海猿 ウミザルの作品情報・感想・評価

海猿 ウミザル2004年製作の映画)

上映日:2004年06月12日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.5

「海猿 ウミザル」に投稿された感想・評価

4部作×4シリーズ、グルグルローテーション。
1周目②。

「So now I come to you〜With open arms〜♪」

これは何回観ても熱くなる。
むさ苦しい男達の、海上保安庁の救命潜水士、通称“海猿”の訓令生達の、熱き勇士の物語。
の1発目。

伊藤英明と伊藤淳史、W伊藤はあまりにも有名だけど、実は脇を固める新米潜水訓練生達の顔ぶれ、実はスゴい。

村田充、深水元基、青木崇高、斎藤工。
すげー、このメンツ。今でこそ、主役も晴れるし、名バイプレイヤーズたち。
彼らもまた、厳しい役作りのための訓練を経て、これを演じてるのかと思うと、また違う角度で感極まりそうになる。

血気盛んな、筋肉バカ的な“海猿”たち。
体力だけを頼りに救命潜水士に憧れて訓練に臨むも、そのハードな訓練の日々。

そこで組まされたエリート訓練生の伊藤英明と、落ちこぼれ訓練生の伊藤淳史。この2人の絆。
落ちこぼれに足を引っ張られてイラつきはするけど、そのひたむきな落ちこぼれ具合に感化される


そんな中で、事故が起きて、それまでの全てが崩れ落ちる。それでも先を見出そうとする、若き芽に焦点を当てた作品。

そうした海の厳しさと本当に「潜水士になって、前線に出たところで楽しいことなんかないぞ!」を実感しながら、それを乗り越えて先に進もうとする訓練生達の熱き、そしてバカな男達のドラマ。

男の子としてはとても憧れる世界。
憧れるけど、憧れてるだけでは到底無理な厳しい世界。
それに立ち向かった男達だけが見せられる強さと絆。
だから、憧れる。

このシリーズは常に2人1組の“バディ”を重んじる。どんな時も海の中では一心同体の共同体。
それが“バディ”。このシリーズの真骨頂がこれ。

この唯一無二の存在がこのシリーズの最高ポイント。

この次からも常にこの危険と背中合わせの極限の状況と“バディ”との強い絆に何度も胸を熱くさせられる人間味あふれる男達のドラマ。

なのだけど、加藤あいと香里奈。
この2人の美貌が尋常ではない。
特に加藤あいは個人的にはそこまでタイプではないのだが、このシリーズ見ると好きにならないわけにはいかない。

男達のむさ苦しさや、命を張ってる職業とののGAPがあるのは間違いないのだが、もうこの2人から放たれる雰囲気が、なんて言うか。

まるで、海の危険から戻ってた男達に、陸の女神、か、と。
見れば見るほどのめり込むわ、この2人。
ある意味普通の目線の綺麗な女の人という役どころが、尋常ではないアドレナリン全開の海の救命現場との対照となってとても安らぐ。

そんなこんなで、日本の映画産業と、国家機関が日本ならではの、そして、これ以上ないスリルと命の尊厳と、仲間の大切さを描く、海の猿達の物語。

加藤あいの鎖骨、ちょっと、ダメだろ。ドキドキするわ。
海猿シリーズは本当に
見て欲しい映画のひとつです!
映画三本にドラマも挟むので
少し長いかも知れませんが
もし見てない人がいたらぜひ観てください
謎のタイミングで流れる洋楽とか、
あり得ないタイミングのバスの中でちゅーとか、
ツッコミどころ満載だけど
なんせカッコいい海上保安官。
ッカーーーーー
めっちゃ好きだったなぁ、海上保安官かっこいい
昔よくテレビでやってたけど契約おわったからもう二度とやらんらしい
そろそろウォーターボーイズとか、海猿とかを見たくなる季節。男ならどっかの第一線で限界まで身体を張って訓練することに憧れるもの。

バチバチの日本映画に洋楽が合うのはこの映画とドラマだとプライドぐらい。

横にスライドして人物が登場する描写が多いのは、ホラー以外ではなかなかないが、わくわく感がかきたてられる。伊藤英明が夏✖️筋肉の映画に抜擢なのは言うまでもない。
最初にTVドラマ版を見て、その流れで映画も鑑賞。あたらしい分野の映画だと思いました
福や

福やの感想・評価

4.0
バディかっけぇえ
1回は使ってみたい〜

胸熱な話でおもろかった〜
この続きがドラマで見れるとか最高なのだが💦
Yuta

Yutaの感想・評価

4.0
若き海上保安官たちが厳しい訓練を積み、人命救助のエキスパートである潜水士として成長していく姿を描いた青春劇。原作は「週刊ヤングサンデー」に連載された佐藤秀峰のコミック。潜水士を目指す仙崎大輔は、海上保安官の中でも優秀な者のみが参加できる潜水技術課程研修に参加。バディを組む工藤に足を引っ張られてばかりだったが、工藤の純粋さに共感し、協力して訓練を乗り越えていく。仙崎と工藤はいつしか訓練生たちの中心的存在となっていくのだが……。
かえで

かえでの感想・評価

3.7
仙崎カッコよすぎん?
仲間を見捨てない責任感とか、正義感とか男前すぎて惚れる、、
呉がロケ地なだけあってレンガ通りとか、いっぱい見覚えあるとこ出てきて面白かった😂

ドラマから見たけど伊藤英明カッコイイって100回はゆった😻

このレビューはネタバレを含みます

仙崎の熱男具合が半端じゃないです
ちょっと鬱陶しいくらいに男感満載。笑

そして仙崎とバディを組む工藤の運命が悲しすぎます。
海上保安庁の潜水士になるならいつでも起こりうることですが、練習生のうちに起こった事故は仙崎や他の練習生にとって命を意識するきっかけになったんだなと思います。

海猿シリーズを一連観ると仙崎の人生覗き見してる気持ち
超胸熱な海猿シリーズは全てこの作品から始まるので見ないとだめですよ!
>|