紅の豚の作品情報・感想・評価

紅の豚1992年製作の映画)

PORCO ROSSO

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「紅の豚」に投稿された感想・評価

いつどこでみても飽きの来ない映像の美しさ、これぞアニメーションだと宮崎駿の作品を見る度思います。

マルコはなぜ豚になってしまったかはよく分からない。けれどもそれを受け入れているところの自然さが清々しい。そして何よりカッコいい。
何あのカッコよさ。ジーナじゃなくても惚れますよ。

戦争の暗い影を落としながらも、マンマユートのボスの仁義感や、ドナルドカーチスの軽さが、明るくほのぼのとさせてくれる。

宮崎駿の描く女性は、気が強く、芯がしっかりしている。フィオには憧れると同時に、こんな風に自分はなれないな〜なんて無い物ねだりに思ったり。
仕事のできる女は美しい。

一番好きなシーンは、マルコがまだ人間の時に体験した、不思議な、生と死の境での出来事。
飛行機の音が入らない不思議な映像が好きです。

飛ばねえ豚はただの豚だ。

これは、他の声優さんでは聞けませんね。あの森山周一郎だからいいんでしょうね。

大人向けのジブリ。
当然空を飛ぶシーンが多いわけですが、気持ちが沈んだ時に観ると、気持ちがスカッとしそうです。
korin

korinの感想・評価

2.0
映像がひたすらキレイ。ものすごく評価されてるが、話は何がいいのか分からない
子供の頃見るのと大人になってから見るのは随分違うなーと思いました。
やはりジブリは素晴らしい!
Yoshmon

Yoshmonの感想・評価

4.2
子供の頃から、ジブリ作品というだけで無条件に好んで金曜ロードショウで放映されるたびに観てた記憶がある。

渋い。
かっこいい。
加藤登紀子さんの歌もかっこいい。

この作品は今となって思い返せば、意味の半分も分からず観てたお恥ずかしい事実。

歳を重ねるほど、味わい深くなる作品だね。

『飛ばない豚は、ただの豚だ。』

『そういうことは人間同士でやんな。』

Mr. Porco Rossoの、
空飛ぶ豚の格言たるや。

僕もあの大人のかっこよさを理解したい。
身につけたい。

彼らの「その後」は大人の秘密。
大人向けのアニメ。
hiko

hikoの感想・評価

3.5
「紅の豚」の結末は、はっきりしないまま終わるから観た人の想像に委ねられるし、結果それが観覧した一人一人の胸の中に「紅の豚」の余韻を残す作品だと思う!大人っぽくて、イタリアらしい心暖まるストーリー。豚をこんなにかっこよく見せれるのはジブリならではだと思う...
名言もいっぱいだし、豚なのに女性を惹きつける何かを持ってる 笑
odasu

odasuの感想・評価

2.5
大人アニメってイメージで、子供の頃に見てもいつも最後まで見れずに飽きちゃう。
LIFE

LIFEの感想・評価

3.9
大人になってから見直しました。

男のロマン。
景色が綺麗。
舞台がいい。

観ているときのジブリの温かみは、いつもと違うものを感じました。
>|