世にも憂鬱なハムレットたちの作品情報・感想・評価

「世にも憂鬱なハムレットたち」に投稿された感想・評価

寂々兵

寂々兵の感想・評価

3.7
ケネス・ブラナーは15歳の頃に『ハムレット』を見て人生が変わったという。それが主人公にも投影されており、彼がデブ、ド近眼、マザコン、偏屈、アル中などの憂鬱な三文役者を寄せ集め、『ハムレット』上映のための稽古を始める。とは言ってもトリュフォーの『アメリカの夜』みたいに大仰でゴージャスなものでなく、あくまで私的で繊細な人生の悩みが演劇を通じて少しずつ改善されていく過程が楽しく、シェイクスピアに縁遠い俺のような人間でも問題なく楽しめた。個人的にはブラナー自身が出演していたらなお良かったのだが、見ず知らずの俳優で固まっているからこその説得力なのかもしれない。練習に使われる廃墟みたいな舞台セットも良い。いずれにしても舞台裏物の傑作で、偏愛映画の一本。
● '97 10/〜『映画よ、これがシェイクスピアだ!③』特集上映
(首都圏等: '96 11/30〜公開)
配給: 東宝東和
ワイド(ビスタ) モノクロ DOLBY DIGITAL
〈国内: DOLBY SR〉
10/26 14:00→14:10〜 関内アカデミー2にて観賞
フィルム上映 モノラル映写
10/24 シャンテでパンフ購入