漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)の作品情報・感想・評価

「漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)」に投稿された感想・評価

オムニバスの様々な漫画太郎。しつこいぐらいのコピーギャグ。エンケンさんの珍八先生が一番好き。あの奇跡の全裸スタイル。
山口雄大監督だから観てみたけど。
漫画は知らない。
できるだけくだらないことを
やろうとしているのでは
多分成功してるんだろうけど
グロを期待して観ると
ちょっと残念。
映像とか役者いいし
やっぱ山口雄大監督には
ホラー撮ってほしいな。
漫☆画太郎先生原作で『笑うセールスマン』のパロディオムニバス。

気弱な学生のエロ本買蔵は次第に大胆な行動を取り、ついに古本屋までエロ本を買いに行く。

温水洋一演じるハデーヘンドリックス(18才)はいつもメンバーから「ハデー、地味〜な曲ばかりだなぁ」とライブでは終始しらけ気味。しかし起死回生の一曲『ギブミーチョコレート』でライブ会場は大盛り上がり。
「ギブミーチョコー、ギブミーチョコレート♪ おくれよ、おくれよ兵隊さん、日本あげる、お返しに〜♫」
こんな短いフレーズで戦後日本の真髄を突いた見事な歌詞。

森三中はバスで楽しい遠足に向かい、バスの中では皆で合唱。
「漕げ漕げ漕げよボート漕げよ♪」
これ『ダーティハリー』でバスジャックしたスコルピオが子供達に歌わせた「Row, row, row your boat,
Gently down the stream ♪」のオマージュです。黒沢さんが細くて別人みたい。

3年B組珍八先生は全て静止画のモンタージュ構造でボラギノールCM演出。遠藤憲一演じる珍八先生が生徒から様々なパターンでエロ本を没収し暴力も横行、『ブベラ!』

気が狂いそうになるリピート地獄のカオス映画、画太郎先生の世界観好きです。
漫☆画太郎原作の短編ギャグ漫画をオムニバス形式で実写映画化。

同じく漫☆画太郎原作で実写映画化した「地獄甲子園」に続いて、今度は短編漫画を映画化。「地獄甲子園」よりも原作に忠実で、画太郎先生の代名詞的な、ババァ、コピーギャグ、「ぶべらっ」「はぅあ」などの擬音が多くあり、結果やりたい放題になっています。

原作通り、下品で不条理でナンセンスで、原作を知っていれば笑えます。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.0
紛うことなきクソバカ映画

地獄甲子園で味をしめたのか何やっても許される状態に
ちゃっかり?ポスター出しまくってるし笑

全体的にひどいけど実は原作のトレース技術を映像でループして使い回すという再現に挑戦してるんだよね
しかもくどい癖にちょっと面白いのが悔しい

遠藤珍八先生のボラギノールは普通に最高だったな
いや〜奇妙な世界観でしたわ。
世にも奇妙な物語を濃厚にした感じというか。
カットを繰り返す演出が気持ち悪さをプラスしてて、温水の話は意外にいい話だった。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.0
2019.1.14 DVDを再見。

漫☆画太郎原作の映画化。
はっきり言って超バカ映画で普通の人なら途中で見るのやめるかもってくらい酷い。
こんな映画化を企画して映画館で上映をしたのが信じられない。

また(他)とあるように「ババァゾーン」1&2を含む短中編が全部で5話で成り立っている。

とにかく下品でバカでナンセンスです。でも何年かに一度、フッと見たくなるから不思議です。

個性派俳優から芸人、ベテランまで出ていますが根岸季衣はよく出たなと思いましたが特典にあったプロフィールを読むとどこかの映画祭で監督と一緒になって意気投合したとかなんとか。
赤足

赤足の感想・評価

1.5
漫☆画太郎大先生のオムニバス短編集の実写化!

