オーシャンズの作品情報・感想・評価・動画配信

「オーシャンズ」に投稿された感想・評価

みなみ

みなみの感想・評価

2.5
2020/7/11
自粛で腐りそうだったため鑑賞

壮大な海の世界に癒された


水質汚染や温暖化などの問題を伝えるのはいいが、この映画のスポンサーがシーシェパードだからか途中のアジア人のイルカ漁のシーンは少し悪意があるように感じた。しかし、サメのヒレだけ切り取り海に捨てるのは衝撃的だった。
mmk

mmkの感想・評価

3.0
体調不良すぎて
ベッドから動けず見た映画。


プラスチック容器が人間にもたらす恐怖
体重の15%がプラスチックで埋もれ死んでいく生物
行動を改めよう。
mio

mioの感想・評価

3.2
海が美しくて壮大で、とても良いヒーリングになった。

様々な生き物の捕食シーンが多かったけど、一瞬だしいきなりだからビクッとなりながら見てた。
そういうシーンの中で、クラゲやチンアナゴ見ると癒される。

ヒーリング効果なのか途中寝ちゃった。
撮影するの大変だったろうなぁ。

とても美しい地球だけど、長年汚染させてきたのは人類なんだよなぁ。
merican

mericanの感想・評価

5.0
とにかく見て良かったです。全人類にオススメしたい。

先日「海獣の子供」を見て、海の生き物が見たくなったので。初のドキュメンタリー映画でどんな感じだろうと思ってましたが、あっという間の100分!開始早々すーっと引き込まれました。

セリフはほぼ無しで、ひたすら、海の生き物たちが素晴らしい大迫力の映像と音質で流れます。
映像は時に残酷で、「えっ」と何回声に出してしまったか分かりませんが、それも含めて生命の神秘というか、とにかく終始美しいです。(5万匹のカニの大群はちょっと苦手でしたが…)
特に良かったのは二頭の鯨が歌を歌いながらゆったりと漂うシーン。そのあまりの優雅さにぼーっと見ていると、尾びれがグワンと来たり、とにかく迫力満点。

最後には人間による汚染が映し出されて、洗剤少なくしようかな…と思うほど、心に来ました。

見れば見るほど、人類も同じ動物の中の1種類なんだという意識が芽生えて、尚更不思議な気分になりました。小学校の時とかに見たかったです。
Y0o

Y0oの感想・評価

5.0
美しい、かわいい、おもしろい、恐ろしい
これが生きるってことか!

おすすめシーン 思い出した順
・モンハナシャコVSカニ
最初は劣勢のモンハナシャコだったが…?!

・カニの合戦
東の陣 ザッザッザ
西の陣 ザッザッザ
侍の鎧のような音をたてて両者、いざ、合戦!
(ほら貝の音~♪)
実際は合戦しているわけでなく、ぶつかって重なってカニタワーができてどんどん我先に上のほうへ行こうとしている。頂点にたったカニのドヤ顔といったら。

・アンチョビめがけて飛び込む海鳥
それを真上から撮るのです。このアングルがスゴイ。
※この映画通してアングルが、我々がいつも見ることができないアングルから撮ってくれていて、迫力と驚きがある※
海鳥、アンチョビの群れめがけて勢いよく飛び込むも、意外に仕留められない。アンチョビも素早いので群れが散ってしまう。費用対効果の低い狩りである。

・漂流物に乗ってしまい思いがけず旅に出てしまう陸上の生き物。
これが、人生よ。気づいたら…なんてことたくさんある。
どんまい!

・タコの狩り
とにかく素早い!肉眼では追えないスピードで、バシュ!バシュ!バシュ!そのへんのアクション映画の銃撃戦より迫力あると思うが?!「タコに食われて死ぬ人生なんて、いやだな」と隣の人がつぶやいた。笑

・陸まで追ってくるやりすぎ感のあるシャチ
迫力といえば。そこまでくるか?!というほど浅瀬に、私たち人間が普通に海で遊ぶくらいの砂浜レベルのところまでシャチは追ってくる。1度狙われたら最後だ。

・生まれたてなのに数分で人生が終わる子もいる、ウミガメ
やっと砂から出てきた。さあここから50メートルかそのくらい、海まで猛ダッシュ!!!というところで鳥がやってくる。どん何早く走っても、上空からの攻撃には太刀打ちできない。だれも守ってくれない。親は生むだけ生んで海に旅立ってしまった。なんと無責任な。自分は無事海までたどり着けるのか?!砂浜から出た瞬間から波乱万丈な人生。

・イルカの交尾
向かい合って抱き合って仲良さそう
わりと水面すれすれでしている。
哺乳類です。
ほお…///みたいな。(笑)
小中学生の反応。

・ヒトデのアンヨ
水族館でみるヒトデはいつもじっとしている。かたくなに動かないか、触られてゴロンと落ちるか。でも海の中の人では、歩く!小さな無数の吸盤がついたアンヨでリズミカルに!
ポチョ、ポチョ、ポチョ、というかんじ。
かわいいな~~~~~~かわいいです!

もう1回みたい!でも長いからお気に入りのところだけまとめてみたい。
ナレーションもほぼなく邪魔が入らなくてよい。自分がみたいものをみればよい。各シーンあった音楽もかなり効果的。盛り上がった!
すべての生き物は海から始まった。何百何千時間とかけたであろう海の映像はどれも貴重で新鮮。イルカやクジラ等の動物から、なかなかお目にかかれない海の底の生き物等、たっぷりと海の生活を楽しめる。途中、人間によって荒らされた生態系が生々しく描写され、人間が出す汚染物質や生活環境をあらためて危険だなと感じた。子供とみて魅力的な生き物について語りたい。
私もマグロとして出演しました!そのあとスタッフにおいしく頂かれました!わりとトラウマです………ってマグロじゃないんかーい!
uy

uyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ただただ面白いなー綺麗だなーと思ってたら、起承転結の「転」部分から人為的な海の改変が語られる。
海の中は未知の小宇宙。
種の多様性がとても大切。人間の生き方も同じだなぁ。

嗜好品や娯楽を持つのが人間で、持たないのが人間以外の動物だなとつくづく思う。
フカヒレ搾取して泳げなくなったサメを海に放つ所とか本当拷問。でもそれが我々人間。
D1

D1の感想・評価

4.0
記憶にある限り、家族全員で観に行った一番最近の映画

隣で父親が爆睡してて、せっかく映画館で観てるのになんで寝てるんだろ
って思ったけど

その言葉そっくりそのまま今の自分に返します

11年経った今でもサメのヒレを切り落とすシーンは衝撃すぎて、鮮明に覚えてる
フカヒレと聞くとなぜか気分が落ちるのはこれが原因でした
「オーシャンズ」視聴。学校の卒業式ですら泣けなかった私が、涙が、止まりませんでした。
>|