軍用列車の作品情報・感想・評価

「軍用列車」に投稿された感想・評価

漢ブロンソン、名探偵と化す!
「ナバロンの要塞」の作家原作の映画化。原作同様、映画も今ひとつのミステリー風味西部劇。
ただ主役が漢ブロンソンなので、それだけでも漢を目指す男は観ろ。それ以外は観なくていい。
愛する女ジルアイアランドも当然の如くごり推し共演。流石だ。
記録
A・マクリーン原作のミステリー西部劇。この映画と『オリエント急行殺人事件』は似ていると何処かの記事で読んだが、ちょっと違う。何せこの映画はミステリーとそれに合わせてアクションであるからだ。今回のブロンソンは控えめだが、その他の脇役たちの名演が光らせる。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.0
アリステア・マクリーン原作のミステリー仕立ての西部劇。列車内で次々に人が殺されて行くが種明かしが早めで、ラストのインディアンも交えてのドンパチに流れていく。
ブロンソンはアクションは控えめ。名脇役のベン・ジョンソンの渋い存在感が光る。
2014.4.27
掴みはよかったけど、まぁ普通かな。

16158『軍用列車』チャールズ・ブロンソンが丸腰?おかしいなぁと思てみてたら、なんとミステリーやった。でもまあ、ちょっとインパクトが薄いかなあ?アクションも控え目やったし、ミステリーも途中迄やった。全体の印象は◯やけどね^o^
青山

青山の感想・評価

2.4
列車サスペンス。
なんだけど、演出がチョー淡々としてて盛り上がりに欠ける。お決まりの列車の屋根の上での死闘とかあるけど地味なんだよね(>人<;)
ハラハラしてなんぼなストーリーなのにあまりハラハラ感無いので物足りないのだ。
P後輩

P後輩の感想・評価

-
ジェリー・ゴールドスミスの全くやる気のない、やっつけ仕事のような音楽が流れタイトルバックが出た時の不安が的中。

役者は皆芸達者なのにやけに中途半端なこの感じは、完全にテレ東「午後のロードショー」である。

DVD(5/16/2015)
田中元

田中元の感想・評価

3.0
スティーブン・セガールの映画につながるようなテイスト。アリステア・マクリーン原作脚本なのに……。
ミステリやんけ。と思ったら脚本マクリーンだった。
チャールズ ブロンソンの中の「男!」がいつ爆発してスカッとさせてくれるかと思っていたら最後まで爆発しなかった。意外や意外のサスペンス映画でした。