エイリアン/ディレクターズ・カットの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「エイリアン/ディレクターズ・カット」に投稿された感想・評価

岡田斗司夫のゼミを観た後に視聴。

リドリー、ダンオバノン、ホドロフスキー
HRギーガーの魂の戦士達の話が面白すぎて、その文脈を知ってから観ると、味わいが何倍にも深まりました。

一言で言うと、脱出不可能な宇宙船の中で倒すことの出来ない化け物に襲われるがなんとか逃げ切る話です。

主人公は、この物語を通してる命の危機から安全を手に入れる。

とにかく当時の技術でなんでこんな絵作りが出来るのか、とんでもないな。緻密なSF考証の上の絵作りだったり、これまでの宇宙人像みたいなものを大幅にアップデートし、日本のサブカルにも影響ありまくりで、特にシューティングゲーム、アクションゲームには多大な影響与えまくってました。それがギーガーのマヂキチぶりでこそ可能だったんだから、人の狂気は本当に人を惹きつけると改めて考えさせられました。

でも話として面白いのは、密室空間、脱出不可能、敵も倒せない、さぁどうするってルールデザインの部分であり、エンタメホラーというジャンルとゲームデザインは、やはり相性良いなと思った次第であります。

主人公が主体的に知恵で勝ったってよりは、成り行きでなんとか生き残った感じなのでホラーとしては、その方がしっくりくるが、キャラクター立てるなら、リプリーが主体的に知恵で負かすとかしても切り口としてはあったかも。でも、そうすると圧倒的な恐怖感とか薄まるから、名作にはなってないと思いますが。
首領繁

首領繁の感想・評価

4.8
「なぜこのシーンはカットされた!」という重要シーンの復活はいいが、ダラスとマザーのやり取りは少なくしなくてもよかったんじゃないか?個人的には緊張感をよりあおっていく感じなんで好きなんだが。
ホラーってのは人間界とモンスター界があるとおもうんですけど。

自分の中でモンスター界の頂点です。
このデザインはもはや芸術としか言いようがない。
三倍満

三倍満の感想・評価

4.0
フィギュア欲しい。前秋葉原にあったけど買えなかった。まだありますように
ronji

ronjiの感想・評価

-
ひさびさに観たけど、あいも変わらず怖えー。

きーみが好きだよエイリアンズ。
nagarebosi

nagarebosiの感想・評価

4.0
久しぶりに観ましたが、やはりビジュアルは圧倒的でした!
世界観がしっかりしているため、登場人物が7人程度しか出ていなくても、場所が宇宙船の中だけでも、ちゃんとすごい映画が出来るという良い見本みたいです。
宇宙船内はわざとアナログ感で使い古した感じとか、音響もピッピッと宇宙服から聞こえてくる細かい部分とか、船内になぜか長いチェーンが天井から何本もぶらさがってるとか、なぜか雨のように水が滴ってるとか、エイリアンの見えそうで見えない全体像とか、ほんとに凝りに凝って作ってましたね。
音楽も抜群に良く、シーンにマッチして雰囲気を盛り上げてくれてます。さすがゴールドスミス!
宇宙服のごっつい感じのデザインに較べると、船内の衣装や髪型はいささか時代を感じますが、悪くはありません。
このころのスコット監督はカメラアングルや照明に特にこだわっていたので、1カット1カットがそれだけで画になるんですよ。もう、それがすごい!編集もキレイかつタイミングがバッチリで緊張感がずっと続きます。
オープニングから前半の、特に何か起こるわけでもないのに船員たちの関係や軋轢で緊張感を持たせるのでその手腕には脱帽でした。
怖いか?と聞かれれば「まあ、怖いかな」という感じですが、それでも面白かったです。
これ、そんな古かったのか…

小学生の頃にいきなり2観てオアーーー!ってなり
そのあと3、で1、4、プレデターシリーズ、VS、プロメテウス等々を観てきました(パパと)

ほんとトラウマ。当時めちゃくちゃ怖くてトイレに行けませんでした。
大人になった今も一人では観れませぬ\( ˆoˆ )/

映像、音楽、カメラワーク。
不気味すぎる…。

79年でこのクオリティ…すごひ!
ホラー映画の大傑作。
全ての基盤を築き上げた。
不気味な生物に気持ち悪すぎる卵が最高。
カットも良くて素早く、綺麗で躍動感がある。

あの完全生物の正体は不明のままなのが良いんだよ......コヴェナント.....おい....
エイリアンVSプレデターを見るために見はじめたが面白かった
何故あの人たち宇宙船に乗ってたのかな?
よくストーリーは分からぬが怖かった。
ロボが怖かった
マイ

マイの感想・評価

4.1
エイリアン早く出てこないかなってワクワクした
男のロマンってのがなんとなくわかる!
>|