16歳の合衆国の作品情報・感想・評価

「16歳の合衆国」に投稿された感想・評価

人(こども)と環境の話、
好きな(大事だと思う)題材のひとつ。

ものの見方は2つある
頭に残る映画
小難しくてモヤモヤが残る作品。付いていけない私も悪いのだが…

起こった出来事から登場人物の内面を見つめ人の善と悪について深く描いた作品。扱ってるテーマには興味があったけれど、登場人物(豪華キャスト)多めで関係性がよく分からないし人物背景がわざとなのかよく見えないしで残念ながら引き込まれず。刑務所でナイフが簡単に盗まれることに凄い違和感。

「“肯定的な見方”は問題があっても気づかない…」(うろ覚え)という言葉に深く頷く。仕事で日々感じてることだ。
モノローグで始まり、最初は何が起きてるのかわかりにくい映像が続く。でもすぐに入り込めた。じっくりのめりこむ。

人間臭い作家志望の教師、生活観のない少年の父である作家、ジャンキーのガールフレンド、そして…ガールフレンドの弟。普通で普通じゃない家族。

みんな色んな事情を抱えて、幸せも悲しみも、ひっくるめて人生を送る。
悲しみしか感じなくなった少年には、生きることに、幸せに、何の意味があるのかわからなくなる。

幸せに何の意味があるんだろう。
生きることに、何の意味があるんだろう。

わかるのは、間違いをやり直すことが出来ないということ。
誰かを傷つけることも、自分が傷つくことも、後悔をしても、決して元通りには出来ない。
「理由」って結局本人の中でしかわからない。

恋人の弟を殺してしまった16歳の少年の話。「BOY A」みたいな話かなと思っていた。

更生施設(少年院?)に入りカウンセリングを受けながら、事件の背景や親子関係について
だんだん明かされていく話、恋人の弟を殺めてしまうまでの状況、2つが並行して進む。

この構成なので終盤に向けて両方とも核心に向かっていく。だから眼が離せない。

でも、少年が人を殺す理由なんて少年がそれを話したところで他の人には理解不能なんだよね。こじつけて理解した気にはなるけど、結局そこまでやってしまった決定的なことや思いも、同じ状況になってみないとわかるはずがない。

親との疎遠さや、社会への疑問や孤独感なんてのも、要因のひとつにはなるだろうけど。

ストレスをかかえた少年が何がキッカケで道を踏み外すかわからないという印象が残った映画。

ライアン・ゴスリングってほんとうに繊細な演技が上手すぎる。
「ホテルルワンダ」でドン・チードルを観て、よく見かける?と感じた。元祖笑わない男と私が勝手に名付けているライアン・ゴスリング、なぜそう感じるのかな?と思った。

忘れてた、これ。観たことあった。。。人殺しをしてしまったが、何も語らない少年(ライアン)と彼の心を開こうと奮闘する施設教官(ドン)だったのか〜。。。

細かくは覚えていないのだけど、殺人の理由がわかった時は結構ショックだった。フィクションとノンフィクションとはいえ、相模原の事件が起こってしまった今は、もしまた本作を見たら、感じ方が変わってしまうだろう。映画は映画だけで良し悪しを図りたいとしても、ね。。。

このレビューはネタバレを含みます

深いというか、切ないというか…。繊細だからこそ多感で、自分そして人の哀しみに対しても敏感だったってことだね。そして繊細だからこそ心を閉ざしてた、自分の感情にも蓋をしてた。祖母の死、ベッキーとのすれ違い、長く会っていない父親への想い…。世の中に溢れる哀しみに強く影響を受けたリーランド、最後はベッキーの姉の恋人アランに殺されるという悲劇的結末。
上手く言え(書け)なくてすみません
でも、この映画ほど「信じてる」とか「愛してる」という言葉が、空しく、薄っぺらく感じた作品はないかと?
キャラクター全てが『心ここに在らず』みたいな・・・

人間って、すぐに理由を求めようとします 「なぜ?」 「どうして?」
でも、ほんとのところ理由なんてないこと、いっぱいあるのではないでしょうか? いや本人さえ説明つかなかったり
・・・そんなこと考えながら観ていましたです、はい
善悪、救い、弱さ・・・これって実は宗教映画だったりして?
なんか偉そうなこと書いてすみません

【追伸】
実は本作、以前から気になっている女優さんの一人、ミシェル・ウィリアムズを検索していてヒットしました
たまたま店にもあったので、レンタル・・・と、そんな程度だったのです
そしたら、若きライアン・ゴズリングは出てる、ドン・チードルは出てる、ケヴィン・スペイシーまで
久々、いい拾い物させていただきました
【もひとつ】
それともう一人、レナ・オリンという女優さん あれ、どこかで?
調べると、やっぱりでした
「蜘蛛女」(93)・・・あまり、人に観た作品を薦めることしない自分ですが、これは観ておいた方がいいですよ~
好きです。多くは語れないけど。つかみどころのないリーランドの不器用ながらもにじみ出る優しさに泣いちゃう。ラストシーンすばらしくない?私は泣いちゃった。
MILK

MILKの感想・評価

3.0
観たの前すぎて全然覚えてないのでもう1回観たい... ライアン・ゴズリングが繊細で綺麗だったのは覚えてる。
鯵

鯵の感想・評価

-
16歳の合衆国(嗚呼…邦題よ…)
これを観たのは学生時代。(2003年くらいの映画だし)きっかけはケビン・スペイシー作だと聞いたからなんだけどまんまとライアン・ゴズリングの演技にハマったというエピソード付きです。(個人の、ね。)ララランドのライアンも好きよ。だけど私はこういう内なる演技をするライアンが一等好きなんです。
>|