静かなる男の作品情報・感想・評価

「静かなる男」に投稿された感想・評価

映画男

映画男の感想・評価

4.8
アメリカから故郷アイルランドの田舎に還ってきた男のはなし。

愛に満ち溢れていた。こりゃ傑作。
犬

犬の感想・評価

3.8
持参金

アメリカでボクサーとして暮らしていたショーン・ソーントンは、戦いの場から身を引き、故郷のアイルランドに戻ってくる
他人の手にわたっていた生家を買い戻そうと考えていた彼だったが、村の大地主で乱暴者のレッドもその家を買い取ろうと計画していた
シーンは村に着いてすぐ見かけた娘メアリー・ケイトのことが気になっていたが、彼女がレッドの妹であったことから、事態はさらに面倒なことになってしまう

ジョン・フォード監督が、自身のルーツでもあるアイルランドの小さな村を舞台に、詩情豊かな人間関係を描き出したヒューマンラブコメディ

ダナハーVSソーントン

歌もあり、殴り合いあり
なかなか愉快

ラストも良い

のどかですね〜
レースもスゴいコースだった

ジョン・ウェインが大きい
モーリン・オハラはキレイ

釣りw

みんな賭けがお好き
8

8の感想・評価

-
春にみるには最適の、五月のほがらかな日差しと人々に緑が親和していてきもちが良い
村上春樹が好きな映画としてあげていたのでずっと気になっていた作品でした
mk

mkの感想・評価

4.5
ジョンフォード、モーリンオハラ、ジョンウェインの最高タッグ。そして舞台はアイルランド。
個人的な話ですが、先月からアイルランド、ダブリンに留学しています。この国はわたしにとって特別で、大好きな国のうちの1つ。高校時代からの念願が叶ったわけで、こっちの大学でもIreland national cinemaという授業を取っています(そこで今まで鑑賞した古典作品はFilmarksには登録されていないのが残念)。そこで古き良きアイルランド舞台の映画として紹介されていたのが本作。前々から観たいとは思っていたものの、ジョンフォード作品は自分にとって当たり外れ分かれるから敬遠していたのですがこれを機に鑑賞。そしてまぁ贔屓目入りまくっているけれども案の定気に入りました笑
ツッコミどころ満載だけれども、風景や教会、日常生活や英単語などにアイルランドを感じることができます🇮🇪
roland

rolandの感想・評価

-
たまたま屑DVDを買ったら案の定ディスクが死んでいたのでちゃんと買い直した。それでもクライテリオン版に比べると画質の差は歴然だが、(それでこそ?)これがまた良い。ジョン・フォードの映画に高画質など不要!(たぶん)
マチズモの塊のようなジョン・ウェインは人間として好きではないが、俳優としては圧倒的存在感があり大好きだ。牧歌的かつ如何にもいい意味で田舎者なアイルランド気質を満喫できる良質な作品。ギネスを飲みたくなる。
オールタイムベスト。
ルノワール的ジョン・フォードが観られるという奇跡の1本。つまり神×神
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.0
2008/4/3鑑賞(鑑賞メーターより転載)
ジョン・フォードとジョン・ウェインのコンビからして白黒の西部劇かと思いきや、アイルランドを舞台にしたフルカラー映画。今まで見た映画の中で一番きれいな緑が見られる。西部劇のジョン・ウェインは力がありすぎて「俺様感」が鼻につきやや引いてしまう部分があるが、この映画の彼は有無を言わさず男くさく、憧れすら感じる。
DVDの画質が悪すぎて途中でやめてしまった…。
いつか再見したい。
仮に「世界で一番幸せな映画」を選ぶとしたら(なんだそら)間違いなくコレと答えるほど、この映画は幸福に溢れている。
日本版DVDの画質がゴミすぎるので、いずれ海外版Blu-rayを買うかも。それぐらいこの映画の撮影は素晴らしい。カラー映画黎明期の最高峰。
>|