殺されたミンジュの作品情報・感想・評価

殺されたミンジュ2014年製作の映画)

일대일/One on One

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:122分

3.0

あらすじ

ある夜、女子高生が男たちに無残にも殺害される。しばらくの後、その事件に関わった一人の男が武装した謎の集団に誘拐される。集団は男を拷問し、自分が起こした事の告白を強要する。やがて7人組のその集団は事件に関わった7人の容疑者たちを次々と誘拐し、拷問してゆく…。奇想天外な設定の中に韓国社会に対する様々な批評を込めたキム・ギドクの最新作。娯楽映画でも幅広く活躍するマ・ドンソク演じるリーダーに率いられた謎…

ある夜、女子高生が男たちに無残にも殺害される。しばらくの後、その事件に関わった一人の男が武装した謎の集団に誘拐される。集団は男を拷問し、自分が起こした事の告白を強要する。やがて7人組のその集団は事件に関わった7人の容疑者たちを次々と誘拐し、拷問してゆく…。奇想天外な設定の中に韓国社会に対する様々な批評を込めたキム・ギドクの最新作。娯楽映画でも幅広く活躍するマ・ドンソク演じるリーダーに率いられた謎の集団が軍隊、警察、清掃員など出てくるたびに異なる制服を着用している点が興味深い。一人8役を演じるキム・ヨンミンの熱演も見どころ。第71回ヴェネチア映画祭「ヴェニス・デイズ」部門のオープニングを飾り、作品賞を受賞。

「殺されたミンジュ」に投稿された感想・評価

夏草

夏草の感想・評価

3.0
なんか最近の事件を思い出してしまうような映画だった
一つ違うのは弱者が弱者を狙った犯行ではないということ
元の事件が結局なぜ起きたかもわからずモヤモヤとした落ち
壺尊師

壺尊師の感想・評価

2.5
キム・ギドク監督だから見たけど、なんだこの観念的な映画はっ。
すなわちアレだ。信念のない者は誰かに支配されて生きるしかない。そこに理由なんてない。民主主義だというけど社会は決して平等ではない。云々…。
てことが言いたいのだろうか?
弱肉強食。弱者はエリートに支配され、エリートもまた更なるエリートに支配されている。ってこと?
知らんっ。
最初にリンチに合う男が、え?素性変えて全員と関係深いの?そりゃボコられるわ!と思った。が、ミンジュが殺された理由も謎のままやし、そういう少し不思議というか、その辺に理由はいらない映画なんやろうな…と。釘バットの痛みが響いてきそうな真っ当な韓国映画。
Hiros

Hirosの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

①配役がややこしくて鑑賞の邪魔になった。
②復讐拷問が中途半端。
③おっさんとオバハンのやるシーンがやたら生々しくて汚い。
④ペナルティヒデ似の奴がいた。
このくらいの印象しか無く、良い映画とは感じない。
くまみ

くまみの感想・評価

1.3
あまり入り込めなかった…
ミンジュは結局のところ何故殺されたのかわからないのが韓国社会の闇なんだなぁ。
『上の命令』を何でもこなし生きていかなきゃいけないんなんてね。


底辺の人間はずっと底辺
映画男

映画男の感想・評価

3.6
こんなこと書くのはあれやけど、そもそも主演のマ・ドンソクの顔はスクリーン映えする顔じゃないと思うんです。
(鉄工所のオッサンみたいな感じ)。

この顔を2時間見るだけでも生理的にキツかった。演技は迫力あるし、ええと思うけど、単純に顔がムリやわ。


それから、やっぱり賛否両論あるけど、国の実情を正直に見つめて映画にするキム・ギドクおよび韓国映画の姿勢がおれは好きやわ。

日本も、北朝鮮の拉致問題とか真剣に見つめてそういう映画ちゃんと作らなあかんと思う。

映画は、娯楽だけじゃなくてジャーナリズムの役割もある。そこがTVドラマとの違いだと思うし、スポンサーの事情があることは分かるけど、とにかく日本映画はもっと本気にならなあかんでしかし。



それと、劇中の拷問シーンで、顔面にテープをぐるぐる巻きにするやつ。あれどうやってやったんやろ?

