ガンガ・ディンの作品情報・感想・評価

「ガンガ・ディン」に投稿された感想・評価

yadakor

yadakorの感想・評価

4.0
これまたモノクロにしておくのがもったいない美しい山脈が常にバックにそびえる
プロットや演出はかなり高いレベルで、同時代の棒立ち会話劇ドラマ映画と比べるとずっと観ていられる

このレビューはネタバレを含みます

ケイリー・グラント,ヴィクター・マクラグレン,ダグラス・フェアバンクスJrの三人の登場シーンが一筋縄ではいかない荒くれ者たちっていうのを楽しく見せている。ガンガ・ディンがスコットランド兵に危機を伝えるために背中を刺されていても命がけで建物の上に登り、ラッパを吹き、撃ち殺されているシーンは、場面の質は全く違うにせよ「地上より永遠に」」のモンゴメリー・クリフトが吹くトランペットと並ぶ感動的なシーンだ。前半のコミカルな戦闘シーンからは想像も出来ない流れ。ダグラス・フェアバンクスJrの婚約者としてジョーン・フォンティーンを発見。ダグたちは殺人好きの野蛮人としてしか描かれていないが、西部劇の原住民たちと同じようにインドを侵略された彼らの思いもあるだろうし、そういう面を現代で描く作品があってもいい気がするな。
3人のはみだし軍人たちが、殺戮を楽しむインドの邪教集団と対決する痛快アクション映画。

監督は、のちに「ママの想い出」「陽のあたる場所」「シェーン」「ジャイアンツ」「アンネの日記」を手がけ、家庭ドラマの巨匠と呼ばれたジョージ・スティーヴンス。

鑑賞中、「ラストはこういうシーンになるのかなぁ」という予想の斜め上を行く幕切れで、思わずテレビの前で拍手してしまいました。

今、日本で手に入れられるバージョンは如何せん画質が悪い。是非とも高画質で本作品を見直したい。(英語勉強して、本国のを買うしかないか…)