素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価・動画配信

素晴らしき哉、人生!1946年製作の映画)

It's a Wonderful Life

上映日:1954年02月06日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「素晴らしき哉、人生!」に投稿された感想・評価

わかば

わかばの感想・評価

4.5
ラストシーンで号泣してしまいました😭
生きていて誰もが周りの人に影響を与えていて、誰にだって生きる意味がある。素晴らしきかな我が人生!と自分の人生もそうなんじゃないかと強く感じさせてくれる映画でした。メアリーが本当にいい女すぎる😭人生って、いつも順風満帆ってわけにはいかないし、ついていないことが立て続けに起こって、どうせ自分なんてとか、絶望感でいっぱいになることもあったりする。そんな時に、この映画のことを思い出せたら、這い上がってこれそうな気がしました。
本当に心に残る大好きな映画になりました。
水

水の感想・評価

4.0
自分も同じ立場になったとき、戻りたいと思えるほどの何かがあるのかな、失うものがあるのかなっておもってしまうな メアリーがまじでできるいい女すぎる
さすが、アメリカの感動映画ベスト100の中の1位!ラスト泣けた。
あんべ

あんべの感想・評価

4.7
あまりにも素敵な映画で、また大好きなものが増えてしまったな、、、何度でも見返したい映画ですね

誠実に人と向き合って生きていくっていうこと、当たり前のことだけどやっぱりとっても大切で意味のあることだし、そういうことができるひとって誰よりも信頼できますもんね

これからはベルの音が鳴るたびになんだか少し、しあわせな気分になれそうです
Oden

Odenの感想・評価

4.0
昔の映画はシンプルで分かりやすくてよいね!すかっとするし、なんか仕事とか色々とやる気出ます。幸せとは何か考えさせられる。
paru

paruの感想・評価

3.9
最後まで見終わるとタイトル通り、素晴らしき哉、人生
1人の人生は多くの人に影響を与えている
意味のない人間なんていない
生きていれば誰しもどん底で悩んでいい事よりも悪い事に目が行きがちだけど生きている事に意味がある
人生の教科書みたいな作品に出会えました
むぎMHz

むぎMHzの感想・評価

4.3
真摯に人と向き合っていれば、
人生には素晴らしいと思える瞬間がある。

そんな気持ちにさせてくれる映画。
キリスト教とお金とヒューマンドラマ。アメリカ映画のお手本という感じだった。「住宅金融」の精神性はニューディール政策と同じものなのだが、その根底に富裕層への憎悪とキリスト教信仰が存在する。これはどうなんだろうと思った。印象に残ったのは、ジョージの幼少期から青年期へ飛ぶところで、天使たちが映像を一時停止するシーンである。公開当時はビデオとかなかったはずで、観客たちがどう感じたのか気になった。
多分2どめ。

最後のシーン泣ける。

旦那様を選ぶ目が奥様はあったのですね。
皆に良くして皆から愛される夫を選んだ。

自分は、人に良くしてるのかな。あ、でも、見返りを求めちゃいけないのよね。
友人と言えるひとも何人いるのかな。。
フランク・キャプラ監督作品。
アメリカではクリスマスに観るのが定番になっているらしい。
不朽の名作と言われるだけあって、今観てもめちゃめちゃ面白い。
主演のジェームズ・スチュワートの演技が最高。ジョージ・ベイリーの誠実ではあるけれど聖人君子ではない人間臭さがよく出ている。
>|

あなたにおすすめの記事