ミスエデュケーションの作品情報・感想・評価・動画配信

「ミスエデュケーション」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

告発ものかと思いきや違って、元ゲイの先生を逆セラピーするとか矯正施設を解体するとか?と思ったけどそんなこともなく、じゃあ猫かぶり通して卒業だ、と思いきや仲良し3人組で衝動的に脱走して(とっつかまってまた施設送りになるのかなとかいらんこと思ってしまうけど、、)唐突に終わった。
(ストーリーが好きかどうかはともかくとして)神様がどう思うかじゃなくてどうするかは自分で決めるぜっ!あばよ的な終わり方は嫌いではないです。

時代設定が現在ではないとはいえ、神様がこう思うから…聖書でこう言っているから…って信仰のない身からするとカルトの洗脳教育施設みたいでただただ気持ち悪かった。
「精神的虐待」確かにね。あるがままの自分を否定させるのはカルトもやる手段、、

(~11.25 DVD)
観終えた今日は偶然にも(?)一橋大学LSアウティング事件控訴審判決の日…
T

Tの感想・評価

3.6
異質で正さないといけないっていう考えが怖い。今もこんな施設あったらぶち壊しまっす
く

くの感想・評価

-
思ってたんと違ったし、苦しくなったり考えさせられました

軽トラの荷台に乗るやつは絶対にやりたい
映画の舞台は90年代。同性愛は異質なものと一般的に認知されて、本人達ですらそれを是とする事が正しいとする風潮がある、つまりそんな時代...であることが劇中の雰囲気から解る。

今でこそLGBTなんて言葉もあるけど、当時としたら、言い過ぎかもしれないけど、天動説の中で地動説を訴えるようなものだったのかも?誰も悪気はないと思うので、とても切ない。

そんな中で、同性愛嗜好の主人公(クロエ・グレース・モレッツ)が心の居場所を見つける話。爽やかなラストに心を洗われる。
juri

juriの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

初体験の感想は「えっ、みっともな」です。
大人がみんなこんなみっともないことしてるのかと思ったら、愛しくて世界を少し許すことが出来ました

女同士、男同士、汚らわしいとか神聖だとか。何かそこに違いがあるのだと感じてるとしたら、きっと気のせいですよ

クロエちゃんの声、ハスキーで好き
けど結末はボヤッとし過ぎてた..
コ

コの感想・評価

-
自分の生まれ持ったものを否定されたくない。最後のトラックのシーン好きだなーー。
maho

mahoの感想・評価

3.7
「ある少年の告白」のレズビアン版みたいな作品。(公開はこっちの方が先みたいだけど)
What's Upという曲をノリノリで歌うシーンが好き。あと主人公と同室の子が好みだった。「自分を憎むのは10代では普通だよ」ってセリフが1番しみた。あそこに取り残されたリックとか他の人たちのことを考えてしまう〜
yukko

yukkoの感想・評価

3.1
クロエだから一応観とくか程度。『ある少年の告白』に酷似。
カワイイ時とそうでない時の差が激しい。いつも寝グセのようなウネッた髪。
あれ?劣化した?SKⅡのCMはめちゃカワイイのに。

色々気づけて良かったじゃん。仲間できて良かったじゃん。楽しそうじゃん。
え?何故ソッチの方向に?ちったあガマンしろや😡

若いと楽な方、楽しい方へ流されちゃうよねぇ😥
宗教、信仰、同性愛、矯正施設、ドラッグ、自殺未遂.....罪?
じゃく

じゃくの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

■演技 0.8
クロエ・モレッツは存在感があって、ずっと見ていたくなる俳優。

■ストーリー 0.7

■演出 0.7

■気づき 0.6

■個人的な思い入れ 0.7
この前「ユートピア」観て、サシャ・レーンを追いかけ始めた。

私がクロエ・モレッツとエル・ファニングを足して割ると広瀬すずになると思っているのは、完全に余談。

合計 ★3.4

■感想

filmarksでの評価低いからあんまり期待してなかったけど、割とよかった。

スポーツが好き、編み物が好き、とかそんな馬鹿馬鹿しい流れで同性に惹かれるわけがあるかバカ、と思ってしまうけど、この施設の人たちは薬物中毒患者に「薬物に頼るのはやめよう」と優しく声をかけてくるのと同じ気持ちで話しかけてくるわけ。

クロエの、最初は施設をくだらないと思いつつも、叔母の対応や元カノからの手紙で削れていく感じ、すごく悲しかった。

最後逃げ出してからの荷台での会話、あまりにも当たり前で、肩の力が抜けていて、喜びに溢れていて、いいラストだったなー。
>|