4デイズの作品情報・感想・評価

「4デイズ」に投稿された感想・評価

パッケージからはちょっと想像出来ない内容だった

倫理とは正義とは、何でしょう?
その擦り合わせが出来てないから、最後結局テロリストが勝った話じゃん

と思った
choco

chocoの感想・評価

4.0
ジャケ借り。
アクション映画かと思って借りたのに......拷問映画。

いつかはアクションになるに違いないと思いながら内容にどっぷり。

テーマ性が強く時節柄ショートバージョンのエンディングになったのは致し方ないとは言え、個人的にはロングバージョンのエンディングのが好み。

何が異常で何が正義か持つ者と持たざる者、実行する者、指示する者。様々な対照的なものの中身がコロコロと変わって行く様が面白い。

老若男女児童迄合わせて54人...(56人だったかも)殺したお前より、ここでお前を拷問にかけてる俺のが異常者なんだってよって言葉が印象的。

色々考えさせられる作品でした。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
原題“UNTHINKABLE ”で、この台詞が出た後の終盤は考えさせられた。

ほぼ密室劇で、人権無視の拷問を通して、やがて正義や自由を問うラストへ…一般人を人質にするテロリストと、彼を拷問する尋問官はどちらが異常者か?そんな事を考えつつも、最終的に最も異常な行動を取る人物に苦笑、と同時に頷けてしまう怖さがある。

まぁ、冷静に分析すると、犯人の狙いと行動にはやや疑問だが…とにもかくにも予想以上に引き込んだジョーダン監督の手腕は流石。

マイケル・シーン…拷問される側の迫真の演技は見事。

このレビューはネタバレを含みます

拷問ジャクソン。

役者たちは熱演しているものの、吐くか吐かないかだけのシンプルさで物足りない。

ただ、テレビでやってたら見ちゃうタイプの映画。
痛いよーー。
サミュエル・L・ジャクソン嫌いになっちゃうよー。
TAMI

TAMIの感想・評価

2.8
拷問のシーンはひたすら痛い。マイケル・シーンは好きな俳優。ラストは・・・
yn

ynの感想・評価

3.0
テロリストと尋問官による、安全と人道主義のせめぎあい映画。
サムが太ってる、役作りのため?
tofu

tofuの感想・評価

2.4
予告編に釣られて鑑賞。

マイナー作品なので、ざっくりとストーリーおさらい。

テロリストが核爆弾を数個、設置。
捕まる、拷問される。捜査官の尋問vs犯人の忍耐。はたして結果は?

それだけ。

爆発のCGはチープだし、ストーリーに捻りもなく、捜査官の拷問の非道さに是非を問う…そんなシーンの繰り返しで、たかだか90分が退屈で眠くなった。
ほぼ主演の3人の駆け引きが密室の中で進行するだけで視覚的にも飽きが来るのは否めない。

ラストもなんだかなぁという印象。

すぐに記憶から抹消されそうである。
なんかこれそもそもテロの話じゃん?日本で馴染みがなさすぎるワードというか事案だけに、ここまでしてしまうのか??っていう危機感と倫理観が右往左往してしまう。平和堕落国ではウケないお話なのかなあ。

このレビューはネタバレを含みます


 
自宅(CS放送)にて鑑賞。原題"Unthinkable"。ゴア描写は控え目乍らリアリティを追求したとされる拷問シーンは痛さが強調されている。主演の“H”こと“ヘンリー・ハロルド・ハンフリ-ズ”のS.L.ジャクソンは云うに及ばず、脇を固めるキャス陣にも好きな人が多い中、“スティーブン・アーサー・ヤンガー”のM.シーンが上手かったのと“ヘレン・ブロディ”役のC-A.モスのO脚が印象に残った。ただ作中、水曜日から四日後とされる三つの爆弾のタイムリミットが金曜日とは矛盾している様に思えるが……。75/100点。

・時節柄、米国では拷問の舞台となる高校からC-A.モス演じる“ヘレン・ブロディ”が犯人の子供二人を連れ出すシーンがラストと云うショートバージョンで公開されたらしい。

・鑑賞日:2014年5月3日

 
>|