海猿 ウミザルの作品情報・感想・評価

「海猿 ウミザル」に投稿された感想・評価

潜水士を目指す若者達の野蛮な振る舞いなどで通称海猿と呼ばれている広島の呉での物語

潜水士になるってこんな大変なんだと言うのがよくわかるし、めっちゃ面白い!
NiNi

NiNiの感想・評価

3.5
邦画でいちばん海猿好き。過酷な状況におかれて自分の命もあるのに人の命を優先して助けにいくなんてかっこいいがすぎる
しろま

しろまの感想・評価

3.7
みんな若い!
海上保安官ってかっこいいなぁと思った!
ああいう男がいたら
絶対に惚れそう
感動するシーンも多々あってよかった

またシリーズ観たいと思います!
TackMe

TackMeの感想・評価

4.5
しっかり内容が濃い。

久しぶりに見たけど、ダイビングしてからやと重みが違う。
安定して観れる作品。途中からシリーズ化して嫌気が差したが、この1作目は普通に楽しめた。
Rachel

Rachelの感想・評価

3.8
加藤あいの可愛いさやばい。そして斎藤工若くてエロさのかけらもないと思った。笑
訓練生時代の映画から海猿はじまるってしらんかった〜
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
▪️Title : 「海猿」
Original Title : ※※※
▪️Release Date:2004/06/12
▪️Production Country: 日本
🏆Main Awards :※※※
▪️Appreciation Record :2020-088 再鑑賞
▪️My Review
「海猿」このシリーズ、当時大好きでハマりました!!
ある意味シリーズ最初の本作は、熱いスポ根青春ドラマそのものですよね。そして、当時加藤あいの可愛らしさにメロメロでした(笑)
物語は。。
海難救助の最前線で活躍するエキスパート“潜水士”を目指し、厳しい訓練に挑む主人公・仙崎大輔ら、若き海上保安官たちの成長や友情、恋を爽やかに描いています。
本作は、驚くほど素直な演出、直球で、キスシーンにジャーニーの主題歌が流れる場面などはドキドキしてしまいます。そして、辛く苦しい訓練に耐え、1人前の潜水士になろうとする男たちの友情にストレートに感動します。
そして、出演者たち、伊藤英明は実際にマスターダイバーズのライセンスを持ってるんですよね。
さらに実際に出演者は合宿状態で過ごし、役名で呼びあうなど訓練生同様の生活をしたおかげで、カナヅチだった伊藤淳史は潜れるようになったそうです。
この作品を最初観たときはまさしく、「愛と青春の旅立ち」の日本版いや、海保版だと思いました。
この後のシリーズはだんだんとスケールアップし、ディザスタームービーの様相を呈してきますが、本作は熱くて、胸キュンそして涙する男が成長していく青春ムービーですね!!
PS斎藤工がめっちゃ若い!!

▪️Overview
若き海上保安官たちが厳しい訓練を積み、人命救助のエキスパートである潜水士として成長していく姿を描いた青春劇。原作は「週刊ヤングサンデー」に連載された佐藤秀峰のコミック。潜水士を目指す仙崎大輔は、海上保安官の中でも優秀な者のみが参加できる潜水技術課程研修に参加。バディを組む工藤に足を引っ張られてばかりだったが、工藤の純粋さに共感し、協力して訓練を乗り越えていく。仙崎と工藤はいつしか訓練生たちの中心的存在となっていくのだが……。(引用:映画.com)

出演は、伊藤英明、加藤あい、海東健、香里奈、伊藤淳史、杏子、國村隼、藤竜也 など。
さお

さおの感想・評価

3.9
主演のあいちゃん可愛いし、鑑賞中は完全にダイスケ君に恋してた。そのあとしばらく伊藤英明が好きになった。見たあと、映画観たなぁ!っていうじゅうじつ感を味わえました。
当時映画館で見て、それはそれは良かった。
当時はそう思った!伊藤英明と加藤あいが最高だと。
かっつ

かっつの感想・評価

2.8
これまたベタです。
原作覚えてないなぁ…毎週読んでたのに。

キャラ設定はちょい変えてるから漫画とは雰囲気違うね。
悪くはないけど、こんな話だっけって感じ。

《鑑賞:2007/4/14》
>|