ウォンテッドの作品情報・感想・評価

「ウォンテッド」に投稿された感想・評価

配役完璧だと思った。

弾道を曲げる撃ち方、ダサすぎてテンション上がった。所々ダサカッコよくてグッドな作品。ねずみとか。

0の状態から訓練して強くなって、実戦で試すみたいなのはよい。マトリックスぽくてよい。
ありえねぇーwというアクションシーン満載だけど楽しい。
アンジェリーナ・ジョリーは戦う女の役が似合う。
主人公の鬱屈した人生がリアリティあってよかった。
序盤のパパ(笑)がやられちゃうシーンとか全体的にバトルシーン綺麗だしストーリーもわりとしっかりしてるからもっと続編とかでてもいいんじゃないかなぁ
yui

yuiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アンジェリーナ・ジョリーが最高。ストーリーは、よくあり気な『凄いパパのご子息』。
miumiu

miumiuの感想・評価

3.7
アンジェリーナ・ジョリー主演作のように見せかけて、ジェームズ・マカヴォイ主演作。
恋も仕事もダメダメな青年が、実は凄腕殺し屋の息子。歴史ある暗殺者集団にスカウトされ、訓練を受けて覚醒!
少年漫画みたいな展開と思っていたら、原作コミックあり。(クリエイターの1人が『キングスマン 』のコミック版も手がけるマーク・ミラー)
映像表現が凄いんだけど、B級ぽさもあり… でもギャグではなく本格アクションの体だからちょっとアンバランスに感じたかな。

ストーリーは怒涛のどんでん返し続きで見応えあった!
序盤のマカヴォイがあまりにモッサリしているから、いつ頃の作品? と調べたら、普通にイケメン役の『ペネロピ』や『つぐない』とあまり変わらない時期。役者さんってすごい。
後半覚醒してからはビジュアルもアクションもとってもカッコ良い!
マカヴォイを訓練でシゴキまくるアンジーももちろんクールで美しくてカッコ良い!
そしてマカヴォイのクズすぎる同僚が、まだぽっちゃりしていた頃のクリス・プラットなのが爆笑でした。(最後の最後までクズなのがまた新鮮!)
普通に面白い。
ストーリーは結構面白いのに吹き替えが酷い。
スパナチュのシーズン1.2あたりの吹き替え並みに酷かった。
すぐに字幕に切り替えてしまった。
ジェームズ・マカヴォイ×アンジェリーナ・ジョリーのド派手なアクション映画
監督は「リンカーン 秘密の書」のティムール・ベクマンベトフ!他にもモーガン・フリーマンやクリス・プラットなどキャストが豪華
アクションが笑ってしまうくらい本当にド派手で観ていて楽しかったです😂冒頭のカーチェイスのシーンとても好き
弾丸をカーブさせたり超遠距離からの射撃などめちゃくちゃカッコいいシーンがいっぱいありました💕
キーボードで同僚をぶん殴るシーンがお気に入り
銃弾が曲がるなどあり得ない点もあるがアクション映画としてはカッコよく、面白い。だが内容は少し複雑で歴史が絡んでいるため難しいのも事実。
高橋澪

高橋澪の感想・評価

4.2
ネズミでぶち殺すのと
アンジーのラストシーンが
かっこよい〜〜

電車で人殺しすぎ笑笑🚞
見始めた30分は面白かったけど、そこから飽きてきて消そうかなと思ったタイミングでまた面白くなって最後までみた。笑


アメコミって感じのストーリー。

アメコミも観たことないし
アメコミの映画もほぼ観たことないけど
恐らくそうだと思う。
>|