マックQの作品情報・感想・評価

「マックQ」に投稿された感想・評価

『荒野の七人』監督による、ジョン・ウェイン主演クライム・アクション

1973年作品ということもあり、シーンがいちいち冗長だったり、音楽がヘボかったりしますw

が、カーチェイスや銃撃戦は迫力あり☆
もちろん薬莢も出てます(* ̄∇ ̄)ノ
とはいえ、リボルバー使いが多いので、そんなに薬莢は出ません。

ラストの波打ち際アクションが見所♪



親友で同僚の警官を殺されたマックQ警部(ジョン・ウェイン)。
犯人は麻薬の売人サンティアゴぽい。

が、捜査から外されたので辞めてやった!
俺は探偵になる!なるったらなる!!

調べるうちに、サンティアゴが3人の殺し屋を雇ったこと、警察内部に裏切り者がいることが分かり……



イングラムのサイレンサー付きを購入するマックQ。
って、波打ち際で何故サイレンサーが要るww??

が、薬莢出てたから許します。

血糊はペンキみたいなデロッとしたヤツでちと残念。

途中、探偵資金に5000ドル必要になり、迷わず元妻の所へ行くのはどーなのか(笑)?
そして颯爽と去っていく。
そして親友の妻とデキる。。

なんでやねん(* ̄∇ ̄)ノ

ジョン・ウェインて色男設定でしたっけ?
マイケル・ケインをミャッて潰して渋くしたようなおじさんだったけど、特に萌えなかったなぁ~

諸々削って90分作品にしたら、もっと爽快で楽しい作品になったかも?

が、長いカーチェイスは、それはそれで楽しくドキドキするのでした☆
insomnia

insomniaの感想・評価

3.3
何なんだこの茶番劇。
カットもぶつ切りで乱雑。
常に胡散臭さがあり、コメディーではないのに笑ってしまう。
BGMが古臭くて、突っ込みどころ満載。古き良き映画だなあ。
tristana

tristanaの感想・評価

5.0
殉職した親友の刑事が裏で麻薬をさばいていて…という何度も焼き直されてきたような話で特に変わったことはしていないのだが、ここまでさり気なく面白くしてしまう年寄り二人の手腕に脱帽。やめて!200万ドルよ!から砂浜で波に揉まれるカーチェイスはもはや雲の上の領域。完全に胡散臭いエディアルバートに忘れられない印象を残す素晴らしいコリーンデューハースト(すごいバスローブ)。せっかく借りたのに使わないのかと最後までハラハラさせられるイングラム。
オリジナルのTVシリーズがあるんじゃないかと思わせる雰囲気。スコアも好み。ジョンウェインがイングラムをぶっ放す時代
晩年のジョン・ウェインがはみだし刑事を演じたサスペンス・アクション。しかしよく考えてみると、序盤に刑事を辞めて大部分は私立探偵として捜査しているんだが。ストーリーは古典的で地味な内部汚職物。結構なおじいちゃんのジョン・ウェインが銃撃戦でモタモタと車の後ろに周り込むのをハラハラと見守る展開。カーチェイスは本人が運転しているシーンとスタントが割とスムーズに見えるように編集している。終盤の海辺のチェイスは、ありそうであまりないシチュエーション。70年代らしいド派手な音楽がジャンル感たっぷりでうれしい。
2019.7.15 シネフィルWOWOW(録画)(字幕)
ぽち

ぽちの感想・評価

3.0
デュークは何を演じても絵になるし魅力的なのだが、ストーリーが今ひとつで残念だった。

イングラムM10が出てきた時には、これをデュークが射ちまくるの?と不安だったが、意外と似合っていてナイスチョイスだろう。
この映画で使ったので存在が広く知られるようになったそうだ。

カーチェイスなどはホントは盛り上がるところだが、演出が平たくて逆に退屈。
コリーン・デューハーストの誘いに乗って朝までって・・・マックQさん見境が無さ過ぎるのでは?

作品の設定やストーリーなど細かいところは無視して、デュークのいつもと違う魅力とバーンスタインの素晴らしいスコアを楽しむ作品だろう。
JackBurton

JackBurtonの感想・評価

5.0
ジョンウェインの映画は何故か遠ざけていたのだが、予告のカーチェイスを見てこれは面白そうだと思い鑑賞。結果最高だった!もっと早くに見れば良かったと後悔すらしている。

刑事から相棒殺しを追って探偵へ鞍替えし、執念の追跡…バーンスタインのスコアをバックに朝焼けの中を走る画から始まるオープニングは最高!
相棒を殺した犯人を探偵のライセンスを取ってでも探そうとするマックQが格好いい。
ジョンウェインも歳なのでそこまでハードなアクションはないが、逆にベテラン刑事の貫禄が出ていて良いと思う。終盤どんでん返しもあり楽しめる。
汚職刑事の話としてはバッジ373に近い部分がある。
浜辺を爆走する車からイングラムを撃つシーンは何度見てもいい!
エルマーバーンスタインのスコアも素晴らしい。中盤カーチェイスのシーンなんか曲だけ聴いたら、馬で駆け抜けるガンマンの姿がイメージ出来るほど。ハードボイルドでジャジーなスコアが聴ける!

このレビューはネタバレを含みます

相棒スタンを何者かに殺されたマック。警察を辞めさせられるも、私立探偵として単独で犯人を追う。

ストーリーはよくある汚職警官モノ。スタンの奥さん綺麗だなぁと思ってたら、黒幕だった。

途中でてに入れたマシンガンはよ使ってくれと思ってたらラストでついに火を吹く。その破壊力足るや、呆気なく一味を倒して終了。

カーチェイスも割と見応えあり。

「酒でも飲みに行くか。」
qtaro

qtaroの感想・評価

3.0
20190118鑑賞
まあ、楽しめるんだけど、なんか違和感がある作品。
親友を殺された刑事が、サブマシンガンを持って事件の真相を追う話。ジョンウェインが、実年齢より若い役を演じる限界が違和感のすべてだと思う。警察のエース的なタフガイを演じてるんだが、走る姿やアクションが老体にムチ打ってがんばってるようにしか見えず、チグハグな感じ。ストーリーは良くできてるんだけどなぁ。あと、愛車のポンティアックはカッコ良かった。
tohtan

tohtanの感想・評価

3.5
ジョン・ウェィンの晩年に見せる刑事アクション作品。この時には既に高齢にも関わらずアクションを見せてくれてます。昔の作品ですが結構、楽しめました。
>|