゃくちゃコケティッシュな以外なにひとつない。からっぽ度合いが清々しい。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
嵯峨さんは一線をキープするのに浪花千栄子さんはさらっとチクビ晒すのクソッやられたと思った。
船橋の情景がいかにも船橋船橋していて印象的。
長門さんはマジいいやつっぽいな。
自分の美しさに揺るぎない嵯峨三智子と夜の光を捕らえる嵯峨三智子とそれに弾かれる嵯峨三智子
dailyfroth

dailyfrothの感想・評価

3.0
瑳峨三智子のメイクがほとんど塗装みたいですごいしこれといって中身のない話が逆に無駄に豪華な役者陣を生かしていたのもよかった。劇場できれいなプリントで観られて嬉しい。
何の教育性もない。
ただただ瑳峨三智子のアッパラパーのフラッパーぶりを楽しむ。ある意味『夜の片鱗』よりすごい。
tjr

tjrの感想・評価

3.6
嵯峨三智子が暴れまわるお色気成り上がりムービーと思いきや、武満徹の不穏なスコア(素晴らしい!)や「私はハダカ」からの寂寥感などで奇妙なテイスト。
浪花千栄子の入浴シーンという不要なサービス有り。
船橋の貧民街風景、あれは現在もバラック群として残る都疎浜?川津祐介との河辺シーンなどロケーションの良さが光る。
isis2315

isis2315の感想・評価

3.0
貧乏から抜け出し豊かな生活に執着する女とその女に振り回される男。「男は女の裸が好きなのよ。」風呂屋で育った女は自らの美しさを武器に世の中を渡り歩くけど満たされない。