素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価・動画配信

素晴らしき哉、人生!1946年製作の映画)

IT'S A WONDERFUL LIFE

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「素晴らしき哉、人生!」に投稿された感想・評価

記念すべきFilmarks投稿1,000作目はフランク・キャプラー監督のこの作品に決めていました。因みに999作目も同じく『スミス都に行く』でした。アメリカ版クリスマスキャロルとも言えるストーリーで観終わった後に心が温まっているのを感じます。この映画はクリスマスのTV放映で最も多くのアメリカ人が観てきた映画と言われていますが、果たしてドナルド・トランプ大統領は観たことがあるのか?そしてどう感じたのか?是非とも聞いて欲しいものだ。
灰

灰の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

情けは人のためならず
最後、裕福ではない街の人たちが恩返しに何も言わずにジョージに融資してくれたところと、元気な弟が帰ってきたシーンで泣いた
エンディングの後にジョージが旅行に行けているといいなぁ…
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
2時間白黒は疲れるかと思ったけどあっという間やった。

一見無機質に思える白黒の映像や、大恐慌、WWⅡといった暗い時代背景にあっても登場人物たちの温かさが伝わる作品。

誰しも、自分なんて居なくなっても何も変わらないと思うことはあると思うけど、実は自分の何気ない行動が周囲の誰かの人生に少なからず影響を与えてるんやろな。

そして、影響を受けた誰かがまた別の誰かに影響を与えて…といった具合で、バタフライ・エフェクト的に世界が動いているとすれば、自分のような取るに足らない存在でも、この世に存在するのとしないのでは意外と大きな違いが生まれているかもしれない。

そう考えると、自分の存在意義を感じられる一方で、本作のように自分が存在しなかった世界も見てみたいと思ってしまう。

まあ、実際に見られたとして世界がそんなに変わってなかったら結構ショックやけど。笑

自分も主人公のように、周囲にいい意味での変化を起こせる人間でありたいなあ。
yumi

yumiの感想・評価

3.6
もっと早く天使に出てきて欲しかった〜♡
最初に声を聞いてたの忘れかけて、少し退屈し始めてたときに、、、ずるいわ〜!
この天使、日本だったら西田敏行さんで観たい!

自分が唯一無二の存在だってことより、諦めなければ誰か助けてくれる人がいるんだなぁって強く感じた。これはまた観たくなる作品!
カナ

カナの感想・評価

4.3
オススメされて気になったから観た。記憶にある限りでは、初めての白黒映画。とっても良かった。あらすじは、人生に絶望した男が、空からきた天使に「自分が生まれてこなかった世界」を見せられるんだけど、そこは最後の30分くらいでメインで流れてるのは男のこれまでの人生。

生きてることに何も価値がない、むしろ死んだ方が価値があるって思っていたとしても、この世に存在した時点で多かれ少なかれ周りの人生に影響を与えるんだと強く感じた。それは良くも悪くも。そして、最後はとっても優しい気持ちになれる映画だった。「奇跡」ではなくて、これまでの経験、信頼がやっと形になった幸せだと思った。本当にすごく良かった、名作と言われる理由がある。
emiri

emiriの感想・評価

5.0
久しぶりに号泣。人の心の温かさに触れてすごく泣けた。この数時間でジョージベイリーの魅力がひしひしと伝わってきた。彼は夢を諦めて結局地元で過ごしていたけど、あの地には彼が必要だった。偶然は必然だ。あとね、自分の存在意義についても考えさせられた。そしてエンジェル可愛いかった。
忘れてはいけないね、ジョージだけでなくメアリーも最高に素晴らしい方だった。2人の間にあるもの、お金ではなく愛を感じた。

ps. パンは食卓が豊かなように、塩は人生に彩りを与えるために、ワインは喜びと幸せが続くように。
みぶ

みぶの感想・評価

4.3
観るだけで肯定される素晴らしい映画。全く古さを感じないしむしろ白黒でいい味が出ている。悪役は最後まで悪だけど、そんな悪でさえも劇中ではそういう生き方もあると肯定されている気さえする。善は最後に報われるというハッピーエンドは清々しい気持ちに。我が家でも毎年クリスマスに観たい。
時代を超えて名作と呼ばれる理由は人間の本質的に大切なことを描いているからなのかな。観てよかった
SHU

SHUの感想・評価

4.0
"生きる"ということは素晴らしい。
「1人の命は大勢の人生に影響している。1人いないだけで世界は一変する。」
この言葉に尽きる。 

この作品が1946年に作られたということが何より驚き!スゴい👏🏻👏🏻
深月

深月の感想・評価

4.4

人に与えた幸せはいつか自分に返ってくる。


ハッピーエンドが印象的だったけど、個人的には、前半部分がとても良かった。周りの人や環境のために自分がやりたいことを我慢しなきゃいけない場面が何度もある。

そんななかでメアリーが、ボロ家をきれいにして、暖かくして待っていたのものすごく素敵だった。二人のハネムーン代は消え去ったのにね、、

月に縄をかけるジョージの絵を書いたのもすごく良かったな。メアリー素敵すぎるワ。


全世界の人がこれを観て、自分より人の幸せを考えられるようになったらいいと思った。
>|