2つの恋愛の作品情報・感想・評価・動画配信

「2つの恋愛」に投稿された感想・評価

ポコ

ポコの感想・評価

3.2
ドラマのボイス見てキム・ジェウクさん知って、調べてみたら日本語が話せると。それを披露してる作品ということで1年前くらいに見た。
なんとなくもう1度。
ギュリさんも素晴らしいけど申し訳ないけど比べちゃうよね日本語の発音。
日本の人?

「彼女の私生活」というドラマを娘が観ていて、主演のキム・ジェウクがカッコいいので、自分も観てみようかなと、まずはキム・ジェウクの他の映画に手をつけた。

舞台は韓国なのに、主演のキム・ジェウクがなんとまぁ流暢な日本語を話す。在日韓国人役のギュリは韓国語話せない設定で日本語しか話せないのに、寧ろカタコトに近い。

キム・ジェウクが普通に日本人のイントネーションにまず驚いた。
調べてみたら小学校に入るまで日本にいたそうでネイティブな日本語を話す。
すごい。これにほんとに驚いた。


さて、映画の内容は…
仕事で東京から韓国に来た元カノのミナ(ギュリ)。
シナリオライターの今カノ、ユンジュ(チェ・ジョンアン)がいる映画監督のインソン(キム・ジェウク)はユンジュに嘘をついて、元カノの誘いにのり仕事の手伝いのため泊まりがけで旅行に出かける。浮気心でちょっかいを出そうとするインソン。そこに今カノが現れて…

という、今カノと元カノに振り回されるインソンのドタバタした感じが笑えた。中盤までがかなりゆっくりと進むので止めよかなと飽きそうになるんだけど、日本語で話すキム・ジェウクの演技に観入ってしまい、なんとか完走。
浮気ではないにせよ、元カノと今カノが仲良くなってしまい、バラされたくない、バレたくない彼の動きに苦笑してしまう。

ただ、最後の錠前のくだりが今ひとつ理解できなかった。
2人の女性がそれぞれの錠前を隠す。
失くしてはいけない大事な鍵はオンナが握ってるんだよ。ってことかな。。。

しかし、ほんとに日本語しか話せないという設定だったギュリはお顔が綺麗なだけで演技も日本語も残念だった。むしろ、同じ宿に泊まってたカップルの女性が気になってしまった。大きな胸と綺麗な顔に役者さんの名前を知りたい。
今カノ役、チェ・ジョンアン、随分前に見たユ・ジテの「純情漫画」にも出てたとあるが、、、全く記憶にない。綺麗な人なのになぁ。
kurage

kurageの感想・評価

-
面白い。途中から急にギアチェンジしたみたいに加速度がつき、笑いっぱなし。
韓国に住んでいるインソン(キム・ジェウク)の日本語がネイティブレベルに流暢で、日本に住んでいる設定のミナ(パク・ギュリ)の日本語が辿々しすぎて、バランスはおかしい。そのおかしさもコメディのうち?
監督の二股、散歩、酔っ払い、嘘などなど
ホン・サンスっぽさ、あります。
きよ

きよの感想・評価

3.0
ドラマ「彼女の私生活」を見てキム・ジェウクさん出演作ということで観ました。

劇中、日本語で話すシーンが多く、半分以上は字幕なしです。

2016製作作品ということで、
キムジェウクさん
過去作のどのキャラにもなかった
気持ちが定まらずふわふわしている
チャライ主人公を演じきってます。

物語は
チャラ男とかたずけてしまえないというか
やっぱ女性の方が少しずるいかなー。
取材旅行なら一人で行けばいいのにとずっと思ってました。

今カノと元カノ、旅行先でブッキング。
出会ってしまって二人が仲良くなってしまう。
ありえないかもしれないけど、
この世界のどこかでは現実としてあるような(笑)

きっと2人は上書きしてもらいたくなかったんだろうなと思います。
自分以外の誰かともうここに来てほしくない。
2人だけの思い出の場所にしたい。
前を進む為に。
女ってわがままですし。

ファンじゃなければ、たぶん。。途中で観るのやめてたかな。
日本で育ったという設定に無理がありすぎる。
それならばどこか違う国で育って、二人の共通言語が日本語という設定のほうがしっくりきたのにと思いました。

キム・ジェウクさん、頑張った(という感情で最後まで)

あと、現在と過去とキム・ジェウクさん髪型変えていますけど
逆が良かったな。
前髪おろした方が幼いから。
すみれ

すみれの感想・評価

1.4
ダラーっとした映画
結局どちらとも恋愛してないんだよね

女はアップデートしながら前に進み
男は逃げ道を作りながら道に迷うって感じかなあ

最後の錠前の意味は…
ギュリが好きで観たけど、ギュリこんな日本語下手やっけ?って思っちゃったし、
無理に日本語使わなくても良かったんじゃないんかな?って思った。
最後はやっぱり女って怖いなって思ってしまった。笑
moto

motoの感想・評価

2.8
みんなが書いては通り、ギュリの日本語は酷いな…何度も途中で観るのやめようと思った…

ストーリーもちょっと無理があったんじゃないかなぁ…普通なら途中で帰るよ
まの

まのの感想・評価

-
元カノと今カノの二股を掛けようとしする馬鹿な男の話。


日本語しか話せないギュリの日本語は超下手で、日本語も話せるキム・ジェウクの素晴らしい日本語を聞いているとちょっと観てる観客を馬鹿にしてるんじゃないかと疑いたくなりました。

近年にない、つまらない作品だと思います。
sana

sanaの感想・評価

3.5
元カノの役はギュリじゃなくて韓国語ができる日本人じゃないとダメだったと思う。よくあの日本語で相手のキムジェウクも演技できたなと….設定がきつい。でもキムジェウクの日本語は安定に素晴らしいし演技も自然。最後の下りは恋愛における鍵は結局女が持ってる的なことなのかな…本当に男もバカだ笑 個人的にイジュニョクもう少し絡んで欲しかった。
個人的には良い映画なのだけれど、日本では評価されなさそう。

目立つのは日本人が酷評するギュリの日本語。自国語だけに下手な事は目に見えてしまうが、せっかく日本で知り合った韓国人という面白い設定なのだし、日本を好意的に捉えての設定なのだろうから、大目に見るぐらいの寛大さが必要なのではないだろうか。

また韓国の恋愛映画にありがちな突飛な設定なのだが、これが嫌いな人は日本の恋愛映画を見ていれば良いだろう。ある種のファンタジーとして楽しむべきだと思う。

キムジェウクは男気のない女垂らしのような男なのだが、日本にもこういう男はいるだろう。対象的な女性2人も、どちらも実際に存在するタイプのように見受けられる。

イントネーションのおかしい日本語は耳につくが、個人的には楽しめる映画だった。
>|

あなたにおすすめの記事