風立ちぬの作品情報・感想・評価

風立ちぬ2013年製作の映画)

上映日:2013年07月20日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.6

「風立ちぬ」に投稿された感想・評価

miyu

miyuの感想・評価

2.8
ここで初めてシベリアってものを知って
それからスーパーで見かける度
この作品を思い出してる。
ひこうき雲だいすき。
inamine

inamineの感想・評価

3.5
戦争の時代を舞台に、まっすぐに生きる次郎さんの物語。爽やか。だけど、その気持ちを想像して何度も苦しくなる。
amane

amaneの感想・評価

4.2
愛というより恋。それもかなり若く青いそれ。2人の命すら投げ出してしまえるこの没入こそが恋を恋たらしめる。堀越二郎は空想に生きた、現実はまったく意味のないものだったかもしれない。その空想に入り込めたのは、菜穂子とカプローニだけだったのだろう。それを狂気と見るか否か。

あと、本庄に恋した相手は多分苦労する。絶対。あいつは危ない。
花音

花音の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

菜穂子はとても強い女性だった。
美しいところだけ、好きな人に見てもらったのね。名言すぎる。ここ何回見ても号泣。
kgon

kgonの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジブリの最高傑作。
この作品以上に美しい恋愛を私は知りません。とても日本的な潔さに満ち満ちた作品でした。

次郎と菜穂子の人を愛する上での覚悟を、人生の清々しさを、見習いたいと思います。
眼鏡

眼鏡の感想・評価

1.0
予告編が良すぎて期待しすぎた結果 どっちらけで映画館を出ました。

なんで庵野さんにやらせたんだ…
🇯🇵1923年頃



美しい飛行機に魅了され、飛行機を作る仕事をにつき、持ち前の天才感を発揮してテストで飛行機を飛ばすがバラバラになる。休養で訪れた軽井沢で震災の時に出会った大人になったヒロインと再開する。

恋に落ちる2人、飛行機の夢、戦争の道具など葛藤と戦いながら激動の時を過ごす。

主人公は何を思うのか?

◉75E点。
★彡飛行機への情熱は実際の人物像を基にしている。
宮崎駿さん最後の作品として幕を下ろした。

🔵引っかかった点。
主人公が天才肌で淡々と出世する流れが親近感湧かなかったし、人としてよりやや機械的な感じの印象でし風立ちぬ
戦争、関東大震災を背景に、美しい飛行機を飛ばす事にほとんどの時間を費やした飛行機オタクの話を軸に、恋愛、空想をミックスした流れ!

葛藤や感情、思いやりが伝わらない主人公、理想御都合の良い女性が淡々と話が進み、遠目+客観で見ることになってしまう内容な気がした。

雨の映像や風景、物の動きなどの雰囲気は好きだけど。

とは言え、ジブリ作品では久しぶりに嫌いではない作品。
決して戦争賛美はしていない。ものづくりへの情熱と愛情を綺麗に描いている。主人公の堀越二郎を庵野秀明が演じているから少し違和感を感じるが、15分もしたらそんな違和感なんて消し去っている。
ごー

ごーの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「美しいところだけ、好きな人に見てもらいたかったのね」

ここで急にこの映画のピークが訪れた。逆にそのほかの部分は特段面白い訳ではなかった。それまでの部分はこの一瞬のシーンの為にあった。

この映画には、儚く散るからこそ輝く、むしろ散るときにこそその印象が強烈に残る、花火や桜のような日本的美しさを感じた。

上記のセリフのシーンから後にかけて、菜穂子との恋愛と飛行機の夢が儚く散り、美しく昇華される。
そして、菜穂子の「生きて。」には散った後にも続く確かな愛情が感じられる。散った後にも確かに残るものがある。

最初に「映画の他のシーンは最後の一瞬のシーンの為にあった」と書いたが、この展開の仕方自体が、作中に描かれる美しさと似ている。あえてそう構成しているのか、自分がそう感じただけなのかはわからないが。


話は変わるが、主人公が棒読みすぎて内容が入ってこない。
だんだん慣れてくるが、気を抜いたら入り込んだ気持ちがスッと引き戻されることも。
宮崎駿監督は夢を追いかける主人公に庵野監督を重ねていたのだろうか…
ともこ

ともこの感想・評価

3.5
ジブリ苦手なんですが、でも、この作品感が好き。ユーミンの歌もよき。
>|