インクレディブル・ハルクの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「インクレディブル・ハルク」に投稿された感想・評価

スパイダーマンやアイアンマンと違い主人公がパワーを得る過程については省略気味&潜伏中においてはパワーの制御もほぼ不可能ということでホラーテイストかつ不幸なオーラの主人公。敵さんも常に戦場の兵士でいたいってだけでバケモノになりたいと思うのかということ考えモノだけれども 注射うつたびに精神的にも凶暴化していくのか。
一応MCUに属するのに、大人の事情で無かったことにされがち。

色々と可哀想な映画。

後にマーク・ラファロが演じる事になるブルース・バナーは、この作品ではエドワード・ノートンが演じている。
設定的には同一人物。

そして何故かその吹替が水嶋ヒロ。


デカブツ同士がバトルするのは見ていて気持ちが良い。
yasuka

yasukaの感想・評価

3.0
流れで深夜放送。
主人公の声が弱々しくて棒読み。こりゃ声優ではないなと思ったらまさかの水嶋ヒロ…
へったくそ
Tai

Taiの感想・評価

3.3
アベンジャーズを振り返る第2弾!

ヒーローと呼ぶには余りにも凶暴なハルク。
'03の「ハルク」とは完全別物で、ハルク誕生やバックボーンよりもハルクという怪物を制御するという点が物語の主軸になっているようでした。
決してその力を使用したくはなく、むしろ消し去りたいという点では他のアベンジャーズとは一線を引く後ろ向きなヒーロー。

変身のスイッチになってしまう怒りを抑えるために武道を学ぶというのがよかったです。
丹田呼吸による感情の制御。
怒りというよりは興奮、アドレナリンの抑制を目的としているようでした。

そして、前作「ハルク」と変わっているのがCGによる表現力!
前作のも十分にハルクを表現できていたのですが、皮膚の表面が全体的にテュルんとしていたのに対し、今作では汚れやシミなどが形にできています。
表情も心なしか優しく見える場面も。

ブルース博士の役者さんが変わってしまうのは世から姿を隠すために整形したということでいいのかな…?

「インフィニティ・ウォー」では、コレといった見せ場がなかったハルク。
次回作では覚醒して大暴れすることを期待してます!
急に興味が湧いたアベンジャーズシリーズに追いつきたくて2作目と言われる「ハルク」を鑑賞。
私は理論的なのか‥冒頭からさっそく置いてきぼりに。「なんでハルクが誕生したの?」「どうしてブルースは逃げてるの?」と頭の中が❓だらけで、私どっか内容飛ばしたっけとか思っていたら、中盤あたりでやっとハルク誕生の謎が解けました(・_・;
「アイアンマン」と違って本人の意図とは違うし、失敗の元に生まれた怪物扱いが哀しきヒーローですね。
そして「そこかよ」と突っ込まれるの覚悟で‥あのズボンの伸縮性がやばすぎる笑!
相当伸びますね、あのズボン。
終盤のハルクとブロンスキーの闘いはまるで進撃の巨人を見ていたかのようでした。。
最後の続きがある終わり方はやっぱり好きです♡
名前は知ってたが見た目がゴツくて少し敬遠してた作品。

観てみると思った以上にしっかりしたドラマがあって面白かった。
アイアンマンの時もそうでしたが、オリジナルのパワーが流用されて最悪の敵になる流れはやっぱり王道ゆえ見てて楽しいですね。

やはり食わず嫌いはダメですな。
次のマーベル作品に進みたいと思います。
Haruka823

Haruka823の感想・評価

3.5
MCUのハルク主役映画。ハルクがエドワードノートンでキャスト違うけど良かった。リヴタイラーにもアベンジャーズとかでてほしかったな。
哀愁を背負った切ないブルースが素敵。
自分の意志とは反してハルクになる能力を手に入れてしまい、身を隠してハルクにならないために修行を積んでるのだけども見つかってしまい、戦わざるを得なくなり…っていう、いまひとつ「巻き込まれ感」が強い流れではあるんだけども、そこにエドワード・ノートンの雰囲気がぴったりハマっていてよかった。
貪欲に強さを求めるティム・ロスの狂気ぶりがまたいい。
最終的にブルースはまた身を隠さざるを得なくなるけど、今度はハルクの能力をコントロールしつつあって…
最後にニヤリとするカットにはグッときた!
Kate

Kateの感想・評価

3.6
marvelイッキ観大作戦

グヴィネス・パルトロウもリブ・タイラーもどっちかといったら動ける方じゃない?すらっとしてるけど心は骨太系みたいなヒーロー物にしては強いヒロイン。ぜひとも彼女たちにも動いてほしいなんて思っちゃう。
ハルクはカートゥーンネットワークとかでやってるアニメの方が見やすいなーという印象。
ゆずこ

ゆずこの感想・評価

3.6
緑の巨人?顔怖いし、前作でのトニースタークあんなにかっこ良かったからきつくない?
と思っていましたが超食わず嫌いでした、ごめんなさい!

アベンジャーズシリーズ第二作目、初っ端から不吉な感じで飛ばしてくるし、ヨガ?なにこれ?主人公何語喋ってんだ?と困惑状態。

前作アイアンマンの明るい都会のイメージとは真逆、どこだよここ!!ってくらいのど田舎工場内から始まるので最初は流し見してました…

でも終盤はテレビにかぶりつき状態、アイアンマンに比べるとかなりがさつで大雑把なアクションも、ハルクと主人公バナーの戦いを考えるとなんだか泣けてしまうのです、、

そして締め方がとっても素敵!
これは少し好みでるかなーと思いましたが沢山考えられて、何シリーズか観た後でもこうだったのかなーと思えて面白い
ハッビーエンドって感じではないですけども

今バナーを演じてる役者さんとは別の方なのですが、どちらの役者さんも素敵です。

ハルク出生にも関わる作品、「キャプテンアメリカ」も とーーーーーーーっても素敵なので、どうぞよろしくお願いします。