容疑者の作品情報・感想・評価

「容疑者」に投稿された感想・評価

豪華キャスト。その演技をみるだけでよいのかも。でも、もう少しなんとかなったと思うと、もったいない
デニーロとマクドーマンド共演に興味あり鑑賞,内容良かったけどタイトルがいまいち
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0
ロバート・デ・ニーロ主演ということで鑑賞。静かな雰囲気ながらも、デ・ニーロ含め登場人物のそれぞれの想いが強く伝わってくる。サスペンスという要素はもちろんだけど、親子の絆が大きなテーマになっている。息子役のジェームズ・フランコという俳優を今回初めて知ったけど、演技がうまい。逃亡を続けるうちに、徐々にやつれていって顔つきが全然違っていた。ラストにデ・ニーロが息子に語るシーンは見もの。最後に魅せてくれる。
ほーく

ほーくの感想・評価

2.0
17年前のブログより(笑)
爺になってから復活しましたね

デ・ニーロ~、頼むよぅ~、お願いだからもっとましな作品に出てくれぇ~(懇願)

ロバート・デ・ニーロの駄作連続出演記録はまだまだ更新中だ。
今回も、彼が求められるような役柄ではなく安っぽい人情劇。
気になるのは彼のあごまわりが丸くなりまくってるところと、
あの特徴のある、両手inポケット&哀愁背中歩きだけ・・・。
Taka

Takaの感想・評価

2.8
それなりに良い脚本が書けたと思い映像化してみたら、
イマイチ盛り上がらなかったな、って感じ。

このレビューはネタバレを含みます

薬中

殺人事件の容疑者はロバート・デニーロ演じる警察官の息子だった。

フランシス・マクドーマンドが若くて綺麗でビックリ。
#991 『容疑者』
※初見

デニーロ作品全部みたいプロジェクト1本目であり、
愛すべき1990年〜2000年代前半ムービーの1本。

この時代の映画を好きな理由がわからなかったんだけど、
フィルムの質感が好きなのかなーって。
テレビのようなレンズというか📺
【映画】を感じます。

終盤のデニーロの顔演技は人間国宝モノ。
ジェームズ・フランコのクソダメ息子っぷりが様になってました。
こんな上手い役者だったなんて!
『127時間』見返すか。

物語の起伏がいまいち弱かった。
全体がスローリーなので、
寝落ち映画になりそう。

フランシス・マクドーナンドさんは言わずもがな、最高でした。
Iha

Ihaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

刑事、ロバートデニーロ。
離婚して離れた薬中の息子、ジェームスフランコ。
それでも息子を愛しているんだ。
俺が無実を証明してやるといった映画。
ありがちだよなー。
ケープフィアーのデニーロの気迫を思い出して
駄作に見えてしまった。
家族を殺されて、その犯人の家族と接することはできないかなぁ。
日本は連帯責任意識が強すぎるにしても。
犬

犬の感想・評価

3.2
管轄

ニューヨーク市警の刑事ビンセントは、故郷ロングビーチで起こった事件の容疑者が別れた妻との間の息子ジョーイだと知り……

警官か父親か

息子を守るため

人間模様
子ども、家族について

捜査
ミステリーとドラマ

最後はどうなるか

雰囲気ありました
容疑者
2002年/サスペンス・ヒューマン
出演/ロバート・デ・ニーロ、フランシス・マクドーマン、ジェームズ・フランコ

アクションサスペンスでもあり、父と息子の絆ドラマとしても楽しめる。
ジェームズ・フランコはこういう役似合ってるな
>|

あなたにおすすめの記事