大坂城物語の作品情報・感想・評価・動画配信

「大坂城物語」に投稿された感想・評価

三船敏郎主演であるが香川京子、久我美子、山田五十鈴、星由里子といった女優陣が目立つ作品、伊福部昭音楽のすばらしさは言うまでもないカッコよさ!
稲垣浩監督作品。大坂城を巨大なミニチュアで表現したところは面白いが、他に面白エピソードも大して無いし、クライマックスの大阪城への突入や橋爆破くらいでは、長時間みてられない。しかし、大阪城に集まる大名のシーンは、巨大で映画黄金期をみているようだ。三船の活躍も中途半端で平田昭彦と久我美子の結婚のきっかけで有名だそうな。
ストーリーはさておき、当時最先端の特撮、稲垣監督の戦いシーンの撮り方を楽しみました。かっこいいです。男臭さが前面に出てきますね。
三船の立ち回り、馬術も素晴らしい。
東宝オールスターキャストを揃えましたが、内容はいささか複雑すぎたかも。
戦争物のストーリーが苦手なせいもありますが…
torisan

torisanの感想・評価

3.6
痛快な活劇ではあったけど、途中少し登場人物がわかりにくかったかも。山伏なんやねん。三船敏郎は相変わらずお茶目でかっこいい。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.5
監督稲垣浩、主演三船敏郎、と無法松の一生や宮本武蔵などのお馴染みのメンツですな。
稲垣自身、今作の主役は大阪城自身であると言ってるし、巨大なミニチュアセットでの大阪城の再現は見事。円谷英二の真骨頂だったのでは。
話としては大阪城の豊臣に徳川が揺さぶりをかける所。史実では大阪冬・夏の陣で大阪城は陥落するので、豊臣が没落するのは当然わかる展開なんだけど、それまでに戦が起こらない様に奮闘するというもの。それがストーリーの骨格。
これを三船敏郎演じる無頼漢な浪人が、この反戦活動に協力する、といった内容。

ただ、登場人物が多くわかりづらくはあるかな。加藤清正なんてのも名前だけ出てくるし、史実の役も多い上に、霧隠才蔵などの架空のキャラクターも出てくる。
それらが入り乱れて豪華絢爛なんだけど、裏切り劇もあるし、敵味方はちょっとわかりづらいかも。
キャラクターの説明もイマイチ無くてわからないかな。

あと三船敏郎のキャラクターは基本ステレオタイプで、言っちゃなんだけどどの役も一緒なんだよね。言うまでもない事なんだけどさ。
だだ、今作の三船は若干ウェットな感じてはあったな。香川京子演じる女性とのロマンスなんてちょっと意外な感じ。