喝采の作品情報・感想・評価

『喝采』に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

4.0
【心理劇にして舞台内外での演技の映画】

もともとは舞台劇だそうです。1954年のモノクロ・アメリカ映画。

原題が"The Country Girl"なのですが、これはヒロインのジョージ―を指しているんでしょうね。彼女が田舎出身ということは作中では強調されていませんが、都会出身の派手好みできらびやかな女ではなく、地味だけど堅実で辛抱強い性格を表現しているのでしょうか。

昔はスターだったけど今は落ち目のミュージカル男優(ビング・クロスビー)を再度よみがえらせようとする演出家(ウィリアム・ホールデン)。演出家は男優と妻との関係に問題ありと見て、妻を男優から引き離そうとします。が・・・・

ここでは途中まで男優と妻との本当の関係がどうなのか、男優の言い分と妻の言い分のどちらが正しいのか、よく分からないようになっています。途中からようやく真相が観客には見えてくる。そこまでの過程は、繊細な心理劇としての面白さがあって、秀逸だと思いました。

また、真相が分かってからは一種の舞台内舞台、つまり俳優が日常的にも芝居をしているという作品として楽しめます。

他方、この作品は男女の三角関係をも描いている。ただ、この面については私は十分な説得性を感じませんでした。グレース・ケリーも、最後を除いては地味な服装、地味な表情に徹していて、いかにも落ち目の俳優の妻といった印象です。

もう一つ説得性を感じないのは、最後の土壇場で俳優が立ち直るあたり。ラストはこうでなければとは思うものの、もう少し別の伏線を入れておいたほうが唐突感が減ったのではないかと思います。

しかし、ともあれ心理劇と舞台内外での演技という二つの面で堪能できる映画であることは間違いありません。
Omizu

Omizuの感想・評価

1.9
【第27回アカデミー賞 主演女優賞・脚色賞受賞】
グレース・ケリーが主演女優賞を受賞した作品。ちなみに同年『裏窓』『ダイヤルMを廻せ!』というヒッチコックの傑作にも主演しているまさに全盛期。

監督は『三十四丁目の奇蹟』『大空港』のジョージ・シートン。トリプル主演のうち落ち目の俳優には『我が道を往く』のビング・クロスビー、彼をなんとか出演させようとする舞台演出家には『戦場にかける橋』『サンセット大通り』のウィリアム・ホールデン。

この年は『スタア誕生』のジュディ・ガーランドが最有力候補で、当然受賞すると思われていたがまさかの番狂わせ、オスカーを逃したことで更に精神を病んだと言われている。

正直ジュディ・ガーランドを負かしたということはさぞかしすごい演技なんでしょうね!?と期待していたんだけど…

グレース・ケリーは確かにいいっちゃいいんだけど、ジュディ・ガーランドのあの鬼気迫る演技と比べると足元にも及ばない。悪くはないけど普通では?

そもそも作品そのものに穴が多く、全く受け付けない作品だった。

ビング・クロスビー演じる落ち目の俳優は外にはいい顔をし、妻にこぼした愚痴も「そんなこと言ってない」と妻を悪者に仕立てる。いくら精神を病んでいるからって胸糞悪い。

演出家とグレース・ケリーの唐突なキスシーンも悪い意味でびっくりした。今までそんな仕草も演技も見せてなかったのに「あれは愛情の裏返しだよ」みたいなこと言われても納得できない。

ビング・クロスビーは(実際落ち目だったのもあり)リアルでいい演技だった。演技賞あげるなら彼にあげるべき。

グレース・ケリーが悪いとは言わないけど、やっぱり『スタア誕生』のジュディ・ガーランドに勝ったのは納得できない。
pilotis

pilotisの感想・評価

-
「上流社会」のトゥルーラブのデュエットが素晴らしかった二人の共演、こちらも素晴らしい。息子を失ったアル中の旦那と奥さん。二人とも演技と魅力が素晴らしいし、最後のシーンが良い。
一人旅

一人旅の感想・評価

5.0
素晴らしかった。過去の栄光が忘れられず、何かと理由につけて現実から逃避し続けるビング・クロスビー扮する舞台役者フランク。そんな彼を献身的に支え続ける妻グレイス・ケリー。そして弱気なフランクを叱責しながら何とか立ち直らせようと奔走する演出家ウィリアム・ホールデン。2人に支えられながらフランクは失われた自信を徐々に取り戻していく・・・。逃げずに立ち向かう勇気。自分には果たしてそれがあるだろうか。結局、自分が上手くいかないのは自分自ら作り上げた言い訳にすがっているからだろう。自分が本当に成長するためにはとにかく本気で“やる”しかないのではないか。そんなことを教えてくれた。切っても切れない固い絆で結ばれた夫婦に『喝采』。間違いなく、傑作。
qwerty6

qwerty6の感想・評価

3.8
6
Grace Kelly(1929-82)
based on the play
《The Country Girl is》(1950)
by Clifford Odets(1906-63)
music by Victor Young(1899-1956)
Bing Crosby(1903-77)
《The Land Around Us》
最初グレイス・ケリーがイメージと違う地味な感じでちょっと驚いた。芯の強さを感じる演技。
ビング・クロスビーは表で見せる陽気で良い人と、妻の前だけで見せる陰気な本音の顔と両極端でイヤな感じが良かった。歌を歌うシーンも多くて嬉しい。
ラストは、まぁあの時代ならそうなるかな…

2021-878
アナ

アナの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

わーーー面白かったーーー!!

ウィリアムホールデンと結ばれてほしかった……

夫婦の闇は深いなぁと思いつつも、それを乗り越えた形に。夫婦は、人生は、どこで切るかによって悲劇か美談か変わる。

3人とも芝居合戦すごいわー
グレース・ケリーの完璧な美しさ。
ただ、彼女(の役どころ)に感情移入して観ないと、この映画を退屈と感じてしまうのでは。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

3.5
この映画を観たのは、もちろん「グレース・ケリー目当て」。
特に、劇場の暗がりでグレース・ケリーの顔が浮かび上がる場面は美しい。
グレース・ケリーがアカデミー主演女優賞を受賞した名作。

グレース・ケリーの夫(ビング・クロスビー)は呑兵衛の元は人気のあった舞台俳優。
その舞台俳優を起用したがる演出家(ウィリアム・ホールデン)は、最初のうちはグレース・ケリーを「夫を管理する強い女」と思っていたが、彼女に惹かれるようになるが、夫婦の後姿を見つめるシーンも秀逸。
tsumumiki

tsumumikiの感想・評価

3.2
感情移入出来なかった中途半端なストーリー。役柄のせいもあるがグレイス・ケリーの魅力があまり感じられなかった。
>|

あなたにおすすめの記事