休暇の作品情報・感想・評価

『休暇』に投稿された感想・評価

いとよ

いとよの感想・評価

4.5
誰を殺して刑罰を受けたのかは悟られていませんが
気になるところです(•。•)
Rinda

Rindaの感想・評価

-

死刑制度、死刑囚を描いた作品の中で
はじめての視点

“あなたを罪人とは思わない。ひとりの信者として…”
刑務官はあくまでこの立場の人?

“ひとの命をなんだと思ってるんだ”
ある意味で人の命を扱う…

>>続きを読む
Yoshiem

Yoshiemの感想・評価

4.2
淡々と進む中、緊張感が増してくる。
西島秀俊作品はほぼ全部観ているが、これは見応えある。
アスカ

アスカの感想・評価

4.8

死刑執行の支え役をやれば1週間の休暇がもらえる。
その休暇のために支え役を自ら申し出る。

死刑囚とはいえやっぱり人が死ぬところを見届けるのは精神的に苦しいし、そうゆう苦しみを抱えながら普通に生きる…

>>続きを読む
Tveitster

Tveitsterの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

静かで重たい。
刑務所での話と結婚生活と時系列が混乱したけど、死刑執行のシーンは緊張感が凄い。
大変な仕事だ。
一

一の感想・評価

3.4

吉村昭の同名短編小説を原作に、死刑執行に関わる刑務官たちの苦悩や葛藤を通し、命の尊さや本当の幸福を問いかける社会派ドラマ

死刑を執行する刑務官たちの苦悩といった、重たいテーマでヒリヒリとした緊張感…

>>続きを読む
涼

涼の感想・評価

2.8
生々しく描かれてる死刑囚と刑務官。

ん〜、絶好調な重さですな。
似太郎

似太郎の感想・評価

3.8

完成度はそこまでじゃないとしても、心にジンワリと響く死刑囚と監察官による心の交流を描いたヒューマンドラマ。原作は吉村昭。

一貫して地味な演技を披露する小林薫と西島秀俊の掛け合わせが絶妙で「死ぬ直前…

>>続きを読む

【隠れた傑作⁉︎シリーズNo.33】
《生きることにした。人の命とひきかえに。》

”深夜食堂〟の小林薫主演で描く、死刑囚を収容する拘置所の刑務官たちの物語。DVD所有で再鑑賞。

「死刑執行の際、…

>>続きを読む
緑雨

緑雨の感想・評価

3.0

総じて古臭い。大塚寧々母子との距離感の表現だとか、刑務官たちの休憩室での会話だとか、披露宴で食事に手をつけない件りだとか、ホント信じらんないくらい古臭い。けど、その古臭さが短所になっていない。

時…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事