オアシスの作品情報・感想・評価

オアシス2002年製作の映画)

오아시스/OASIS

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.2

「オアシス」に投稿された感想・評価

なんでこんな映画作れるんやろ。今の日本では絶対無理。作り手にもそんな根性あれへんし、観る側にもそんな余裕はあらへん。果たしてこんなんありなんやろか?もう、ほんま堪忍してえな。昔は日本でも作る人等おったけど。原一男の「さようならCP」とか凄いけどな。
この愛は一体なんやろ?これまでのどん
な恋愛映画でもこんなんないやろ。ほんま究極や。ある意味この愛超える愛はあるんやろか?
とりあえず、みんな見てほしい。ヤバすぎやさかい。言葉はあらへん。
いやぁ
やられた

イチャンドンみたいに時間をかけて良いものだけを追いかけたい

イチャンドンはいつも想像力の美しさを訴えかけてくる


仁義なき戦い広島死闘編
乱れ雲
こわれゆく女の影響
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
ずっと見逃していた作品をアップリンクにて鑑賞。本物のすごい破壊力。言葉が出ない。イ・チャンドン監督はいつもすごいものを私に見せてくれる。

電車の中の妄想のシーンに心が打たれました。あまりにも哀しくて美しい。誰もいないホームのシーンで涙が出ました。

姫君と将軍。そこには他人には理解出来ない美しさがありました。

私の大好きな「ジョゼと虎と魚たち」を遥かに超える圧倒的な説得力でした。
一生かけても忘れられないと思うラブストーリーがいくつかある。どういうわけかそのどれもが全うな幸せからは程遠い。不幸体質なつもりはないのに何故だろう。誰も知らない。見向きもしない。ツギハギで補っても穴だらけ。そんな恋の話にどうしても惹かれてしまう。中でもこの「オアシス」はわたしの胸にくっきりとした焼き印を押した映画で、思い出すだけで一生モノの傷が疼く。出所したばかりの男ジョンドゥ、重度脳性麻痺を患う女コンジュ。ジョンドゥは筋金入りのクズだ。馬鹿で愚鈍で、いつも貧乏くさく鼻をすすっている。産声から既に腑抜けていたに違いない。コンジュは生きたまま深い海の中に沈められていた女だ。誰も信じず期待もしない。操れない手足や顔の筋肉は、好奇な目線だけを彼女に集めた。世間からも家族からもはじき出された二人がぶつかるように出会ってしまう。体が体に手を伸ばす。触れて感じて確かめる。恋に転がり落ちるのに時間はいらない。目を見つめると相手の肩越しにオアシスが見えた。それは誰もいないプラットホームや、大渋滞した夜の高速、そして油臭いガレージに現れる。おまえは姫君。あなたは将軍。割れたガラスの欠片が二人をキラキラと照らす。誰も知らなくていい。気づかれなくていい。つかの間でも永遠でもかまわない。このオアシスは枯れない。
PORK

PORKの感想・評価

4.0
あーこれはイ・チャンドン一生追っかける法律できたわ。またバーニングとは全然違うのも好感度ストップ高ですわ。

うわあめっちゃいい・・・っていうアホな言い方しかできないほどのラブストーリーだ。ジャージャー麺食おう。マジで。

ミュージカル的な現実乖離シーンがあるけども、あれは見様によっては差別的にも思えてしまうところが少し引っかかったんだけど、そこでも泣いてっからね。

バーニング然りオアシス然りほとんど劇伴がないんだけど、音楽が象徴的にストーリー上も重く用いられるの、良い。
おでん

おでんの感想・評価

4.4
悲しい話だった。隣のおばちゃんがボロ泣きしていた。
インド女の踊りがものすごく適当だったのが印象的。
koms

komsの感想・評価

-
なんとなーくずっと観てなかった映画だったんだけど、今すごく観たい気分と重なったスクリーン上映。
本当に、スクリーンで観られて良かった。高速道路でのシーンがとにかく美しく、ていうか全てのシーンが美しくて涙が止まらなかった。ムン・ソリ姉さん敬服…
ZIMA

ZIMAの感想・評価

4.3
誰からも理解されない2人だけの世界のお話。思い出すだけで涙が出そう。

主人公のジョンドゥは、してはいけないことの区別がつけられないし、間違いだらけの人間だ。前科も持っており、それに対しての恥じらいや罪悪感を持ち合わせていない。ヒロインのコンジュとの出会いも歪んでいる。それでも彼女を想う真っ直ぐすぎる愛情と、2人しか分かり合えない世界は、すぐそこにいるカップル達と同だし、とても美しいと感じる。さらにその中で時折見せる「もしも」がとても痛々しいが、それもまた美しく感じた。


主演の2人のパワフルさにも圧倒されました。
神がかった演出が連続する、あまりにも純粋なラブストーリー。

どこを切り取っても画になるようなシーンが沢山あり、2時間強があっという間だった。その上、その演出に使われるものが豆腐,カラオケ,ラジオなど、我々が日常的に扱うものであるという事実に驚かされる。
終盤のハイライトも、あらゆる選択肢がある中で映画内の伏線を見事に活かした展開でとても良かった。
ストーリーもとても良くできている。障害者と健常者の間に生じるものを描くだけでも十分映画として成立し得る中で、恋愛パートもとても丁寧に構成されており、その独創性が印象的である。確かに救いようのない展開に後半に突入するが、それでも希望があるのが映画として美しい。

話の前提になる話に関する説明が少なかったのが残念。映画の前後の展開を頭で把握することが難しかった。偶然の展開があまりにも多かった気もする。
とんでもない映画。事実だと思っていた社会の表層の薄皮一枚向こう側にあるもうひとつの真実。DQNの犯罪とクソみたいな生活の向こう側に同時に存在するピュア過ぎる愛の素顔。客観的事実とはいったい何なのか。見る前と見た後で世界が違って見える圧倒的な強度を持つ作品。最後にかける魔法の切なさ。たまらん。

世界の巨匠イ・チャンドンぶっちぎり凄いし、主演2人の演技は言葉にならないほど。特にソル・ギョングはたぶん今世界で最も巧い俳優だと思う。ここ10年で見た演技の中では『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックがベストだと思っていたがそれを超えたかも
>|