恋は負けないの作品情報・感想・評価・動画配信

『恋は負けない』に投稿された感想・評価

mizuki

mizukiの感想・評価

4.7
やばい良すぎる💞🍕🍬🐬🦋🍭🧁🦄💫🗽
前半は周りの人間が最低すぎてイライラするけど、後の多幸感が全て。

主人公の顔面と髪型がめちゃくちゃkemio。
王道のラブコメ
クズ共をもう少し痛めつけて欲しかった
あとラストはもっと思い切ってドラマチックに描いても良かったと思う
でもラブコメとしては普通に面白い
LocDog

LocDogの感想・評価

3.4
「俺らニューヨークさ行ぐだ」


テレビも無エ、ラジオも無エ、ど田舎でうまれた青年がニューヨークの大学で女の子に惚れてしまったよというお話。

「アメリカン・パイ」シリーズで有名なジェイソン・ビッグスが主演のありきたりなラブコメなんですけども、芋臭い、チェリーっぽい役を演じさせたら見事にハマりますな。

耳まですっぽりと収まるトラッパーハットが、絶妙にダサダサでありまして。

ダサくても一周回ってかっこいいなんて言われることもあるとはおもんですけども、3週回ってもださいという結論に落ち着きそうなくらいに都会ではウキウキボーイになってしまっております。

ただ、これは都会の話に限ったことでありましてね。

田舎であれば、むしろ「なじむ、実に!なじむぞ フハハハハハ」とディオが高笑いするほどになじみますから、安心安全です。

一方、ミーナ・スヴァーリといえば、こちらも同じく「アメリカン・パイ」ででてましたけども、他にも「アメリカン・ビューティー」にも出てまして。

ブロンド役が多い彼女ですけども、黒髪(ブラウン?)に黒色のコーディネートでアヴリル・ラヴィーンのようなキュートなパンク色で、違った彼女が見れて良いのじゃないかしら。

本作のキャッチコピーは「いいひとだって、恋をする」。

アタリマエダロガ。

とちょっとキレたりしたもんですが、お笑い芸人のナインティナイン岡村がラジオ言っていたことを思い出しまして。

「僕、チンポとか勃起しないと思われてるんで、女の人にそういうことをしようとした途端にドン引きされる...」

あー、こういうことかとね。

キャッチコピーが適切だとは思わないんですけども、なんていうか、ワタクシ浅はかでした。スイマセン。

ただですね、ミーナ・スヴァーリの浅はか具合のほうが際立っておりましてネ。

不倫してますた、まではまだいいとしてもその教授がほんとに救いようのない野郎で、これにはさすがに、恋は盲目ってレベルじゃねえぞとミーナのアホさ加減に嫌気が差してくるもんですから。

可愛いだけじゃイケマセン。

まずはニューヨークへ出だなら、銭コア貯めで、ニューヨークで服かうだえ~ぇえ♪

このレビューはネタバレを含みます

随分昔に視聴。青春者の映画だったような…
仲の悪い学生にハメられ差別主義者のレッテルを貼られる所は数の暴力なので見ていて不快だったなぁ…。
vou

vouの感想・評価

-
誰にも負けない恋をあなたにしているのって言えるくらい強い恋したくなっちゃうね。私は人を好きになる回路が壊れているのでこういう作品をもっと観た方がいいのかも知れない。音楽がめっちゃ良かった。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
主人公は真面目で良い子なのに
周りの男たちが最悪😥
上手いこと使われてイライラするー💢
あの教授も😠
動物病院に住むってないでしょ😂
動物放ったらかして
職場の人いないけどやってる❓😂
テキトーな感じで
うーんイマイチ😆
曲は良かった😊

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーは可もなく不可もなくという感じ
アメリカンパイのジムとヘザーを観る映画
ジムの髪型と体型がスマートでちょっとかっこいいな
最後の「"卵"はポールが使う予定」がこの作品の最大ユーモアです
田舎の優しい純朴な青年が大学入学を機にNYに出てきたものの、都会の洗礼を受け、彼は孤立する。友達もできず軽いイジメの対象になる中で彼は一人の女の子と出会う…

ボーイミーツガールもの、きっついパリピノリの同級生たちに殺意を抱きます。ミーナスヴァーリ演じるヒロインはコソコソと教授と付き合っていて、うわぁ…と引きます。このグレックキニア演じる教授がまたインテリぶったくだらない男なので、こいつを好きなのかー…とヒロインへの好感度はガンガン下がって行きます。
ジェイソンビッグス演じる主人公は確かにマジメを超えた堅物なところがあり、奨学金の為とはいえパーティーやってる横で勉強ばかりしていてクソルームメイト達が仲良くなりようもなかったのはなんだかリアリティがあります。
この映画の大きい特徴は見ていて不快な物が多過ぎます。対比でヒロインが救いになるはずがヒロインがおバカさんなのでバランスが取れていません。
主人公がヒロインを変える部分はもちろんあっていいのですが、ヒロインが主人公に影響与えるシーンが無さすぎです。鹿狩帽取ればいいってものじゃないですから。もう少し内面の魅力をこう…自然体な感じとか大人な考え方とか魅せようあるだろうと思います。パンを万引きして自由訴えてるシーンとか辟易とします。
映像に関してはとにかく奥行きが無い、学芸会の舞台みたいなシーンが続きます。外で撮ってもそうなので、下手なんだなと思いました。
み

みの感想・評価

-
ポールめちゃくちゃ素敵〜〜2人とも可愛い周りの人達最悪すぎて笑ったけど最後みんな痛い目見たみたいで良かった2人とも幸せになって〜〜!
クルーレスのエイミー・ヘッカリングにアメパイのジムことジェイソン・ビッグス、さらにヘザーなミーナ・スヴァーリと好きな人と好きな人を掛け合わせたら完璧なはず!と思いきや、中途半端な内容に…ジェイソン・ビッグスの純朴で真面目で優しいキャラは最後まで一貫していてよかったのですが、恋愛が動き出すまでが本当に遅すぎる!

寮の同室3人組も田舎者で真面目一直線のジェイソンを利用しまくるクズすぎてとにかく可哀想になってしまいまくるし、しっぺ返しも最後のエンドロールのその後の説明でしか描かれない(まぁかなりのえげつない救いがないヒロインの彼氏だった教授含めてのその後なんですが)できたら説明文だけでなく劇中で3人が報いを受けて欲しかったなぁ。

しかし、選曲やミーナ・スヴァーリの話し方など含め好きなところも沢山ありました、アメリカン・パイ好きなら、下ネタ少なめだけどオススメです。
>|

あなたにおすすめの記事