軍用列車の作品情報・感想・評価

「軍用列車」に投稿された感想・評価

神

神の感想・評価

3.0
予想よりものんびりした感じだけど、人がいっぱい死ぬ。ブロンソンのアクション少なめ。
yuukite

yuukiteの感想・評価

3.5
名画座で。チャールズブロンソン主演の列車アクション。共演は「ゲッタウェイ」のベンジョンソン、「ランボー」のリチャードクレンナ、今回意外と活躍するエドローターらオール名優キャスト。ジェリーゴールドスミスのサントラスコアが良い。
懐かしい
アリステアマクリーン原作
ブロンソンなんで男臭い
音楽がジェリーゴールドスミス
古き良きアメリカ映画だ。
アリステア・マクリーンは小説は良いけどシナリオは下手だね

ミスリードのつもりなんだろうけど
不要なやつが多すぎるし
ラストの戦闘にしたって唐突すぎ

ブロンソンは格好良いし脇も豪華
それさえ誤魔化しに感じる駄作だった
orixケン

orixケンの感想・評価

3.5
人が消えていったり容赦なく殺人も起こっていき誰が犯人なのかブロンソンは何者なのかなどのミステリー要素もありアクションもあった。
兵士どこから連れてきたのかなど最後都合良すぎるというのとアイアランドは土壇場での人質のために連れて行ったのかと思えばそうでもなさそうだしなんで登場させているのか物語上はわからなかった(ブロンソンのバーターか?)りなどしたけどなかなか佳作だったとは思う。
gakupapa

gakupapaの感想・評価

3.0
チャールズ・ブロンソンが指名手配犯として登場するので列車強盗ものかと予想するも意外な展開に。
チャールズ・ブロンソンの素性を含めて展開を読ませない作り方が上手い。
ロッキー山脈を走る軍用列車には、怪しい人物が乗車していた。
途中の駅で逮捕された詐欺師と保安官も乗車して、インディアンの居留地を目指す。
ぽち

ぽちの感想・評価

2.5
西部劇で007というプロットで良いアイディアなのだが、整理されていないキャラとご都合主義で残念、という作品。

原作が「ナヴァロンの要塞」「荒鷲の要塞」など名作を書いているアリステア・マクリーンで脚本も担当しているのだが、小説と脚本では勝手が違ったのか冴えない出来。
それとも監督が表現し切れなかったのか・・・・・

とにかく、謎解きなどもいらないキャラが多く、解った時の爽快感がない。
主人公が列車に乗ったいきさつも偶然に頼ったものだし、ラストのダイナマイトのタイミングとか超ご都合主義。
見せ場である最後の戦闘シーンも誰が何をしたいのかいい加減でグダグダ。

見所はブロンソン夫妻の息の合った演技って作品だ。
久々の再見だが、面白いねー。基本走る列車でのサスペンスアクションで拡がりはないのだが、ブロンソン印で安心して見れる。列車アクションもなかなかの迫力。脇の渋さも嬉しい。最大の貢献はゴールドスミス節全開の燃え燃えスコア。これだけで随分と格上がる。
黒羊

黒羊の感想・評価

3.8
軍用列車

ブロンソン主演。列車内ミステリー

色々犯罪を犯しているディーキン。保安官らに捕まり、ネイティブ・アメリカンの侵攻を防いでいる砦へと向かう軍用列車に乗せられる。砦はジフテリアが蔓延していて、兵士の補充が必要だった。出発後、列車内の医師が死亡。犯人は誰だ!?

時代が西部劇なだけであって、映画のジャンルは西部劇ではなくミステリーやアクションですねぇ。

医師免許を持っていたので、囚人から捜査に加わるブロンソンかっこええ!

知事の奥さんがパリスヒルトン似の正統派美人。噂ではブロンソンのリアル妻とか?
嫁はんと映画とかロッキー4思い出したわ!うひょー!!

増える死体!補充兵士が乗った車両が切り離されてどっかーん!
この列車で何が起こっているんだ!?

到着予定の砦にはスキンヘッド&ロング髭の悪そうなムキムキ野郎共!

ブロンソンは美人嫁と事件を解決出来るのか!?

実際の鉄橋なんでしょうね。凄い高くて絵的に映える!そしてそこへ人が何人か落とされる!(勿論人形)
セット撮影じゃない(作れないけど)所も良かった!

テンポも良いし中々に楽しめたブロンソン映画でした。
>|

あなたにおすすめの記事