あんなに巻いたら息でけへんで?

ダミーでは無いと思うし、トリックがあれば誰か教えてくだせえ。
Rosso

Rossoの感想・評価

2.6
GWにマ・ドンソクを拝むことが内定している以上観ておくかと。

ミンジュはなぜ殺されたのか みたいな紐解きは一切なく、ミンジュがあっさり“上からの命令”で殺されるこのクソ社会への警鐘の側面が本筋っすね。

俺たちのマ・ドンソクの拷問に対して、いやいややり過ぎやろ〜となるメンバーも、結局閾下でクソ社会を受け入れているんだろうな、彼と熱量が違いますよ。
憂さ晴らしや面白そうだからという理由で首を突っ込み、それなりに楽しむも思ったより大ごとになったら掌返して し〜らね となる。
クソ社会が成り立つのは上記のような国民が蔓延ってるからという皮肉さえ受け取れそうですね。

なおキム・ヨンミン、
ある時は実行犯、
ある時は店員いちゃもん男
ある時はDV男、
ある時はクソ兄貴
まだまだあるんやろが、
これが至極分かりづらい!!

もちろん意図的な演出なんやろけど、視聴者サイドからするとマイナスにしか振れないなあ〜

映画として面白いかと言われるとうーん となりますが、キム・ギドクが警鐘を鳴らしたい社会や国民への訴えはひしひし伝わります。



-------------------------------------
月末恒例のやつです。
今月は30日で15本、率は.500

1月.581(31-18)
2月.643(28-18)
3月.645(31-20)
4月.500(30-15)
5月.
6月.
7月.
8月.
9月.
10月.
11月.
12月.


Filmarks開始時(2015/11/26)
から今まででは
率.418 (886-370)

2018通算は
.592 (120-71)

なお2017通算では
.567 (365-207)でした。

さすがに1〜3月よりペース落ちましたね。
なおぱっと見14本じゃね?となりますが、月末にラ・ラ・ランドの生演奏オーケストラ上映行ったんで、それカウントしての15本ですね。
前のレビュー消すのアレだったんで追記という形での計上です。
依緒

依緒の感想・評価

3.0
ふむむぅ…
連日考えさせられる映画を鑑賞。

何故ミンジュは殺されたのか?
ミンジュって民主主義の事らしい。
「殺された民主主義」
しっくりくる題名。
何が悪で何が善か。
弱者はいつまでたっても弱者なのか。
全ては上の指示だから。という反省や後悔すらなく、弱者を金と地位で寝返らせようとする権力者達。

とにかく観ていてイライラムカムカしかしなかった。
そして納得のいかない世の中にも、それに対してどうしようもないちっぽけな自分にも。

キム・ギドク監督大好き。
ギドク作品の中ではハズレかな…

チンタラ進んだ結果、特にハッとさせられる結末もなく…
鰻の男と同じような雰囲気。
理由もわからず殺害された女子高生ミンジュ。その後、ミンジュ殺害に関連した男たちが謎のグループに次々と拉致され、監禁・拷問のうえミンジュ殺害を自白させられる。グループのリーダー(マ・ドンソク)は、社会の底辺にくすぶるメンバーを集め、軍人、警察官、情報員などに扮装させ、彼らに溜まっていた鬱憤を利用して拉致に加担させていた。
末端の実行犯からやがて軍の高官や社会の支配階層にリンチは及んでいくが、ミンジュ殺害の理由は一向にわからない。拉致グループもリーダーの暴走に困惑し、次第に周囲を離れていく…

象徴を駆使するギドク作品でも、難解なうえにカタルシスもなく後味が悪い。映画のかたちをかりた社会的告発にも見えるが、すべての登場人物が記号的で、技巧ばかりが目立ち、ややマニエリスムに陥ったか。
>|