第1話 「ババアゾーン」(10分)
第2話 「たのしい遠足」(28分)
第3話 「ババアゾーン2」(10分)
第4話 「ハデー・ヘンドリック物語」(25分)
第5話 「3年B組珍八先生」(5分)

誰も見たことがないであろう、漫☆画太郎大先生ワールドがここに爆誕!特にアクの強い漫画を厳選し選りすぐりした。問題作で話題作となったのかさえ不明。

自分(赤足)が自称、クソ映画愛好家の道へと進む事を後押ししてくれるキッカケをくれたメモリアル作品でもあり、思い出も何もない、すっかり忘却の彼方に忘れ去られていたほどの存在感のなさと異彩を放つベスト・オブ・クソ映画でもある✨

いくつかのオムニバス作品で、タイトルにもなった「ババアゾーン」。主に「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造の〇クリとよく言われているが、そんなの気にしていたら画太郎ワールドは楽しめなく、気にしたら負けだ!実写化のババアは兎に角不気味過ぎて引くくらいの異様さと汚さはインパクト大である姿は見物であった。

そして、我らが画太郎ファンの中でもで1番の影響力と映像で見たかったであろう「ハデー・ヘンドリック物語」某ミュージシャンをモチーフにしたロケンロール青春巨編感動作で無駄に25分もあり

♪ギブミーチョコ
♪ギブミーガム
おくれよ おくれよ 兵隊さん
ニッポンあげる お返しに♪

のみの歌詞で延々と繰り返す地獄のロッケンロール途中で何度、睡魔に襲われそうになったことか!しかも歌っているのは温水洋一ときたもんだ!

実験的で無謀にも無駄に豪華な出演者やまさかのババアゾーン関連作品を実写化した監督には本当に感謝!しかし、やはり漫☆画太郎大先生の作品は漫画で読むのが一番と思わせてくれる作品であった。

尚、クソ映画愛好家厳選作品に見事、登録決定である!✨
ミルコ

ミルコの感想・評価

5.0
ギブミーチョコチョコギブミーガム
おくれよおくれよ兵隊さん
日本あげるお返しに

この歌が聴けたから、五点
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.5
チンポが硬くならないビデオを出せでごわす!


いやぁ世間では未だに政治家のセクハラ問題ばかり目がタコになるくらい報道されておりますね。怖くてお酒も飲めませんあーぁです。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

○○メンバーなぁ、ジャニーズでさえダメなら最早わしらに希望ないがな!
はぁ桜田ひよりちゃんを家に招待して踏んづけてもらいたい人生だったぜこのヤロゥ!

そんなクソほど溢れるニュースの中でも矢部太郎が手塚治虫文化賞を受賞するという快挙!

めでたいですなぁ

そんな矢部太郎がエロ本片手に全身から血を吹き出しまくる腹よじれるオープニングから始まる本作!とりま山口雄大監督らしいいつものギャグ多めで真新しさはないんですがな、

セクハラなんて知るかの如く全裸な津田寛治は『堅いビデオを見るでごわしょ〜〜』なエロ借リル蔵の楽しげな素晴らしき馬鹿キャラ!いつも通りツダカンは出てくるだけでテンション上がるでごわすなぁ笑

もしも皆んなが○○だったら…な3年B組珍八先生でノリノリに全裸でエロ本に興じるエンケンさんも素晴らしいぜこのヤロゥ!

つか全員とりあえず全裸オチみたいな流れかこのヤロゥ!

手鼻三吉よろしく今回も全編しっかり滑り散らかしておりますので悪しからず、このヤロゥ…(・∀・)

とまぁ映画は山口雄大監督らしいいつもの馬鹿映画でしてこんな馬鹿映画見てると世間のセクハラなんてどうでもよくなりますわ。

かくゆう私も基本ちん子ちん子ばっか言ってるレビューばかりなもんで、いつセクハラで訴えられるか気が気じゃないですわぁ

はぁ世知辛い世の中、、、でもどっかの誰かさんやないけど、しゅりちゃんのハニートラップなら喜んで引っかかるなぁ
しゅりちゃんやひよりちゃん、葵ちゃんの為ならいくらでもあーぁメンバーになったる!!
そのメンバーに入れてつかーさいな!

ってかそもそもメンバーってなんだ??
>|