うつせみの作品情報・感想・評価

うつせみ2004年製作の映画)

빈집/3-Iron

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.9

「うつせみ」に投稿された感想・評価

uedachiaki

uedachiakiの感想・評価

3.7
愛に言葉はいらないよね

主人公が人のうちに勝手に入って生活をしている、そして家事も体重計やオーディオコンポの修理も得意で埋葬までできるという、設定からしてむちゃくちゃで最高、、、
この映画の全てに無駄なことなんてなかった。
きっと主人公はとても優しいひとなんだと思う。ただ、主人公がやっていたことが知らず知らずのうちに人のことを傷つけていたこと、そして映画の終わりに出て来る、“目の前の出来事は全て夢か現実どうかなんて誰にもわからない”ということについて、私は今まさに映画を見ているけど、それが本当に現実なのか、それとも私の頭の中で作られた現象に過ぎないのかわからなくて、悩んじゃうな!
でも、本当のエッセンスはそんなことじゃなくて、主人公2人のヘンな愛の形なんじゃないかなと思った。

恋人からDVDをプレゼントされて見ました。
uyeda

uyedaの感想・評価

3.9
漢文の試験問題みたい内容だと思ったが、かなり好き。あまりキムギドクっぽくない気はする
mtmg

mtmgの感想・評価

3.9
設定が奇妙で良い。前半の空き巣ロードムービーからの後半はまた別の意味で変な映画に。北野武の映画を彷彿とさせる静けさだと思った。
美しい、ただ美しい、ただ理解は出来ないよ相変わらずすごい才能。
marina

marinaの感想・評価

4.0
なんか好き。
セリフもほぼなくて地味だし、コメディかと思うくらいありえないのに、すごく印象的。不思議。
TeT

TeTの感想・評価

4.4
見えないと居ないのか。
見えないから居るのか。

しのびこむのか、しのびこまれるのか。
わたしがツクッタモノ?
ツクリモノがわたし?
ギドクの設定が面白い。
空き巣を繰り返していく留守宅放浪記。悪さをしてないが目的は不明。途中で女を拾ってからがドラマチック。というのも主人公を一切喋らせないことで、存在を曖昧にしている、一貫して監督らしい演出効果が見事に効いていて、二人の関係性を言葉を介在させずに表現しきってみせる手腕が卓越。
獄中で気配を消すことを習得して、彼らは不思議な世界の住人になった。ありえない夢のような現実映画。
IPPO

IPPOの感想・評価

3.8
…唖然…え…ギャグ!?

…なるほど。
色んな映画好きな方がおススメしているキム・ギドクのちょっと前の作品という事で、手を伸ばしてみましたが、なかなかの奇っ怪具合。
「気配」をテーマにした異色作。
でも他のギドク作品より、ファンタジックで恋愛要素が強いのが良かった。

7年後にギドク脚本として作られた『プンサンケ』に繋がる作風。主人公=喋らない捉えどころのない謎の男、妨害されても執拗に求め合う男女。その様がちょいちょいギャグ。

てか、ギドク氏は「ゴルフボールで人を痛めつける事は出来るか」というテーマの映像を撮りたかったのですか?笑
主演のジェヒさん、初めて知りましたが、すっごいイケメンですな…原田龍二似なとこも親しみやすい 笑。
ざね

ざねの感想・評価

4.0
中村文則の『蜘蛛の声』を思い出した。
あと、ceroのorphansの「彼は無口なうえに オートバイをもっていたから」、「逃避行のパートナー」も。

このレビューはネタバレを含みます

監督の巨匠のギムギドク監督作品。本作で銀獅子賞受賞。

かなり異色の映画で、主人公二人はほぼ声を発しない。おまけに男は映画後半、逮捕後に、人に気がつかれないように行動し、その存在が消え、女にしか気がつかれないようになる。

監督は胡蝶の夢と最後にテロップを流しているのが印象的だ。現代の大都市は匿名性が高い。街で誰かにすれ違ったとしても、その人にもう会わなければ、その人の実在は記憶にあるだけだ。そんな近代の実在の不確かさが描かれているような映画だった。

映画では経済的な成功者などはどこか孤独で冷徹だ。唯一、主人公たちを暖かく見てくれたのは、昔ながらの韓屋に住む夫婦。近代化により喪失した人の温もりが感じられる。 監督は、近代の大都市における実在の不確かさ、孤独、不安をベースに異色の恋愛を構築している。

非常に不思議な感覚にさせてくれる良作。
>|