遥かなる大地への作品情報・感想・評価

「遥かなる大地へ」に投稿された感想・評価

anfuji

anfujiの感想・評価

4.3
新大陸アメリカへ移民する話 starring 豪華すぎる二人
土地と自由を勝ち取る人間の歴史
エネルギッシュで壮大
前の時代を生きてきた先人たちのガッツと苦労を改めて考える
Sweetie

Sweetieの感想・評価

5.0
アメリカ
西部開拓時代

旗を立てる場面🚩

良い具合にロマンスもあって好き。
miharu

miharuの感想・評価

3.8
見終わった後に現実でこの2人が結婚してたことを知ってキュン死した
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
1892年。西アイルランドの海辺の村で、ジョセフ・ドネリー(トム・クルーズ)は父と2人の兄とともに貧しい生活を続けていた。ある日、農民たちの地主への反乱が起こり、騒動に巻き込まれた父は重傷を負い死んでしまう。葬儀の日、地主の手下に家を焼かれたジョセフは、地主のダニエル・クリスティー(ロバート・プロスキー)に復讐することを決意し、銃を片手に旅立った。数日後、クリスティー家に忍び込んだジョセフはダニエルの娘シャノン(ニコール・キッドマン)に出会うが彼女のフィアンセ、スティーブン(トーマス・ギブソン)と決闘することになる。決闘の日、突然馬車に乗って現れたシャノンとともにジョセフは、自分の土地を手に入れられるというアメリカに向かい大西洋を渡った。たどりついたボストンの港で船を降りるなり、港の群衆にすべてを奪われ無一文になった2人であったが、ジョセフのパンチ力に目をつけた地元のボス、マイクに雇われ彼の売春宿に住み込み、工場で働きだす。ジョセフはケリーの酒場の拳闘の試合に出場し大金を手に入れ人気者になる。そんなジョセフに嫉妬を感じたシャノンは酒場のダンサーになった。市会議員のバークが催した試合中バークがシャノンに手を出すのを見て怒り、バークに殴りかかったジョセフは試合で惨敗を喫す。ケリーに有り金を奪われた上、宿をたたき出されたジョセフとシャノンは、ある夜無人の邸宅に忍び込むが戻ってきた家の主人にシャノンは撃たれてしまう。ジョセフは傷ついたシャノンをクリスティー家とともにアメリカに渡って来ていたスティーブンに引渡し彼女の前から去っていった。8カ月後、工事現場で働いていたジョセフは列車で移動中オクラホマで、土地を求めてやって来た人々に合流し、シャノンと再会した。そして、悪戦苦闘の末、土地を手に入れるホース・レースに勝ったジョセフはシャノンとともに自分のものとなった土地に旗を立てるのだった。
トム・クルーズがニコール・キッドマンと結婚した前後に制作したサクセスアドベンチャー映画。
アイルランド系のロン・ハワード監督自身が原案を担当しただけあって、アイルランド愛が炸裂した作り。
無学だがガッツと夢があるジョゼフを演じるトム・クルーズも、令嬢だが気が強く進歩的なシャノンを演じるニコール・キッドマンも、はまっている。反発し合いながら、惹かれ合うジョゼフとシャノンのラブストーリーも定番ながらロマンチック。工場でこき使われたり、賭けボクシングで名声を手にして初心を忘れかけたり、サクセスストーリーの定番だが、アイルランドからアメリカに移民した人の苦労話という側面もあって、心熱くさせる。
クライマックスのランドレースはスケールがあって、ジョゼフとシャノンの恋が決着するドラマも絡んで、ワクワクした。
エンディングに流れるエンヤも、ロマンチック。
JaneDoe

JaneDoeの感想・評価

-
数年前に鑑賞
今観たらどうかは分からないが、当時はこの無邪気さとロマンティズムが好きだった
話がわかりよいわりに長い。コメディのテンションが低くて乗りにくいのがおもしろかった。
これしかないラスト。白線や旗なんかの、言葉でなく目に見えるものが正であるという多民族国家アメリカのルールが映画の速さを規定する。その世界で力と肉体が尊ばれるのは自然で疑問も起きない。一方で、帽子の記号もありつつ。アメリカと映画の近さを改めて感じた。
中学生の頃、映画館で観た映画。この時、初めてトムとニコールを知った。壮大な光景と音楽、ストーリーは楽しめた。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2009/4/4鑑賞(鑑賞メーターより転載)
トム・クルーズにニコール・キッドマンという(まだ当時は)夫婦の共演ということで話題性ばかりが先行してもおかしくない状況の中、ストーリーには突っ込みどころが多々あるものの、起承転結がわかりやすくまとめ方もしっかりしているロン・ハワードらしい作品。壮大な世界観にトムの男っぷりと自信ある雰囲気がよく合っているし、ニコール・キッドマンの初々しい演技も印象的。最後、土地を争って馬で疾走するシーンの迫力もみどころ。もう少し短くまとめられたのでは、という気がするのが少しマイナス点ではあるが。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.0
途中までよかったのに!最後個人的に幻滅した… なんかもったいなく感じた…
>|