Life ライフの作品情報・感想・評価・動画配信

「Life ライフ」に投稿された感想・評価

十寸見

十寸見の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

綾野剛の若くて初々しい映画だった。衣装も音楽も手掛けられてるそうで、もうその時点で才能が爆発してたんだなぁと実感。最近の綾野剛出演作品は暴力系が多かったので、こういうほのぼのとした映画もいいなぁ。ストーリーはよくわからなかった。ただ長髪にガリガリの綾野剛が良すぎた。守ってあげたくなるような、人を愛しむことを知っているのような人に思えた。
この後でも先でもない、この一瞬の尊い綾野剛が焼きつけられている作品。
katsu

katsuの感想・評価

3.9
綾野剛の初主演映画作品。
淡い映像と綾野剛の低い声が心地よい。

不可解なことがたびたび起こるが、人生において不可解な事は割と起きるしそれも含めて人とどう接するかなんだろうなと思わせるような不思議な力がある作品。

勇が人に寄り添っているカットが多くあり、その人たちに少しずつ火を灯している。と言うよりかは綾野剛が発する儚さからか火を分け与えている様にも見える。

楽曲もmr.a名義で綾野剛が制作していて、衣装も自分で用意したものらしい。多才すぎる。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
綾野剛24歳時の長編映画初主演作。地方の芸術家村に住むキャンドルアーティストが主人公。謎の電話に受けて出かけた彼は通り魔事件に遭遇。そこで会った少女とデートし高校時代の同窓会に遅刻出席した後、その少女の自殺を思いとどまらせて芸術家村に帰る…と言う不思議な筋。うん音楽も担当した綾野剛のプロモーション映画だな。
うじ

うじの感想・評価

5.0
音楽をmr.aが担当しているのもあり音楽多めの作品だった。

タイトルのLifeの通り、主演の綾野剛が田北勇を生き、作内の田北勇の3日間はあくまで生活の一部であり、これからも田北勇日々は続いていくのを表しているのだと感じた。

今は亡き泉政行演じる向井芳雄との優しい雰囲気溢れる会話の場面は、田北勇を優しく包む向井芳雄の自然なやりとりを見ることができ、綾野剛の透明感と泉政行の活発な笑顔、そしてmr.aの優しい音楽で忘れられないシーンになっていた。

僕らはもっと優しくなれる。
という本作のキャッチコピーを深く深く考えさせられる内容であった。
kei

keiの感想・評価

-
綾野剛さんが好きになった頃にみた
綾野さんだからてだせた世界観だとおもう
miraikako

miraikakoの感想・評価

3.0
今は亡き泉くんとの静かな会話。

何もかもが平坦なんだけど
やっぱりこの頃の覚悟みたいなのが
ファンだからこそ滲んで来る。

音も服も自分で手を加えたり作ったりして一日中彼でいないと不安だったと。

映画サイズの雰囲気をはらむと
石田監督は見抜かれた。その眼力に感謝しかない。


なんとなくこのひたすらに冗長でまとまらずただナチュラルにそこに居ようとした、そんな彼をボーッと見ていたい日があって、映画見てるとは言わないんだろうと自覚はある(笑)

お薬とかお守りとかそんな感じ。

2019/11/6
non

nonの感想・評価

4.0
雰囲気映画なところがあるけど、音楽と少なめな会話を楽しめた。

人に寄り添う、ナチュラルな綾野剛。最後の方になると、与えてばかりで消耗してしまわないか心配になる。

駅員さんとゆうことの交流はホッとする。
Roco

Rocoの感想・評価

3.0
綾野剛ファンになりたての頃、過去作品を借りまくって観た。アンニュイ雰囲気の綾野くんも大好き。
ペティ

ペティの感想・評価

2.7
何を伝えたかったのか全然わからなかったです。綾野剛がなんていうかナチュラルというか…
うん。
>|

あなたにおすすめの記事