BOY Aの作品情報・感想・評価

「BOY A」に投稿された感想・評価

mis

misの感想・評価

3.7
これがアンドリューガーフィルドの映画デビュー、凄いね。よくある話っちゃ話なんだけど、film4っぽさ、限界界隈をストレートに見せている演出が好きでした。ダンスシーンは見もの。

本国の予告編、ストーリーを最初から最後まで全部バラしていて流石に酷いな。もはや話題のファスト映画よそれ。「ネタバレNG」って監督も言ってたのに? 
ymthefire

ymthefireの感想・評価

4.3
すごく考えさせられる話。
少年法で守られて出所してきたとして、自分の過去の罪は消えるわけではないから自分が更生しようとしても周りから見たら殺人鬼が世に出てきたとしか思えない。
あの少年は自分じゃないと、自分で信じ切れなくなる時が終わりの時なのだと。自分だけは裏切らない、裏切ることができない。そうである限り他人にはなれない。
あ

あの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

過去に殺人を犯した少年Aの保釈後の話。少年は更生し名前も生まれ育った場所も新しくして新しい人生を歩みなおす。職場でも信頼できる友人ができはじめての彼女もでき事故で死にそうになっていた少女を助け過去の自分は死んだと真面目に生きる。しかしながら主人公は生まれ変わり周りの人間が自分に優しく接してくれるが故に自分の過去を隠していることに苦しみながら生きていく。その主人公の新しい順風満帆だが苦しい生活がストーリーの大半をしめるため主人公が少年Aだという事実がバレてしまった後の周りの全ての人から関わりを断たれていく様が見ていて本当につらくかなしい。主人公はあの少年Aは自分じゃない別人として更生したのだと悲痛な叫びを部屋で1人あげる。このシーンが今までの生まれ変わる、違う人間という表現が多かったため深く心に刺さった。そして少年は更生後に自分に優しくしてくれた人々へ感謝を伝えながら自殺を図るシーンで終わる。
本当に素晴らしい映画でした。少年Aの更生した生活、周りに本当の事を打ち明けられない悲痛な叫び、正体がバレた後の周りの反応など本当に表現や演出が素晴らしかった。うまく感想をまとめられることが出来ず悔しいが本当に素晴らしい映画だった。
しかしながら少し過去の伏線が回収しきれていない部分があった。
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.5
とても難しい作品。
本作は幼少期に重罪を犯した少年をfocusしてるので、意に反し過去を隠しながら愚直に更生していく様を描いてるが、遺族からすれば犯人はいつまでたっても犯人のままという事。ましてや詳細を知らない第三者からすれば風評が全てであり、それをベースに判断してしまうということ。
残酷だけど現実はそれなりに厳しい
ずっと気になってた作品。面白いどうこうの映画じゃないから評価しづらいけど、こんなに考えさせられたのは久しぶりでした。

常に少年Aの視点で、その子を演じるアンディの演技がすごすぎてどうしても感情移入しないことはできないけど、被害者やその家族のこと考えると許されへんことも分かってる。彼のことをバラした奴もその子なりに悩みがあってやってしまってた。視点を変えると可哀想になってしまうのがこの映画の登場人物に共通してて、ほんまに複雑でどうしょうもできひん。なんか叫びたくなった。罪を犯した少年時代の心理描写が少なくて理解しきれないのがもどかしい。まだ倫理観が備わってない子供にも見えたし、しっかりとした意思があって実行したようにも見えた。自分が友達の立場であってもジャックのこと見捨てないって言い切られへん。この問題ってどうしたらいいんやろか。とりあえずジャックを抱きしめたいです。見て損はない映画だと思います。
TAKA

TAKAの感想・評価

4.0
過去の罪を償い、更生してやり直すために名前を変え、周りに嘘をついて生きていかなきゃいけない。辛いな。マスコミは出所した彼を探し出したい。殺された少女の家族は一生許せないよな。犯人は生きているし。刑期を終えたら世に出てくるからこれも仕方ないよね。難しい。
koichi

koichiの感想・評価

3.8
人それぞれが考えてることとか思うことって違うからなあ難しいなあ
べりす

べりすの感想・評価

3.6
タイトルまんま少年A
過去に少女を友人と殺害していたがそれを周りに打ち明けてはいけないという葛藤も同情する気持ちにはさすがに殺人なのでなれないけど辛いよなぁと思う複雑な気持ちで見ていた。
主人公は更生しているし、問題はないんだろうけど確かに過去殺人おかした人が彼氏、隣の部屋はさすがにどんだけ好きでも考えると思うから。

過去の描写はどう考えても「主人公主体」の行動はどれもしていなかった。
もう一人の男の子が主体性があって、それについていってる感じ。だから罪が軽いとは思わないしそういうことじゃなくて幼いときの判断力、家庭環境なんか加味するとサイコパスとかの類ではないことが描写から感じ取ることはできた。
もはや友人の発言が「女性」というものに嫌悪感を感じる発言が多かったので(コンドームを発見したところとか)そっちの思考回路が気になるけど本筋とは関係ないので。

難しい。
私は、性犯罪者と殺人者はどこにいるか知りたいと思う気持ちがあるからマスコミの突撃もかわいそうと思う反面でも殺人だしなと思ってしまった。少年法とか関係なくね。

なのでなんとも感想を述べにくいけどとても切ないしつらい。
けど感情移入できない。
けれどこんな映画を見れてよかったと思った。

ちなみにレンタルがなくて西さんにお借りしました!ありがとうございました☻
matsu

matsuの感想・評価

4.0
2007年イギリス映画。

いわゆる重罪を犯した少年Aが更生施設からの出所後、名前を変え別人として新たな人生を歩んでいくストーリー

まず主演のアンドリュー・ガーフィールドの演技力がすごい!!! 順風満帆の時の初々しい喜び方や過去を明かせない苦悩の様子を見事に演じている

出所後の生活の場面と過去に罪を犯していく過程を並行させて描くことにより最後まで犯罪の詳細が分からない…
→→映画の作り方が非常に上手、
  最後まで飽きずに集中して見られる

終盤、ショッキングな出来事が降りかかる…とても切ないエンディングに

更生後の彼は非の打ち所がない好青年なのに…
>|

あなたにおすすめの記事