WATARIDORIの作品情報・感想・評価

「WATARIDORI」に投稿された感想・評価

99分間、鳥になれた。

字幕で鑑賞。


これはすごかったですね。渡り鳥をテーマにしたドキュメンタリー。


ひたすら飛ぶ。


渡り鳥、下から見るか?横から見るか?
みたいな 笑
おそらく全方向から飛ぶ姿を堪能できます。

どうやって撮影したんだろう…と思いながら観てましたね。とにかく素晴らしい👏✨

雄大な自然、綺麗な景色の中を飛ぶ画の美しさと爽快さ。気持ち良かった✨


普段カラスやハトくらいしか見ていないので、様々な鳥たちが次々に登場し楽しかったです。鳥って本当にたくさんの種類がいるのですね!
鳥の登場で個人的に嬉しかったのは、子どもの頃よくなぞなぞに出てきた「満員電車に乗っている鳥はな〜んだ?」の答えの鳥。名前は知っていたけれど、こんな姿なんだ!!と驚きました 笑
それとタンチョウ。鶴ってなんか好き。
ハクチョウも綺麗だった✨
あと、まだいるのですが…名前が分からない 笑 覚えられない 笑



ナレーションがほぼ無い為、映像に集中できる作りが良かった。
じっくり観察できる。何してるの?!笑 って考えながら見るのが楽しかった。
鳥、面白いなぁ。
急にみんな動きがシンクロしちゃうのとか面白くて笑ってしまいました 笑
ダンスっぽい動きとかも 笑


また、渡り鳥たちの過酷な現実場面もある。
仲間とはぐれたり、怪我をしたり…まさに命がけの旅。
気の遠くなるような距離をひたすらに飛ぶ鳥たち。えらいなぁ。逞しい。


見終えた後、地球のどこかで渡り鳥たち頑張っているんだなぁ。私も贅沢言えないな仕事頑張ろう…と思いました 笑


これはお気に入り映画になりました。


眠れない夜や鳥になりたい時にオススメ。
yumiko

yumikoの感想・評価

4.6
南極から北極渡るって意味わかんな過ぎて尊い。渡らずに生きてはいけんのか…
ペリカンと白鳥は可愛いな。
しゆ

しゆの感想・評価

3.2
鳥がひたすら飛んでる映像だった。凄かった。めちゃくちゃ飛んでた。
解説的な要素は少なめ。海だったりアマゾンちっくな川だったり、雪山だったり、荒野だったり、いろんな鳥がひたすら飛んでいる映像が見たいときにおすすめ。ペリカンが飛んでる姿とかは日ごろ見ないので新鮮だった。
渡り鳥、前から見たら、横から見たら。見たことのないものを見れた喜び。でも「魔女の宅急便」で同じような渡り鳥のアングルがあったな。駿の想像力すごい。
見た方がいい
見れない視点からの映像が沢山で引き込まれる
映画館で見れてよかった
撮影方法が素晴らしい。
渡り鳥の生態を上手く映像に残したと思う。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2010/11/12鑑賞(鑑賞メーターより転載)
渡り鳥の生態を追った、近年増えた動物ドキュメンタリーの最初期の作品。個人的には「ロシュフォールの恋人」のマクサンス役、そして「ニュー・シネマ・パラダイス」で大人のトト役を好演していたジャック・ペランがこういう映画を監督したということが感慨深い。途方もない距離を飛び続ける渡り鳥を追い続け、時には鳥の視点で見下ろすあたりの映像は非常に興味深かった。「人間の横暴」というややあざとい方向性に編集されているのはちょっと興がそがれたが...映画として秀逸かはともかく、環境映像としては非常に秀逸。
0i7

0i7の感想・評価

4.0
子供の頃、時々親が自然のドキュメンタリーの映画を観に連れていってくれたのですが、その中で一番好きだった映画です
感受性が豊かだった頃に観たからか、遥か遠い場所へ渡る鳥の物語と、それを撮る人達の物語に心打たれました
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.5
まずローマ字で『WATARIDORI』ってこの邦題何?超ダサくない?ちょっと鳥くんたちを美化しすぎてて気持ちが悪い。何もこんなに誇張しなくても鳥が飛ぶその姿だけで十分美しくて見ごたえあるのに
以前何かの番組で紹介されてるのを見て見たかった作品。CG無しでこんなにも繊細な映像が撮れるなんてと感動しました。

何千キロの距離、海の上も休めず飛び続ける渡り鳥の力強さとありのままの自然を映し出す映像が圧巻。

モンサンミッシェルをバックに飛ぶ鳥たちのシーン好き。
>|