ウォンテッドの作品情報・感想・評価

「ウォンテッド」に投稿された感想・評価

Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.5
退屈で頭おかしくなりそうなつまらないストレスを感じてる主人公がある日突然殺し屋に狙われて…

自分も父のあとをついで立派な殺し屋になっちゃう!って話。

でもストーリーの入り方も終わり方も、
びっくりするような戦略も(ネズミ爆弾)
途中から薄々感づいちゃう(お父さんが実は…)どんでん返しも好きだった。
なによりアクションが半端ない。
久し振りにこういうスカッっとする迫力のあるアクション映画観た気がする。
(まぁ、弾道曲げるとか「意志の力でなんでもあり」的な無理しすぎ設定もあったけど)

アンジーはそれにつけてもセクシー。
こういうアクションビューティーみたいなんやらせたら間違いないね。
えっ?!まかぼいもアンジーもモーガンフリーマンもぽよぽよのクリプラも出てるアクション映画があるんですか?!!?!!
非現実的な要素も含めてめっちゃすきです
あと自分の忍耐力を測定できる吹替版も一見の価値ありです
続編出て欲しかったなぁ
Haruka823

Haruka823の感想・評価

4.0
ハイテンションなアクションムービー。アンジェリーナがめっちゃカッコいい!
しょ

しょの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ラプトル飼育員に彼女を寝取られたプロフェッサーXがトゥームレイダーと一緒に殺し屋になる映画
モーガンフリーマンが悪役やってるのが珍しい
内容はないけどアクションはかっこいい

このレビューはネタバレを含みます

どこにでもいそうな青年が、突然暗殺者の世界に巻き込まれてしまう...なぜなら父親が暗殺者だったから。というどこかで見聞きしたような世界観だけど、こういう設定が大好きなのでつい観てしまう。映画は壮大な一次創作なのでこのくらい強引な設定でないと。
父親を殺した暗殺者に狙われて突然ドンパチに巻き込まれ、おまえも暗殺者になるんだよと暗殺者訓練に放り込まれ、どんどんと表情や動きがシャープに暗殺者らしくなっていく主人公。
なぜ殺すのか?自分の正体は?疑問に思うも、不思議な機織り機が示す運命に導かれて...と安心するようなベタな展開にわくわくが止まらない。
カーアクションや肉弾戦も迫力あって見応えあるな〜これからどうなるんだろうと思っていたら、自分を狙っていた暗殺者は実は父親だったと判明。じゃあ最初に殺されていたスーツのおじさんは誰だったのか???が気になってしまいしょうがなかった。共通点のずば抜けた動体視力?はなんだったんだろう...
銃弾の軌道を曲げるのはSFチックな能力なのかと思っていたけど結局なにかはよく分からなかった。謎。
気になり出したらキリがないけど、こういうものなんだと思って頭空っぽでみると、とてもカッコいいアクション映画だと思う。最後、×印の上で仇を仕留めたのはシビれた!
友

友の感想・評価

3.0
クリス・プラットが出てるんだぁと思って久し振りに見なおした。

いや〜、まさかあんなクズ男だとは。
小太りでチャラいのみの役だとは。
10年前の映画でこの扱い。
彼は頑張ったんだなぁ。

映画の感想は非現実的な暗殺集団だけど
カッコいい。銃弾を曲げて撃つってアイデアも面白い。
最初のストレスを抑え込んで抑え込んでスローになる感じちょっと分かる。

にしても結構暴力的で非道な話で
カッコいいだけではなくて酷い。
でも1000年前からある殺し屋集団の話なんだからそりゃそうだよね。
って映画。

このレビューはネタバレを含みます

○滑稽無糖なアクションの見方は途中でわかったが、そもそも面白いかと言えば…。

○一応は主人公の成長という体をなしてはいるが、バックグラウンド含めありきたり。
Aris

Arisの感想・評価

3.4
『つぐない』でジェームス・マカヴォイに魅力を感じ、他の作品も見てみたいと思い借りてみた第1作目。
リアリティには欠けるアクション映画だったけど、この無茶苦茶な感じが好きだし、最高に笑えて楽しい😆最初はちょっとカッコ悪いけど、どんどん逞しくカッコイイ男へと進化していくマカヴォイ。そしてアンジーが男勝りでカッコイイ。モーガン・フリーマンやクリス・プラットも出ていて、豪華共演。
LACO

LACOの感想・評価

3.9
アンジーもマカヴォイもかっこよかった!
ストーリーや伏線の張り方とかも面白くて楽しめた!

アクション・ブラックコメディ映画の傑作。
この映画のアクションで意味が分からない、無茶苦茶過ぎるみたいなことをクソ真面目に言ってる人がいるんですけど正解は笑って見ることです。

非常に悪趣味(誉め言葉)でユーモア溢れるアクションシーンが盛り沢山。
苦手な人は終始ドン引き、ハマる人は終始ニコニコ笑いっぱなしの愉快な映画です。

そして、ラストシーンが何より爽快。
嫌なことがあったときに頭の中をスッキリさせてくれるオススメの一本。
>|