素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価

「素晴らしき哉、人生!」に投稿された感想・評価

Kei

Keiの感想・評価

5.0
色褪せない不朽の名作。

「人生に絶望し自殺を図った主人公の前に天使が現れ、自分の生まれていない世界を見せてくれる」というストーリー。

後半まで淡々と話が進むのだが、クライマックスに向けて急展開。ラストはあまりの感動で涙涙…。

絶対おすすめしたい作品。
じゅん

じゅんの感想・評価

4.7
こういう古いモノクロ映画を見るの敬遠してたけど本当に見てよかった。むしろ今まで見てなかったのを後悔した。

アメリカのクリスマスでは毎年この映画が放送されるくらい定番らしいけど頷ける。
これぞ映画みたいな感じの映画。

新婚旅行のシーンが最高。
タイムトラベル終わってからのラストまでは泣いた。

今年一番のおススメ作品
人は支えあって生きているという。そこで考えられているのは「/」と「\」。つまり、1対1の関係。だが、それは間違っているとこの映画は教えてくれる。人間社会にはもっと大規模な構造がある。完成されたトランプキャッスルを考えるといい。個人は1枚のトランプ。それが互いに支え合い、関連し、関係することで城として成り立つ。だから、1人でも欠けてはならない。たとえば、魔法か何かで誰か一人の存在自体消え去るとする。大きな空白が生じ、瞬く間に城は崩壊する。
人生は君だけのものではない。親や友人、恋人、関わる人全てのものだ。個人なんて言葉があるがそれは間違いだ。僕らは個(主体性をもつという意味での)であるが個(分割した最小単位,原子)ではない。幾千もの関係性の網が幾千もの人にかかっている。自分の一挙手一投足が網を揺らし、影響を与える。だから、孤独なんて感じずに、主体的に人生を生きろ!!
たかし

たかしの感想・評価

3.8
話が難しい箇所が多々あったが、ラストのシーンは良かった。
善を行う人物には信頼が生まれるということを示す良い話だった。
temmacho

temmachoの感想・評価

4.0
自殺しようとしている親切で心優しい男を神様が救おうとするお話。

神様が守護天使に彼の人生を説明するという形で進んでいくユニークな演出。

誰もがわかりきった結末もそれを目の当たりすると、やっぱり熱いものが込み上げてくる。
泣くよ。

「人生捨てたもんじゃない」
「人との繋がりを大切にしよう」
直球に伝えてくるこの感じ、レトロだなぁと思った
街の雰囲気、流れる空気、白黒ですら色づいて見えるような気がして、素敵な作品だなと思いました
白黒も良いものですね
Maki

Makiの感想・評価

3.5
なんで私はこうも好きな映画の内容を忘れるのか。
とにかくよかった。よかったよ。
miyayuki7

miyayuki7の感想・評価

3.3
正直ん?て感じだった、唐突に歴史改変SF始まるのもなんか入り込めなかった。心が汚れてるんですかね…
全体的にこの時代のハリウッド映画の作りっぽくない(というかMGM、パラマウントぽくない)のが興味深い。ワイプとか謎。と思ったらリバティフィルムズって独立系のプロダクションだったので納得
はい

はいの感想・評価

3.9
ジョージの人生の後にジョージがいなかった人生をみせられたので、ひとりの人間の影響の大きさというのをとても感じた。

最後、とても泣きそうになった
rinky

rinkyの感想・評価

5.0

人生に絶望し、自分なんて生まれなければよかったと自殺をはかったジョージに天使が見せたジョージの生まれなかった世界。色んな国へ行ったり大学に通い建築士になるという夢を諦めて、小さな町で親の仕事を継いで生きることになったジョージ。思い描いていた夢とは全然違う道を歩んできたけれど、彼がその道を選んだことで救われた人はたくさんいる。苦しみや悩みが絶えない道かもしれないけれど、住民達のために尽くしてきたジョージのためならと何も理由を聞かず助けてくれる人達がいる。クラレンスの「友のある者は敗戦者ではない。」という言葉に尽きる。
>|