ザ・クリミナル 合衆国の陰謀の作品情報・感想・評価

「ザ・クリミナル 合衆国の陰謀」に投稿された感想・評価

souma

soumaの感想・評価

3.8
実話をもとにした女性新聞記者の物語。

レビュー数少なッ!笑
記者として人間としての信念を貫く姿がとてもよかったし
ケイト・ベッキンセイルの熱演も素晴らしかった。
これは、なかなかに隠れた名作かも。

政府の機密情報を掴んだ記者が記事にした結果
国家の安全に関わるとなり罪に問われる。
情報源公開の拒否により
法廷侮辱罪により拘置所されることに。
レイチェルは、すぐに釈放されるかと思いきや
勾留期間はだんだんと長引いていく。
子供とも離れ離れにされ
夫との関係も壊れかけてしまう。
観ていてとても辛かったが
記者として人間として
自分の信念を曲げない強さを感じることができる
素晴らしい作品だった。

ただ、吹き替えが棒読みすぎてひどすぎる。
かなり作品を台無しにしてるので
字幕で鑑賞がお勧め。

原題は「NOTHING BUT THE TRUTH」
いいタイトルだよね。
邦題のチープ感で損してると思う。

◆あらすじ
アメリカ大統領暗殺にベネゼエラが関与していたとして
アメリカはベネゼエラに報復を行う。
しかし、ベネゼエラは無関与であるという情報をつかんだ
ジャーナリストのレイチェル(ケイト)はこれをスクープする。
しかし、内容が政府の重大な案件であるため
このスクープをめぐって政府と裁判が起こる。
記者は情報提供者の開示を求められるが
取材源の秘匿を守るため、これを断固拒否する。
しかし、ここからレイチェルの地獄が始まる。
 ジャーナリズムとは何ぞや。アメリカ映画ではちょいちょい見かける題材ですな。邦画ではめったにない。
 「権利と権力の混同」
 ウーム、いますねぇ、日本のお偉いさんにも大勢。

 とはいえ、本作はどちらかというと、情報提供者は一体誰なのか、なぜ彼女はかたくなに情報提供者の素性を明かさないのかが焦点といってもいいかもしれない。最後まで観ればその理由が明らかになるが、納得いくかいかないかは人それぞれだろうな。
犬好き

犬好きの感想・評価

3.6
アメリカには、こういう真のジャーナリストがいるんです

実話がベース。ニューヨークタイムズのDC支局に勤めていた記者ジュデス・ミラーの経験が元ネタ

ジャーナリストというのがいるのがアメリカです。日本にはほとんどいません。そしてアメリカのジャーナリストは本当に優秀です。日本のそれの比較になりません

この映画、終わり方がいいですね。ネタバレになるので言えませんが
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.5
アメリカの法律って何なんだ💢💢💢
政府関係者がメディアに告げ口をすることは許されず、メディアはその情報源を秘匿することが出来ない!
シールド法(shield law)によって保護している州も多いものの、連邦レベルでは取材源の秘匿が認められないって単なるご都合主義じゃん!!
こるり

こるりの感想・評価

1.0
長い。何度も睡魔に襲われた。○時間とか○日とかと出る映画は無駄に長い。真実を明かそうとするマット・ディロンは格好よかった。
Shizka

Shizkaの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

他人の子供のためにそこまで!? 

彼女が守りたかったのはたしかに「チクリはダメ」という自分の言葉もだろうけど、記者のソースを明かさないという主義でもあったのだろう。どっちも最後まで守りきれなかったけれど。

彼女を非難する気にはならないし、あのタイミングで言うのはわからなくもない。しかし他人の子供のためにそこまでするのか? しかもバラしたって危害が及ばないだろうに。

記者としての矜持もいいが、自分の主義と自分の幸せを天秤にかけたのだろうか。根性があると言えばキレイに済ませられるが、これは自業自得な気もする。

映画中に彼女が「男なら英雄、女ならモンスター」とか言ってだけど、こんなことをするなら男でもモンスターだと思う。

ケイトベッキンセールがギスギスする痩せ方で、それがまた根性あるというか、凝り固まった強情っぱりに見えて、ヒーローには見えなかった。
姫

姫の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ケイトベッキンセール主演。実話に基づくフィクション。新聞記者vsアメリカ政府。
これはさ、このスケールの立場ではなくとも、誰でも直面する可能性のある事態だと思った。
自分の中の主義、信念、正義を貫く話。誰かとした約束を別の何かの為に破れるのか、そんな話。

「あなたは権利と権力を混同してるわ。」

この台詞と最高裁での弁護士の台詞は真に迫ってると思った。

ヴェラファーミガ好き。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.3
2019年 91本目

実話ベースのお話らしい。う〜ん難しい!国家の安全とジャーナリズムの情報提供者の秘密保持の狭間で大変な目に合う記者のお話だけど、自分だったらここまで我慢しないでさっさと吐くよな〜って普通に思いますよね。

何故この人はかたくなに情報提供者の名前を明かさないのか?真のジャーナリズムとはそこまで大変なものなのか?いや
ホントにもうええですやんアナタ…と、観てる誰もが思う程、証言を拒否し続けて拘置所に拘留され続ける主人公。

ここまで頑固だと観てるこっちも段々と腹が立ってきて「お前自分のジャーナリズムに酔ってるのは良いけどそれで家族バラバラやん!」と素直に思ってしまいます、見事な展開。

ラストまで観ると、この記者が何故最後まで口を割らなかったのかがわかります。う〜ん、読める人なら読める展開なのでしょうか?ボクは全くわかりませんでした、ビックリ!
実在の事件をベースに描かれる、アメリカ大統領暗殺未遂事件をめぐり、陰謀と告発、信念と権力が交錯する社会派サスペンス・アクション。
出演はケイト・ベッキンセールとマット・ディロン。

これほどの出来栄えの映画が、公開当時にそれほど話題にならなかったのが不思議です!
この映画を、サスペンスやアクション的な要素で見てしまうとがっかりしますが、最後まで見る価値が有る骨太の一作です。
収監が長引き大切なものを失いこれでもかと不幸に見舞われるレイチェルに、もう折れたらいいのにと思うのだが…
そうか、そうだったのか…
>|